2017.03.18

佐賀 柳川 大宰府に

佐賀 柳川 大宰府に行って来ました

201703181

元 龍造寺の家臣 鍋島直茂が領地を継承して藩が成立
佐賀城近くにあった 本丸御殿が復元されています
熊本城の本丸御殿と比べても遜色ありません

三代将軍 家光時 1637年-1638年にかけて 島原の乱が起こる 
初代鍋島藩主 勝茂の時 長崎は幕府領の為に 九州の藩 島原
佐賀(鍋島)久留米 柳川藩が 幕府 板倉重晶で第一次 攻撃
するが 落城出来ませんでした 幕府側の死者 4000人 鍋島藩は
最も犠牲者が多く 3000人近く犠牲になっています
幕府は松平信綱を派遣 二次攻撃では 細川 黒田 鍋島 立花 
有馬藩 12万人を動員攻撃は 鍋島藩が抜け駆けして開始 その後勝利
原城は全ての戦闘員は殺害されました その後幕末まで内乱はありません
でした又その後 幕府は長崎以外は鎖国する

佐賀城前には 長崎街道があり 地理的に長崎に近い場所です

201703182

御殿内 御座間 10代藩主 直正の居室 

9代藩主 斎直 1808年 長崎で入港を禁止されている イギリス海軍
フェートン号が オランダ船にみせかけ入港 オランダ商館員 二人を
拉致 構内警備は 鍋島 福岡藩が担当 鍋島藩は 経費削減で1/10程度
100人しか派遣されず 奉行所は飲料と食料品を提供 その後フェートン号
は出港 逃げ去りました この事件をきっかけに 10代藩主 直正は
藩の近代化に努め 反射炉を建設 鋼鉄製の大砲を製作 船舶の製造
を 薩摩藩の島津斉彬と対比される

幕末時は 薩長土肥となり 薩摩 長州 土佐 肥前 幕府崩壊の雄藩となる

藩士 山本常朝 著書 葉隠 有名な文書 武士道と伝ふは 死ぬ事とは
見つけたり を書いています

201703183

鯱の門 大手口

201703184

門には 新政府 元参議になる 元佐賀藩士 江藤新平 西郷隆盛の
征韓論に同調するが 岩倉 大久保の抵抗にあい 征韓論は否定
されると 後藤新平は佐賀に戻る その後藤を首謀者による 佐賀の乱
が起こる 一時佐賀城は制圧 その時の鉄砲後です

その後 新政府軍との戦いが続き 各地で敗戦 高知で江藤は拘束される
江藤が作った 司法制度で裁かれ 江藤は死刑 斬首される

鹿児島に戻った 西郷隆盛 西南の役が起こり 西郷も自滅します

201703185

佐嘉神社 佐賀鍋島藩 10代 直正 11代 直大を祀っています

佐賀 有明海近く 広大な農地が広がり 北海道の様な風景
秋には インターナショナルバルーンフェスタが開かれます

201703186

福岡県 柳川市に 関ケ原で 西軍 石田三成に味方した 立花宗茂
に代わり 秀吉家臣 田中吉政 東軍に属する 立花が失脚後 柳川城主
に 田中吉政 元は 秀吉の甥 秀次の家老に その時 秀次は近江
八幡山城主 街造り 柳川と似ています 街に水路を創る方法

201703187

三柱神社 戸次(立花)道雪 立花宗茂 立花宗茂の妻 誾千代
道雪 娘 三体の神が祀られている

201703188

福厳寺 柳川城址の近く 立花家 菩提寺

201703189

柳川城址 柳城中学校隣 櫓を組んで 柳川城の看板が

立花宗茂 初代城主 猛将で戦国時代の一人 関ケ原の戦いで
西軍に加担し 改易になるが 徳川二代将軍 秀忠が 元の領地
筑後柳川に10万9200石与えられる 薩摩は改易されませんでしたが
復帰など稀有な事です

親は 大友家臣 高橋招運 同じ家臣 立花道雪 が宗茂の器量に
惚れ 娘 誾千代の養子のもらい 立花宗茂と名乗る
妻 誾千代は 今 大河ドラマ 井伊直虎と同じ様な存在

