« 古本買出し! | トップページ | RSSリーダー導入 »

2005.03.18

吉野家の牛丼そんなに食べたくない

今日 米国 ライス国務長官が来日して、米国牛肉の輸入再開に
強く要求するそうですが、食の安全性を考えると、全頭検査に
応じない アメリカの態度には 納得できません。

この様な、牛肉 吉野家に出されたらと思うと、不安です。
禁止の時は 懐かしく思いましたが、今は豚丼で充分。

若い牛だから検査しなくても、安全の理由納得できない。
以前 イギリスに短期間 滞在した 日本人が 狂牛病で死亡した
ニュースがあるだけに、不安。

繊維 自動車 問題があるごとに、アメリカは圧力をかけ ごり押し
此処は 食の完全性 日本の政治家 中途半端な妥協は
国民を裏切る。

|

« 古本買出し! | トップページ | RSSリーダー導入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47003/3348200

この記事へのトラックバック一覧です: 吉野家の牛丼そんなに食べたくない:

» 農水省:「BSEに感染した牛は、骨を取り除いても食肉処理の過程で肉が汚染される可能性がある」 [BSE&食と感染症 つぶやきブログ]
結局、「危険部位除去」だけでは、BSE対策の要にはなり得ないことがよくわかる記事をUPします。飼料管理がなっていない牛など食べられませんね。20ヶ月以下なら輸入OK、などと適当な回答を作成した「日米実務者会合?」のメンバー個人個人が責任を持って尻拭いをしていただきたいものです。罷免請求とかできないのかな? ■農水省:「BSEに感染した牛は、骨を取り除いても食肉処理の過程で肉が汚染される可能性がある」 農水省、OIEに牛肉輸入条件緩和�... [続きを読む]

受信: 2005.05.23 18:14

« 古本買出し! | トップページ | RSSリーダー導入 »