« ローマの休日 | トップページ | 野毛をブラブラ そしてジャズライブに »

2009.05.28

国営マンガ喫茶 本当に必要なの

ETCの高速道路 1000円に喜んで 設置した 国の経済対策
未だに 土日に利用せず 効果は疑問 税金5000億円 つぎ込んで
経済対策は疑問です。

又 今回 追加経済対策で 赤字国債まで発行で15兆円を追加し
いろいろ問題が その中でも 漢字を読めない首相の趣味で
文化庁主導で 国立メディア芸術総合センター 通称 マンガ喫茶を
都内に117億円を計上して 作る予定

おかしくないでしょうか、庶民は 雇用も年金も医療も生活も不安な中
はたして この様な施設が必要でしょか。

仮にハコモノだけ出来ても 運営費は誰が負担するのでしょうか 税金
喜ぶのは 天下り役員のみ
過去に 旧労働省が 設置した 京都のしごと館 建設費581億
これも 私達が納めた 雇用保険より 同じ様に民間が設立した
キッザニア東京 建設費は 35億で現在黒字
しごと館は 現在どうしようも無く 民間に運営譲渡

そのような中 本当に困っている 予算 母子加算 削減 予算60億円
何かおかしい くだらないハコモノに 117億円 役人天国の象徴

どの様な将来になるか 不安がいっぱいです。

|

« ローマの休日 | トップページ | 野毛をブラブラ そしてジャズライブに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47003/45156421

この記事へのトラックバック一覧です: 国営マンガ喫茶 本当に必要なの:

« ローマの休日 | トップページ | 野毛をブラブラ そしてジャズライブに »