九州 島津軍の侵略に危機感をもった 大友 宗麟 豊臣秀吉に
援助求める 秀吉の九州平定 

宗茂二度の朝鮮征伐でも大活躍 秀吉死後 関ケ原では西軍に参戦
関ケ原には参戦せず 東軍 京極高次が城主の大津城を攻撃
関ケ原の戦いは短時間で終わったので 参戦できませんでした
歴史に ifはありませが 大津城など攻撃せず 関ケ原に参戦して
いればどうなったか?
その後改易 浪人の身で京都に滞在

戦国時代 好きな武将の一人です

2017031810

柳川川下りの乗合船の降り場 
旧柳川藩主立花家の屋敷 洋館もあり庭園は松濤園になっています
現在 立花家が経営する 旅館 レストラン 結婚式場になっています
逞しい 武家の商法です

2017031811

菅原道真の墓跡に建てられた 大宰府天満宮は3-4回訪れました
今回は 大宰府政庁跡に 西鉄大牟田線 都府楼前駅から10分
位 7世紀後半に建てられた地方行政機関 
660年 朝鮮 百済が滅亡 百済の復興をかけ 天智天皇が派兵
白村江の戦い 唐 新羅 連合軍と戦うが 大敗
唐が攻め込んでくるのに備えた施設 その後 中央から派遣される
貴族の機関場所となる

詳しくは 不明です 広大な広場に 柱の基礎石 石碑のみ 

2017031812

観世音寺 大宰府政庁跡の隣 空海 密教を習得の為に 804年
中国 西安に 2年の修行の後 博多に帰国 朝廷から観世音寺
に留まれとの命令 通常 遣唐使で渡海後20年位 中国に滞在
2年で帰国したためか 此処に1年半留まり 和泉で半年
その後京都に 昔の面影はないそうですが

宝蔵の仏像 巨大な仏像見応えあります 18体が重要文化財です

2017031813

博多駅前通り 博多駅前二丁目交差点 昨年11月8日 地下鉄工事
により 陥没した場所 セブンイレブンも見えます
すっかり陥没の影響みれませんでした 本当に駅前でした

2017031814

豚骨ラーメン 発祥の地 久留米に 宿泊しました
大砲ラーメン本店に 定番 ラーメン注文 スープは美味しい
のですが 麺は細麺 ソーメンみたいです モチモチ感ゼロ
ダメです 名古屋に6年住んでいましたが 味噌カツ 味噌煮込み
うどん食べた事ありませんでした 多分今後も 博多ラーメン
ダメです

若いころ 久留米 石橋美術館で 地元出身 青木繁さんの
海の幸 見た記憶あります 今や世界企業 ブリジストン
久留米が発祥の地 地下足袋からタイヤメーカーに 美術館は
閉鎖 財団は東京に ブリジストン美術館に HP見ると 2年後
開館になりそうですが 石橋美術館は久留米美術館に代わるようです

2017031815

博多駅から10分位 うどん平に 開店15分前到着 30人以上の
行列 人気店とは言え以上です

45分後 座れました ゴボウ天うどん注文 あまりの待ち時間で
つかれました まずまず 430円のうどん食べるには疲れます

博多駅 地下のうどん店で充分です


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.11

横浜中区 ぶらぶら

横浜市中区 同じ横浜ですが あまり行かない場所

中区 中華街 寿町 石川駅 山手 根岸を見てきました
観光地としては 海が見えるが丘公園 外人墓地 山手異人館
根岸公園などあります

201703032

中華街で朝食後 横浜スタジアムの前 寿町に日本三大ドヤ街の
一つ 先日は大阪 釜ヶ崎に行き動物園前駅のホテルに一泊ましたが 
通常のビジネスホテル感覚とは違う雰囲気でした 寿町 釜ヶ崎ほどの
迫力はありません 意外と綺麗です 但し 建物周りの自転車
の多さ 同じです

