« 中華街で朝粥 | トップページ | 平将門の乱 »

2008.08.09

由比ガ浜 義経

0808091

今日 鎌倉に 頼朝の鎌倉を知りに 鎌倉に
但し 京都みたいに 足跡 あまりありません。

なにせ 新田義貞が 鎌倉幕府を滅ぼし
その後 南北朝時代 足利尊氏が 九州より盛り返し
新田義貞 楠木正成を打ち破り 京都に 室町幕府を
作る 此れ以来 鎌倉は 時代の流れから 見放され

それが今の鎌倉、

頼朝以後は 三代で 源氏は無くなり その後は
北条氏 頼朝の妻 政子の実家 父親 時政が執権に
なり 16代 守時の時 新田義貞に滅ぼされました。

今回は 頼朝の足跡でしたが。

偶々 最後の実力者 14代執権 北条高時 これが
最後の実力者 今日 高時 腹きりやぐらで写真を
今日 見ると ピンボケ 何故か?

今回は 頼朝の鎌倉幕府 義経の愛人 静御前
京都で知り合い 壇ノ浦で平家を滅ぼした後
義経 頼朝から 刺客など受け 最後は 四国に逃げるが
失敗 静御前と雪の吉野に 此処で 別れ その後
静御前は 捕まり 鎌倉に この時 義経の子供身ごもり
女の子であれば 許す 偶々 男の子 子供は
由比ガ浜で 殺される。

その 由比ガ浜に 楽しい海水浴風景 この辺が歴史
右の方に 新田義貞が 渡った 稲村ガ崎が見えます。

歴史は 楽しい 再度 鎌倉に行きます。

|

« 中華街で朝粥 | トップページ | 平将門の乱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47003/42116575

この記事へのトラックバック一覧です: 由比ガ浜 義経:

« 中華街で朝粥 | トップページ | 平将門の乱 »