« 疲れたが 嬉しい一日 | トップページ | 弥生台駅の桜 »

2005.04.04

やはり フリューゲルス

三日前に アマゾンで取り寄せた 僕らが起こした Fの奇跡 を今日一日で読んでしまいました、帯には サッカーの フィールド オブ ドリームと書かれていましたが 著者 辻野臣保さんの情熱が伝わってくる 横浜FC誕生秘話です 辻野さんは 関西出身で サッカーなどはあまり興味もたれていなかったのですが ふとした事から 横浜フリューゲルスの試合を見て 山口素弘選手 (良い男 スーツ着させれば サラリーマンです)のプレーに見せられ 横浜フリューゲルスのファンに その後 企業の撤退により 98年10月29日に発表(うー痛い 何故だ)そこから彼の横浜フリューゲルスを残した活動がはじまります、読んでいて納得させられる小説です ノンフィクションとしても ドラマになります 台本は 発表後 破竹の5連勝後の その年の天皇杯は優勝 私も悔しい思い出です


その後の フリューゲルスとしては 残せなく 市民チーム スペインのFCバルセロナ(100年位の歴史がある)市民チームに習いソシオ(会員)として会員をつのる方式で設立資金をつのる 愛称としては フリューゲルスを忘れない フリエに とりあえずは横浜FCを立ち上げ JFLよりスタート 私の思いも同じです いつかは 横浜・マリノスにつけている (これフリューゲルスですよ) 返してくれ(川淵チェアエマンも言明しています そのクラブが実績をつみ 名称を継承を継承するに相応しいと判断した時 横浜Fマリノスと検討したいと J1昇格時でしょうか? 歴史小説以外読まない私としては 久しぶりに読み込んでしまいました、フリューゲルスの応援用の旗あったのですが 探しましたが見つかりません 写真は私の部屋の窓側写す(笑)

追伸 フリューゲルス 吸収合併になった時 メンバーで 5名がマリノスに移籍しました。
その中のメンバー 佐藤一樹選手 今年横浜FCに 頑張って 横浜FCを J1につれってくれ! 

|

« 疲れたが 嬉しい一日 | トップページ | 弥生台駅の桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47003/3559992

この記事へのトラックバック一覧です: やはり フリューゲルス:

« 疲れたが 嬉しい一日 | トップページ | 弥生台駅の桜 »