201703033


根岸線 石川町駅に此処から 山手本通りまで急な登り
近くに女子高があり 女子高校生が多い 寿町近くとは思いません

山手本通り 高級住宅街の品格 近くに 異人館 神戸の異人館
より 雰囲気は良いです

201703034

久しぶりに 海が見える丘公園に ベイブリッジが良く見えます
昨年末 IR推進法案が成立 カジノ法案 横浜が立候補 建設
予定している 場所 山下公園の横 パチンコに年間20兆円
売上があり カジノなど必要なし

201703035

山手トンネル 石川町駅より本牧に抜けるトンネル
何故か時々思い出します 中学の修学旅行で 関西の田舎より
夜行鈍行で横浜 東京に 鎌倉から横浜に行く時 バスで通った
記憶が 後 鈍行電車 東海道線 大船の観音像は記憶に残って
います

201703036

山手駅 石川町駅の次の駅です 探しました 奥まった場所
昔 鎌田で宴会 京浜東北線で横浜駅に戻る途中眠ってしまい
放送で 相鉄の大和駅と勘違い 山手駅でした 自宅まで
タクシーで帰りました

201703037

以前は 在日米軍の住宅があった場所 返還後 その場所に
ショッピングセンターを建設 確か マイカル本牧と思いましたが 
今はイオン本牧と名前を変えていました

201703038

三渓園に行こうと思いましたが 本牧通りから左側に行く予定が
右に曲がったので 三渓園は見失いました スクターでカーナビ無いので
根岸公園方面に 途中 レストラン ドルフィンに 娘が幼い頃に訪れ
荒井由実さんの 海を見ていた午後 をまねてソーダ水を飲んだのを
思い出しました

201703119

あさイチで朝粥 中華街 謝甜記 貮号店 シャテンキ
に 午前8時半にオープン 8時頃到着 早20人位の行列

モツ粥 普通を注文 大きいどんぶりで 小さめが正解
優しい味でモツがごろごろ入っています 美味しい

以前 安記 馬さんの店で食べましたが 此処の人気わかります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.03

玄品ふぐに

玄品ふぐ 横浜の関 娘に予約とってもらい
家族三人で ふぐを食べに行きました 娘とは久しぶり
です

玄品ふぐ 大阪が本店で全国に80店舗以上 展開しています

昨年 12月に下関に 唐戸市場でふぐ購入 息子夫婦に
送ったのみ 唐戸市場では ふぐ食べれませんでした

下関はふぐ漁獲量は多くなく 下関西側に 南風泊にふぐの市場
があり 袋せりで有名なせりが行われ ふぐの加工工場が集積され
とらふぐは全国の7割が集まります

1月には大阪 新世界のずぼらや本店に行きましたが 一人の為に
食べるのをやめました

大阪は 安いふぐが食べられるので 全国の消費量の6割近く消費
されています

この様な状況なので 娘に頼み今回 ふぐを食べに行きました

横浜の関に12時予約

201703031

ふぐ皮の湯引き てっさ 身が歯ごたえあり美味しい

201703032

ひれ酒

201703033

ふぐ白子 たらの白子と違い 濃厚です

201703034

てっちり その後 雑炊に

久しぶりに ふぐフルコース 堪能しました
偶には家族で外食の良いものです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.22

乃木将軍

先日 BS TV THE 歴史列伝で 陸軍大将 乃木希典を
特集していました

過去に NHK放送 坂の上の雲の影響で 旅順 203高地に
行って来ました

東京にも 乃木将軍の場所があるので 行って来ました

201702229

201702227

まずは 地下鉄 乃木坂駅で降り 青山墓地に 広大な墓地
当然案内板もなく 探し回りました北側の隅に 家族の墓

日露戦争 旅順攻略戦で戦時した 二人の息子 長男 勝典
次男 保典の墓 中央には 明治天皇が崩御され その後
御大葬の日 夫婦で殉死した小ぶりな墓が

201702226

201702225

生まれは以外にも 東京都港区六本木 長州藩支藩 長府藩士
乃木希次 三男として生まれる
六本木ヒルズ森タワーの隣 テレビ朝日社屋の前が毛利庭園
区画整理により 南側のさくら坂公園に乃木大将生誕の地の碑

