« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010.11.26

旭川 成吉思汗 大黒屋 五丁目支店

1011261

1011262

前回 成吉思汗 大黒屋本店に 
やはり 食べログの評価どうり美味しかった
評価は まず ジンギスカンなど何処で食べようか同じ
と思いますが 評価が高いのは 素材の良さ 此処のラム
は あまり食べていませんが 千歳 札幌などの店で
出る ラム 旭川 大黒屋で食べる此処のラム 素材の良さ
が 際立っています。

今回は 本店でなく 昭和通りを 旭川駅から下り 本店を
右側に見 さぶろぐ街の近くの 五丁目支店に 本店は結構
換気は悪いですが 此処は 換気が良く 煙などありません
でした 特に良いのは BGMがジャズ 最高

まずは 定番 生ラム二人前 ビール あれ サッポロがありません
ジンギスカンにサッポロ 特にグラシックは常識 結局 サントリーに

やはり本店と同じ 素材の良さ美味しい 今回初めて ハーブラムを
注文 店の方に タレにつけずにそのままで ハーブ自体の味は
わかりませんでしたが タレなしでも 美味しい やはり素材の良さ

少し気になるは 最近の北海道の経済が悪い状況 オープン間際でしたが
客は後 夫婦のみ 残してほしいなこの様な店

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.11

すた丼て何だろう 気になり行ってみました

1011114_2

すた丼て何だろう 凄く気になります
横浜初 先月10月29日 日ノ出町店がオープン
最近は 出店ペース 昨年12月から 関東中心に
9店オープン 秋葉原店は時々 話題になりますが
ホームページによりますと 40年位前 国立でオープン
西東京で25年間3店舗で営業 先代の主人が亡くなってから
現在の経営者が 全国展開 現在35店がオープン
大阪 京都にも 店舗が

すた丼 最初のイメージ 吉野家の豚丼とのイメージ
但し 並でも 特盛りの量 豚肉は イタリア産ホエー豚
ニンニクが効いた濃い醤油の味付け 食べた感想 吉野屋の
豚丼の方が好み 牛丼であればさらに好み すみません 私の印象
つけ麺の様な 東京 名物になるか

私のリピート率は低いと思います ご飯が450gもあり食べ切れません
歳のせいで ミニもあるようですが。

今回は 最近オープンの 日ノ出町店は APECの関係上 規制が
きつそうなので 座間店に 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都に

1011111

お袋の三回忌の法事で 関西に法事を済ませ 京都に
今回は内輪のみで 親戚も子供も参加せず 兄弟夫婦のみ
京都に来たのは 浄土真宗では 三回忌を終え 納骨の為
に 東山 大谷本廟に 此処には 親鸞の墓所 永代経をして頂き
ました、あまりにも宗教の事解らず このあたりの事情は
お寺さんに教えて頂き 少し気持ちが落ち着きました。
大谷本廟を訪れ うん十年前 今は亡き母と 親父の納骨の
時を思い出しました。

兄夫婦は 日帰りでその後新幹線で横浜に

あまりにも強行軍なので 私達夫婦は 京都駅前のホテルに
泊まり 翌日 京都駅近く 堀川通り 浄土真宗の本山 西本願寺
に 寺は来年から 親鸞聖人 大遠忌 750年で 御影堂 阿弥陀堂の
大修復も終わり 荘厳な建物が 西本願寺は 一時期 新撰組が
壬生の場所が手狭になり 此処を宿舎にした時期もあり
とんでもない事です それと浄土真宗では中興の祖 蓮如
織田信長との 石山寺(今の大阪城)での戦いが思い出される
叉今回 特別公開で 飛雲閣が公開されていて拝見できました
金閣 銀閣と並ぶ三閣で 秀吉が建てた 聚楽第から移築
されたといわれています。
聚楽第自体 秀吉の甥 関白 秀次が切腹された後 取り壊され
ましたが 当時をしのぶ貴重な建物

1011112

湯豆腐が食べたくなり 紅葉見学を兼ねて 石川五右衛門で有名な
山門のある 南禅寺に やはり紅葉には少し早かった タクシーの
運転手の話では 来週が見ごろとの事

1011113

久しぶりに南禅寺で湯豆腐 奥丹か順正かと思いましたか
奥丹の場所がわからず 順正に 以前の記憶と違い 大座敷で 
以前は庭を観ながら 炭で湯豆腐でしたが ガスコンロで湯豆腐 情緒が
無く 奥さんはコース 私は湯豆腐とビール ホテルでの朝食の
影響で完食できず。

京都は何回来ても魅力的な街

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.03

庄内 鶴岡に

1011021

山形に行って来ました 山形には色々な特色の地域が
最上義光の山形 伊達政宗 上杉景勝 直江兼続の米沢
今回は 日本海の鶴岡市に 庄内平野 想像以上に広大な地域でした

駅前で無料の自転車借り 鶴岡公園に 近くには藩校 到道館
や西洋風の建物が多くあり叉 豪商 風間家の住宅 丙申堂
しかし 偶々月曜日なので いずれも休館日 
到道博物館のみ開館しているので見学 庄内藩主 酒井氏の隠居屋敷
等々 歴史的建物が多くありました

写真は 鶴岡城址内 大正時代に建てられた 大宝館 城址には
地元 藤沢周平さんの記念館があります。
藤沢さんは 時代小説を数々書いており そのうち 映画になった
作品も多く  その様な関係でしょうか 近郊には 京都の太秦
の様な 庄内映画村 オープンセット 資料館もあります
最近 アカデミー 外国映画賞 受賞で話題になった おくりびと
も 酒田 鶴岡 庄内地方が舞台

今回行けませんでしたが 司馬遼太郎さんの小説 菜の花の沖
北前船で 蝦夷地開拓に貢献した高田屋嘉兵衛の馴染みの場所
北前船の中継点で栄えた 最上川下流 酒田に行ってみたかった 
但し 鶴岡にも当時の繁栄を偲ばせる
建物 備蓄用倉庫の建物が多数ありました。

1011022

酒田市が本社の平田牧場 三元豚厚切りロースかつ膳 美味しかった
金華豚は高価で 手がでませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »