« LEFT ALONEを聴きながら | トップページ | 青春の思い出の場所不明 »

2005.05.26

司馬遼太郎さん 書斎拝見

siba

昨日 日帰りで帰省 以前より訪れたく思っていた 司馬遼太郎記念館 JR西日本で 鶴橋に 環状線に乗りましたが 関東の山手線と比べて 車両古いなとの感じ この辺にも 安全面に疑問を感じつつ 乗り換えて 近鉄奈良線で八戸ノ里駅に 歩いて約8分 付近は文豪が住んでいたとは思えない 文化住宅が入り組んだ場所 司馬さんの生家だったのでしょうか?

司馬遼太郎さんは 歴史小説作家では最も好きな作家です 記念館は自宅の横にあり 入場後自宅を横切って記念館に 自宅の書斎が拝見できます こんな場所で書いていたのか 記念館は基本的にあまり展示物が無く 収集された書籍 高さ11Mの収集場所に 一部が2万冊が展示しています、いろんなジャンルの本 驚きです 司馬さんが歴史小説を書くきっかけとなったのは 戦争に従軍し敗戦 その後日本は何か 日本人は何をしてきたかが 動機と聞きました 今まさに 中国問題がこの疑問だと思います。
現在 司馬遼太郎さんの 菜の花の沖6巻を読んでいます、やはりベストは 竜馬がゆく かな記念に しおり買ってしまいました 最後までの疑問は なぜ書斎が 河内なのか?
明日叉 訓練で大阪に!

|

« LEFT ALONEを聴きながら | トップページ | 青春の思い出の場所不明 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47003/4288782

この記事へのトラックバック一覧です: 司馬遼太郎さん 書斎拝見:

» ・ ヤマモモの実 [こだわりメモ帳]
 金曜日はいつものボランティア。 先週デジカメがなく、撮れずに帰っているので今日は忘れず持って出た。 ボランティア先の玄関脇のヤマモモの木が、今年は生り年のようでたくさんの実を付けている。 油断をしていてボトンと落ちてきた実が、服につくと赤く染まり取れなくなる。 また、ヒヨドリの子が来て夢中になっていて、下手をして落とすのでこれも油断がならない。 よほど、いけるらしく、木の下にいても鳥は逃げ�... [続きを読む]

受信: 2005.06.24 22:44

« LEFT ALONEを聴きながら | トップページ | 青春の思い出の場所不明 »