10歳の時 長府藩に転居 16歳の時 長府から萩に出奔し兵学者
吉田松陰の叔父 玉木文之進に入門 
第二次長州征伐に参戦 騎兵隊 山県有朋指揮下で小倉戦争に勝利

反乱士族と秋月の乱後 萩の乱で 乃木の弟 正誼は玉木文之進の
養子になり反乱軍に従事して戦死 玉木文之進は責任をとり自害

西郷隆盛との戦い 西南の役に従軍時 連隊旗を奪われる 
度重なる 不幸が続く 日清戦争に参戦 その後 台湾征伐 総督
に就任 辞任後 新たに創設された香川県善通寺第11師団長として就任 
以前四国八十八か所 周った時 76番 金倉寺 乃木さん住んでいました

日清戦争で中国より分割された 遼東半島 三国干渉によりロシアに
譲渡 日露戦争では 日本海軍 ロシア艦隊と対戦するが 遼東半島
旅順湾に逃げ込み 攻撃は出来ず又北海のバルチック艦隊はアフリカ
を回り 日本に その前に 旅順湾にいる船団を壊滅が必要

旅順攻略

旅順港の攻略 成功せず結局 旅順港が良く見える 203高地攻略
に切り替え 成功 旅順湾にいるロシア艦艇 撃破 その後
バルチック艦隊攻撃は 日本海で勝利

この時 乃木の率いる第三軍は多数の死傷者発生

201702221

次男 保典の墓標 203高地にすぐ下にありました

201702228

乃木坂駅隣 乃木神社横にある 復元された乃木邸 建物の周りが回廊
になっており 窓から 夫婦で自刃された 和室も見れました

あまりにも多くの犠牲に耐え兼ね 明治天皇の崩御で亡くなったのか
原因かな

確定申告 E-TAX終わりました 今年も還付ありました


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.14

ニッパツ横浜FCシーガルス 練習試合 見学

201702131

東戸塚 横浜新道沿いにある ニッパツ横浜FC シーガルスの
クラブハウス何度か訪れたましたが 敷地内に入ったのは
初めてです 以前は 横浜FC マリノス フリューゲルスが使用
していたと思います 間違っていればすみません

東戸塚 フットボールパーク 観覧席に行くのは 以前は
ゴルフ練習場から入口あったのですが 現在閉鎖されています

クラブハウス付近の門より グラウンドを横切り観覧席に

201702132

2月12日 13時より東京女子体育大学との練習試合
シーガルス パスの繋がりが良く 素晴らしい出来
前半 3ゴール アマチュアとプロの違い

201702133

昨年度 前半で怪我の為にその後リタイア 久しぶりに 吉田端季さん
のプレー見られると思ったのですが 背番号11は見れませんでした

2017プレナスなでしこリーグ2部 初戦は 3月26日
セレッソ大阪堺レディースとアウエーで始まります 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.07

伊豆半島 韮山 修善寺

伊豆半島 何度か訪れていますが 見たい歴史的場所
訪れました 山中城 伊豆の国市韮山 修善寺に

まずは 豊臣秀吉による 北条氏の小田原征伐 支城のみで 相模 伊豆
武蔵 上野 下野 安房 下総 上総 40近くあります 秀吉は小田原城
の周りの支城 落城させていきます

今までに訪れた 後北条支城 箕輪城 厩橋城(前橋城)沼田城 
唐沢山城 忍城 河越城 鉢形城 佐倉城 三崎城 八王子城です
行田の忍城 のぼうの城で映画になりましたが 秀吉の備中高松城
をまねて 石田三成が水責めに見事に失敗しましたが 本陣本当に
古墳の頂上に築いているのですね
今回は伊豆半島の支城 山中城と韮山城を訪れました

鎌倉幕府の執権 北条氏と北条早雲を祖とする 小田原 北条氏と
区別するために 小田原は後北条と呼ばれる たぶん両者には関係性
はないと思います

201702071

箱根峠から三島への国道一号線に 支城の山中城 意外と大きい
空堀などもあり 砦の様に思いましたが 本格的な城です
1590年 秀吉の甥 秀次の率いる7万人 守る北条は3千人 戦闘は
半日で落城 その後廃城

