« 憧れの 六厘舎に! | トップページ | 天狗屋 厚木大勝軒 »

2008.05.04

伊豆大島 赤門館

0805041

先日 久しぶりに 伊豆大島に
此処には 保元の乱で皇位の争いで 崇徳上皇についた
父の源為義 嫡男 義朝は 後白河天皇に 親子 平家合いまみれた
戦い 朝義の弟が 父に見方した 為朝

13歳で父 為義に勘当され 九州に追放 此処でも九州を平定
し 別名 鎮西八郎源為朝 と言われました

保元の乱で敗れた後 為朝は 逃げるのですが 捕らえられ
一命を助けられ 弓の達者なので 右の腕の筋肉を切られ
伊豆大島に流されました。

現在 新平家物語 6巻め 間もなく 後白河上皇
隠岐に島流しされます。
この頃は 死罪に次ぐ島流し多かったのですね
私がしっているのは その他に 南北朝の後醍醐天皇
関が原で敗れ 八丈島に 宇喜多 秀家
島津久光に 二度も島流しにあった 西郷隆盛 等々


大島でも 島代官の娘と結婚し 此処でも伊豆七島を平定
元町港の近くに 為朝館の赤門があります 但し門のみで
近くに 為朝神社もありました。
なにせ 800年以上の前の話ですから

その後 為朝は 伊豆介工藤茂光の討伐軍に攻められ
32歳で自害したそうです。
凄い人ですね。

噂では 大島で自害せず 沖縄に逃げ 琉球王家の始祖
となったのとの話 平泉で自害せず 源義経がジンギスカン
になった話と言い ロマンがあって良い。

|

« 憧れの 六厘舎に! | トップページ | 天狗屋 厚木大勝軒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47003/41086701

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆大島 赤門館:

« 憧れの 六厘舎に! | トップページ | 天狗屋 厚木大勝軒 »