« 久しぶりに 横浜畑で 思った事 | トップページ | 加藤文太郎 »

2006.08.13

小泉政権 五年間何が変わった

小泉政権 今年 五年間で 変わります
何が変わったのでしょうか?

しかし 勝ち組 負け組 に象徴される生活格差、所得格差、地域格差
、教育格差などが拡大、社会不安を助長した

これにつきます、国際的には 中国 韓国とは交流できない いびつな国際関係
格差の問題は深刻です 息子 娘をもつ 親として
一般の生活しても 親以上の生活できない事は明白

かわいそうすぎます 借金のみ背負って 希望の無い 世代
勝ち組は良いが 負け組は 一生この様な人生
罪は大きい 次期総理候補 わけのわからない公約していますが
本当に 日本に生まれてよかったと思う様な 国にしていただきたい

今後 年金 医療費 の増大 大丈夫 当然 消費税のアップが
避けられないと思うのですが、次期 首相候補 この問題も重要

60年代の 豊かなアメリカ 憧れてた しかし 今は格差世界
この様な問題 アメリカが 示してくれた 親の豊かさを 子供が
教示出来ない 今 これが 日本に 始まっています。

待った無しの 日本の問題 果たして Aさん 解決出来るの
疑問?

|

« 久しぶりに 横浜畑で 思った事 | トップページ | 加藤文太郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47003/11416624

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉政権 五年間何が変わった:

» #251 このザマで日本は経済大国と言えるのか(2)~医療費~ [コラム『自分学』 ~挑戦!物理学でワタシが分かるかも~]
 医療費が高いとしばしば叫ばれます。医療費がもっと安ければ家計が追い詰められることも少ないでしょう。ところが、待ち時間が長いわりには診察時間が短い、しかも余ってしまう薬もドンと売りつける現状から、病人を食い物としている産業とも思えるのが医療機関です。医療費とG... [続きを読む]

受信: 2006.08.14 17:29

« 久しぶりに 横浜畑で 思った事 | トップページ | 加藤文太郎 »