201702072

韮山駅近く 韮山中学の裏山に 韮山城址が これも北条氏の支城
この地にあった 堀越公方の家臣が築城 駿河の初代北条早雲が
上杉家の争いに乗じて介入 伊豆に乱入 堀越公方 茶々丸を滅ぼす

小田原征伐時 北条三代 氏康 四男 氏規が城主 山中城落城させた
秀次が 4万4千人で攻撃 北条軍は3千6百人 百日後 開城

北条四代 五代は小田原城の総10Kmの総構あり 過去 武田信玄 
上杉謙信の攻撃にも籠城で持ちこたえた経験で 秀吉にも耐えられる
と思ったが 作戦面では秀吉の勝ちでした

201702073

次に修善寺に 桂川に沿った温泉街 有馬 湯河原の様な雰囲気の温泉街
此処にも 中国人多い

桂川にある 独鈷の湯 807年 空海が修善寺訪れた時 杖を突きさした
ところ温泉が出た 場所 三年前 四国八十八カ所回りましたが
本当でしょうか 807年は 804年空海 大阪難波より遣唐使船で西安に
恵瓊より教えを受け 806年に帰国 本当かな 空海伝説多いから

201702074

独鈷の湯の前に 修禅寺 空海が創建 頼朝の嫡男 鎌倉幕府 二代将軍 
源頼家 源頼朝の息子 頼朝の弟 範頼が幽閉された場所

上記 山中城 韮崎城を攻めた 豊臣家 二代関白 秀次 秀吉に高野山に
送られ その後切腹 空海が絡んでいるのでしょうか

201702075

指月殿横 源頼家の墓 源頼朝の死後 鎌倉幕府二代将軍に 幕府内の勢力
争いに 頼家の母 北条政子 父親 時政により 修善寺に幽閉 その後
暗殺される 頼家 次男 公暁は 三代将軍 源実朝を 鎌倉 鶴岡八幡宮
の階段で暗殺されています 源家は滅亡し 北条家の支配となります

201702076

指月殿 頼家の母 北条政子が頼家の冥福を祈り 建立
政子の父親 時政は後日 故郷 伊豆国に隠居さられる

201702077

源範頼の墓

源頼朝の六男 源範頼 異母兄弟に義経がいます
兄 頼朝に京都に乱入した 源義仲(木曾義仲)追討の為に 将軍代理で
義経と共に上洛 その後平家追悼で 源平合戦 義経と共に 宇治川の戦い
一ノ谷戦いに参戦 義経は屋島の戦い 壇ノ浦の戦いで勝利 平家は滅亡
頼朝は奥州攻めで 義経 奥州藤原家を滅亡させる

頼朝の不審を受けた 源範頼は源頼家と同じく 伊豆修禅寺に幽閉される
その後 家臣 梶原景時親子に襲撃され殺害される

鎌倉幕府 源家はなぜか呪われている感じがします

201702078

韮山を何回か訪れていますが 歴史的場所が多い場所

平治の乱後 源頼朝が 平清盛により流刑の場所 蛭ヶ小島
頼朝蜂起 最初の襲撃場所 山本判官平兼隆館跡
北条氏のルーツ 北条屋敷 政子の此処が生誕地
堀越公方 御所跡
江川邸 反射炉 最近 世界遺産になりました
北条時政墓 願成就院 

今回 前回訪れた時 茶々丸よく出てくるのですが 良くわからず
再訪 北条屋敷近くに広場 堀越公方 御所跡

室町幕府8代将軍足利義政が 鎌倉より移った 古河公方に対抗策
として 1458年に京都より鎌倉公方として送った 足利政知 鎌倉には
には入れず 伊豆堀越に留まり 堀越御所を建設
足利政知の子 義澄 異母兄 足利茶々丸が殺害 二代目堀越公方に就任
この混乱に乗じた 駿河 興国寺城 早川早雲(北条早雲) 鎌倉時代の北条と
区別する為に 小田原の北条は後北条に名称がつきます 鎌倉時代の北条と
小田原の北条 因果関係は不明 伊豆に攻め入る これが下剋上 
戦国時代の初めになる 堀越公方は消滅 茶々丸も甲斐で自害

