« 郵政解散! | トップページ | スイカ収穫 »

2005.08.12

123便 20年目 忘れない!

昨日も、午後より盆の帰省の為 飛行機の予約
満席です、8月12日 今日は 多分全席満席

そのような中 20年前 JL123便の事故が発生しました。
当時 臨時ニュースで 飛行機の機影がレーダーから消えた
報道陣も 墜落場所が特定出来ず 一晩中探し回ったを
鮮明に憶えています、明くる日の 御巣鷹山の尾根の
墜落現場 ショックを覚えました。

満席のB747 この当時このように乗客を乗せる飛行機は
日本のみで 20世紀最大の飛行機事故になりました。
犠牲者 520人 ご冥福を申し上げます。

相模湾上空での 事故発生後 墜落までの 40分間
飛行機は 垂直方向舵が破損すると 横方向の安定が無くなり
叉 油圧も使えなくなると 方向舵が使えず 3人の乗員は
大変頑張ったと思います、エンジンの推力とフラップのみで
羽田に戻る 努力は 飛行ルートでも 明らかです。

ボイスレコーダーの最後の 言葉 パワーは 今でも忘れられません
今一度 航空機の安全を考えされます。

二度と起こさない この様な悲劇!

|

« 郵政解散! | トップページ | スイカ収穫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47003/5434150

この記事へのトラックバック一覧です: 123便 20年目 忘れない!:

» 御巣鷹の峰に [earthhopper]
20年前のあの日のことは、今でもはっきりと覚えている。 ドライブに出かけ、夜に知り合いの家に行ったのだが、途中で聞いていたラジオで「日航機消息絶つ」の第一報が入り、不安なまま訪問先に着くとテレビは全部報道特別番組になっていた。そのまま夕食をいただいたのだが..... [続きを読む]

受信: 2005.08.12 12:46

« 郵政解散! | トップページ | スイカ収穫 »