« 死のロード 横浜FCとりあえず勝ち点7 | トップページ | ディープな 大阪 »

2006.08.28

秋野菜と加藤文太郎 関係なし

0828

秋野菜の季節 昨日 植え付け準備の為
ホームセンターに石灰 肥料購入 偶々 秋野菜苗
ありましたが 購入は今日 苗は残り少なく
元気な苗はありませんでした、直ぐに売れてしまう

元気の無い キャベツ 白菜 ブロッコリー購入
後日 畑に植える予定

先日より 歴史小説以外に うん十年ぶりに
改めて 新田次郎さんの孤高の人を読んで
います、大阪時代 山登りしてきた時が思い出されます。

まず 加藤文太郎が実在の人物だったのが
又 その足の速さ 私も 池田市を始発で 須磨まで行き
六甲山を縦断した経験あるのですが 宝塚に着いたのは
夜の9時すぎ、加藤文太郎は そこから神戸まで帰って
いるのです、脅威!

思い出されるのは 同じ兵庫の田舎に生まれた
植村直己さん 何故か 生活態度が同じ 
文太郎も時代が 現在だと 海外の山に登った事と
思います。

単独登山では、長谷川恒夫さん 史上初 アルプス冬季
三大北壁登頂 ダブります。
森田 勝さんの反骨精神 加藤保男さん 最後のエベレスト登山
同じ 北鎌尾根で遭難した 松濤明さん

昔の 偉大なるクライマーを思い出しました。

私としては この人達の崇高な精神も無く 少しは
反省する 今日この頃です。

この小説は 改めて読んでも 新鮮!

|

« 死のロード 横浜FCとりあえず勝ち点7 | トップページ | ディープな 大阪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47003/11647612

この記事へのトラックバック一覧です: 秋野菜と加藤文太郎 関係なし:

« 死のロード 横浜FCとりあえず勝ち点7 | トップページ | ディープな 大阪 »