201702079

北条時政墓がある 願成就院
この道が 頼朝 政子の散歩道になっていました

蛭ヶ小島と北条屋敷は 多分 一時間もあれば 頼朝 政子は逢引出来ます

久しぶりに伊豆に 伊豆縦貫自動車道が出来ていて便利になりました


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.29

べんてん 再開していた

201701251

最近 高田馬場に惜しまれつつ2014年6月閉店した べんてん
練馬区で二年ぶり 2016年9月に復活していました 8年ぶり訪れました

場所は 地下鉄成増駅 横浜駅から相互乗り入れ 東横線 副都心線
で1時間の乗車 隣の和光駅は埼玉県なので 都内ぎりぎりの場所です
東武東上線で和光の次の駅 朝霞は息子夫婦が住んでいます

開店15分前到着 結構な行列 店に入るまで 45分待ち
以前 千葉 松戸 とみ田 大崎 六厘舎は二時間待ちでした

201701252

私的には べんてんと言えば つけ麺なので ビールと共に注文
麺の量は 並 中でも同じ値段です 高田馬場時代は 並は350gでした
が 成増では250g 並注文 このくらいの量が丁度良い

スープの色 麺はべんてんそのものでした
スープは大勝軒と違い 甘酸っぱい味ではなく マイルドです 満足

201701253

先週 京都 大阪だけでなく 和歌山にも行きました
以前訪れた時 午後5時閉店を知らず 再訪 山為食堂
スープは和歌山ラーメンの色 濃厚なスープでした 満足

当日は 初めて 大阪 新今宮駅 近くの ホテル? 総額 2200円
カプセルでは無く 個室 デープな場所 但し 風景が異様 玉出スーパー
も異常に安い 横浜 寿町も行きましたが それ以上でした
良い経験出来ました
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.20

大阪 阿倍野 京都 伏見に

今回は 大阪 阿倍野 京都 伏見に行って来ました

太平記が好きで 後醍醐天皇を奉じ 建武政権に協力
北畠顕家は 後の後村上天皇と父 親房と共に15歳で 
宮城 多賀城に 移る その後防備の為に 福島
霊山に移る

楠木正成は湊川の戦いで 1336年に自害 新田義貞は
足利尊氏と箱根 足利の戦うが 負け 京都に逃げ帰るが
奥州より 北畠顕家が京都に到着すると 形勢が逆転 その後
顕家は 奥州 霊山に帰る

尊氏は 九州に落ち延びる その後尊氏は 九州で盛り返し
再び 播磨に攻め上る 神戸 湊川の戦いでは 義貞と正成は
連携に失敗 正成は死亡 義貞は 後醍醐天皇の親王2人と共に
北陸に 敦賀 金ヶ﨑城では親王も死亡 追い詰められ 越前に
尊氏勢に攻められ 1338年に死亡

最後に残った 北畠顕家は 霊山より再び 畿内に 地元
伊勢に 奈良に攻め入り 畿内 和泉に入るが 阪堺線 石津駅
近くで 足利尊氏 家臣 高師直 北朝軍 18000人と激突 北畠軍は
3000人 1338年に死亡 享年 21歳

201701192

北畠顕家が死亡した場所 紀州街道 石津川 太陽橋を紀州側に
渡った場所に 供養碑がありました 阪堺線 石津駅近く

201701193

阿倍野 上町線 北畠駅 北畠公園に北畠顕家の墓 
阿倍野ハルカス 良く見えます 手前 手塚山駅 
奥さんの短大があった場所 そうなんだ 青春です

阪堺電車良く残ったな 都電荒川線とは違い広島の宮島までの路面電車の風景

201701194

阪堺線 天神ノ森駅近く 北畠顕家を祭っている阿倍野神社

201701191

① 鳥羽 伏見の戦い開戦の地
② 城南宮 薩摩軍が滞在していました
③ 新撰組 隊長 近藤勇が襲撃された場所
④ 御香宮神社
⑤ 伏見奉行所跡
⑥ 指月伏見城 
⑦ 木幡山伏見城 明治天皇陵

