« とほほ! 叉やってしまった。 | トップページ | 娘のパソコン »

2005.11.03

火垂るの墓 TV版

先日 日本テレビ系列で11月1日午後9時から放送された 火垂るの墓をビデオで
見ました、やはり不覚にも泣いてしまった。

メインテーマは 4歳と14歳で生きようと思った。

アニメでも見ましたが、その頃は 息子娘が幼く 状況が重なり やはり泣いた。

原作者、直木賞受賞作品 野坂昭如さん 原体験の小説でしょうか?

やはり、戦争は 人生を変える、現在でも 中国 韓国では この問題で 外交も上手くいかず。

先回の総選挙で大勝した、自民党 憲法改正案を まとめました。

私個人としては、現在の憲法で充分だと思うのですが?

将来の為に ヤルベキ事 景気回復 福祉年金 行政改革 財政再建などに本腰入れてもらいたい。

その意味で 火垂るの墓は 考えさせるドラマです。

|

« とほほ! 叉やってしまった。 | トップページ | 娘のパソコン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47003/6873060

この記事へのトラックバック一覧です: 火垂るの墓 TV版:

» 火垂るの墓 [夜桜]
終戦60年スペシャルドラマにて鑑賞/★★★ 戦争が・・・ 人も・・・ 街も・・ [続きを読む]

受信: 2005.11.04 23:29

« とほほ! 叉やってしまった。 | トップページ | 娘のパソコン »