« 冬の伊豆大島 | トップページ | 坂の上の雲 NHK »

2008.12.30

大河ドラマ 篤姫 総集編

昨日は 約7時間かけ 大河ドラマ 篤姫 総集編 2、3を観る
1は 寒い伊豆大島の旅館で見て 感激し その後の録画を
奥さんに頼み 7時間いっきに観てしまいました。

歴史ドラマは 脚本で決まる
ストーリーは 島津家 分家 今泉家 一子 後の天璋院 篤姫
家定次期将軍候補 島津斉彬等の一橋派はこの困難な次期に 慶喜を
押し 一方 井伊直弼等が押す 紀州派は 幼い 喜福を
その様な時代背景時 斉彬は 篤姫を養女にし 家定の正室に
薩摩を出て 江戸城大奥に入る 

家定はうつけでは無く 将来を見て 喜福(家茂)が14代将軍に
選ぶ 家定亡き後 天璋院と改め 家茂正室は 公武合体も基に
公明天皇の妹 和宮が 最初 天皇家と徳川家 嫁姑で対立するが

家茂 第二次長州征伐途中大阪城で亡くなると 同じ境遇の
皇女和宮と天璋院は親しくなる。

15代将軍には 慶喜が

あれだけ 斉彬に密命をうけた 篤姫 慶喜を嫌っていたとは
解るな 鳥羽伏見の戦いで破れると 皆を大阪城に置き去り
江戸城に逃げ帰るとは許せない。

慶喜は上野寛永寺で謹慎するが 西郷隆盛率いる 官軍の
江戸城総攻撃は避けられず 天璋院は西郷宛に懇願書を
書くが許されず 又 和宮も天皇家宛てに懇願書も
最後は 西郷宛に 尊敬する亡き斉彬の手紙?で
勝海舟と西郷の会見で 江戸城の無血開城が決まる。

その後 天璋院は 今泉家の実母からの 薩摩に帰らないか
手紙で 拒否し江戸に残る 和宮も天璋院の京都に帰れば
との申し出に残る 天璋院は徳川の心を残す為に尽力
天璋院が大奥に入り 一度の旅行 和宮が最後の地 享年33歳
箱根 塔ノ沢のみ

薩摩を出て 亡くなるまで江戸に20数年 一度も薩摩に帰らず
大河ドラマで 宮崎あおいさん(篤姫)が薩摩から上京する
時 桜島に有難うとのシーン 再び桜島観れなかった。

ドラマでは 地元で親しかった 小松帯刀とのほのかな恋風
に描かれいましたが フィクションだと思います。

このドラマに幕末の出来事が凝縮されている。

そうだ 今度は鹿児島に 桜島観るぞ!

|

« 冬の伊豆大島 | トップページ | 坂の上の雲 NHK »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47003/43573370

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ 篤姫 総集編:

« 冬の伊豆大島 | トップページ | 坂の上の雲 NHK »