201701195

鳥羽 伏見の戦い 勃発地 鴨川 小枝橋付近
1868年1月3日夕方 前年 12月16日 大政奉還に続き 王政復古を
発令 徳川家の領地返納命令 徳川慶喜は二条城より大阪城に移る

江戸では薩摩藩屋敷を焼き討ち 幕府軍は淀 伏見方面より 鳥羽街道
を京都を目指す 薩摩をはじめ新政府軍は 鳥羽街道近くの城南宮に布陣
この場所で 両軍による 鳥羽伏見の戦いが勃発 戦力は旧幕府軍は15000人新政府軍は4000-5000人

201701196

鳥羽街道の横に 城南宮 この街道を新政府軍が朝廷から与えられた
錦旗を掲げる 幕府軍は賊軍に
近鉄京都線 竹田駅から歩いて 20分位 久しぶりの歩き疲れる

201701197

伏見駅から北に歩いて10分位 料亭 清和荘 脇に新撰組 隊長 近藤勇
が鉄砲で襲撃された場所の碑

1867年12月18日 新撰組は陣を伏見奉行所に移していました
軍議の為に 近藤勇は二条城に 伏見の帰り 前月 油小路の変で
新撰組により 殺害された伊藤甲子郎一派により襲撃される

怪我をした 近藤勇 供回りを残し 乗馬で伏見奉行所に戻る
鳥羽伏見の戦いでも参加できず その後 結核で療養中の沖田総司と共に
大阪より軍艦で江戸に戻る

201701198

伏見桃山駅近く 伏見奉行所跡 鳥羽伏見の戦い時 前線基地に

2017011910

近鉄 伏見御陵駅近くの 御香宮神社 表門は 徳川家光が築いた
伏見城も表門 秀吉が築いた 伏見城とは違います

此処に 薩摩軍が砲台を築き 伏見奉行所を攻撃 新撰組と幕府軍は
奮戦するが 兵器の差 賊軍扱いで 南側 京都競馬場近く 淀城
で体制の立て直しを図るが 入城を断られ 大阪城に逃げ帰る
新政府軍の勝利に 敗戦後 最後の将軍 徳川慶喜 松平容保 松平定敬
と共に 大阪城より隠密裏に 江戸に帰る態度 どうかな

2017011911

今回の目的の一つ 豊臣秀吉が亡くなった 1529年に築城した
木幡山伏見城を見に行く 現在は 明治天皇陵になっていますが 二度目
の挑戦で 行くことが出来ました 参道は距離があります 頂上に
明治天皇陵が この場所に 伏見城がありました
秀吉死後 まだ第二次 朝鮮征伐は終わっておらず 隠密で 東山 豊國廟
に埋葬 又 最後の花見 醍醐寺も近くです

明治天皇陵 八王子の武蔵野陵 大正 昭和天皇陵と同じ お椀を伏せた
陵になっていました

2017011912

天皇陵から 南側 宇治川近くに 1592年 秀吉最初に建てた 指月伏見城が
ありました 1596年に慶長伏見大地震で崩壊 その頃 朝鮮征伐で不祥事が
あり 加藤清正が伏見で謹慎 崩壊した伏見城に最初に駆け付け 秀吉から
謹慎がとかれました

関ケ原の戦いの前 伏見城は西軍により 徳川家臣 鳥居元忠が籠城
全員 討死 城も消滅 多分 木幡山伏見城だと思います

関ケ原で 東軍勝利後 家康により再建されています

2017011913

京阪 中書島駅は三度目です 寺田屋とか運河 造り酒屋が多く良いところ
です 昔行った記憶があるのですが 一万円札 10円硬貨のデザインになって
いる 関白 藤原道長 頼通 親子 藤原氏最盛期に創建された
世界遺産 宇治平等院 鳳凰堂に行って来ました

二日間 大阪 京都 万歩計で五万歩 疲れました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.12

府中 調布に

律令時代に 武蔵国に国府が置かれた 府中に
府中駅には 源 義家像 分倍河原駅には新田義貞像
横浜から町田経由 鎌倉街道で府中に

201701121_2

駅前 ケヤキ並木沿いに 源 義家像が
父・頼義と共に前9年の役で敵対勢力と戦い 又後3年の役
を戦い 奥州藤原氏の成立に貢献 後に 源頼朝が滅ぼし
ますが 戦勝を祈願した大國魂神社に平定の報告し
けやきの苗木1000本を寄進したことに由来し 銅像があります

201701122_2

南武線 京王線 分倍河原の駅前に 新田義貞像が
鎌倉幕府崩壊に上野国新田荘で兵を挙げ 鎌倉までの途中
分倍河原の戦いがあった場所

南北朝時 後醍醐天皇に協力するが 最後は福井で死亡

考えれば後醍醐天皇に協力した 楠木正成 北畠 顕家 新田義貞 全て 殉職
来週 北畠 顕家 戦死した 大阪 堺に行ってきます

201701123_2

分倍河原の戦いの碑 中央高速横の 公園に 近くに多摩川があり
この付近で 北条軍と激突 勝利に

201701124_2

昼は ハンバーグ カロリーハウスで 人気あります 開店前
に行列が 前の道沿いに 塀が 昔 三億円事件があった現場
府中刑務所が 道の横に JR南武線 その隣が東芝の工場が
確か 奪われた現金は 東芝のボーナス用のお金

201701125_2

近くに 調布飛行場があるので初めて訪れました
街中にある空港とのイメージ 2015年 7月に空港南側に
軽飛行機が住宅街に墜落 住民1人と操縦士 同乗者に二人が
死亡する事故が起こっています

201701126_2

スポットには新中央航空 19人乗りのドルニエ228が伊豆諸島に飛んで
います 現役時代 出張泊りで10数回 大島空港に行きました

当時は羽田空港よりジェット機で 大島に 横風時は着陸のアプローチ
スピードが速く 着陸出来ない事が多々ありました
ドルニエはプロペラでアプローチスピード遅いので 欠航はほぼありま
せんでした

大島路線 2015年10月に撤退 現在は 新中央航空が 調布より3便/日
運航しています 飛行時間25分は早いですね 

調布空港 大島空港よりきれいですね 大島にはなかったバスの便は
定期バスが 調布駅より結構な便数で運行されていました


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.03

2017年 新年 あけましておめでとうございます

201701031

新年明けましておめでとうございます
近所 何時もの富士山が良く見える場所より
前日 年末 正月の食材購入の為に つきみ野
角上魚類に行った時も 同じように 富士山が見えたので 
元日に撮影 丹沢越しの 富士山 良く観えました

元日 久しぶりに 甥 夫婦が来てくれました
全員 7人で 正月の新年会 良いですね 親族で 飲み過ぎたせいか 
昨年 退位を示された 天皇陛下 2日に 一般参賀で皇居に行く予定
でしたが 体調不良で今年は 中止しました
奥さんは 何時もの仲間で 箱根駅伝応援に 横浜駅に

201701033

昨年は 戸塚中継点 2区 3区に行きましたが
圧倒的は速さで 青山学院が完全優勝

3日に復路 戸塚中継点 7区 8区に 青山学院 6区
小田原-平塚で 田村選手 脱水症でフラフラな状態に
早稲田に 1分近く追い上げられたが 7区では 圧倒的な
走りで 早稲田の追いあげを許しません

戸塚中継点に青学が その後 早稲田の選手来ません
今年も 青学 完全優勝で三連勝

青学選手 突然来たのと混雑で 写真撮れませんでした

201701032

2位 早稲田 初めて繰り上げスタート 国士館 見ました
寂しいものですね 中継点に来ても たすき渡す 選手はすでに
スタート済み

昨年 立川での予選会 明治は2位でしたが 本番ではダメでした
箱根駅伝 奥が深いのです


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«明日 安倍首相 真珠湾に