« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011.01.26

源頼朝の苦悩

1101261

最近 司馬遼太郎さんの 義経読んでいます
多分 過去に読んだとおもうのですが 新鮮に読めます

以前は 義経 鎌倉幕府成立の立役者と思いましたが
父 頼朝 平治の乱で破れ 14歳で伊豆に流され
34歳で 以仁王の令旨により 平家討伐に立ち上がるが
石橋山の戦いで破れ 安房国に逃れ その後坂東武士により
盛り返し 鎌倉に源氏を確立 その後平家と富士川の合戦に
勝利 その時 奥州より 義経が駆けつけ その後の源氏の
勝利貢献 一の谷の合戦 屋島の合戦 壇ノ浦の合戦に勝利
平家滅亡 いずれも指揮官は義経 平家 捕虜 宗盛 清盛
親子を京都より従え 義経 鎌倉に 但し 頼朝 捕虜のみ受け取り
義経は 鎌倉手前 江ノ島近くの腰越で鎌倉に入る事を許さず

以前読んだ時は 同じ境遇の兄弟として酷い仕打ちだと思い
ました その後 頼朝は義経討伐令 義経 屋島の戦いでは成功した
阿波に逃亡 失敗 雪の吉野山の静御前との別れなど紆余曲折 
日本海側より奥州に逃げるが
奥州藤原氏四代 泰衡により討たれる 奥州藤原氏は 鎌倉幕府
により滅亡に

何故 鎌倉幕府確立に立役者 義経を頼朝は何故 敵視するのか
今回読みながら 少し理解出来ました。

幕府確立までの 頼朝の政治的な背景の弱さ 頼朝は伊豆で
ほう起時 最大勢力 北条家に対する配慮 妻は 北条時政の長女
政子だし 叉 後白河天皇が鎌倉に許可なしで 義経が官位を受けた事 
これが一番の原因ではないか 頼朝やっと鎌倉にやっと坂東武士の
源氏としての場所が出来 ここで皇室による追討宣旨を義経に授けると
鎌倉 頼朝としては 北に奥州藤原 京には義経 身動きできません
叉 義経の政治的なセンス この様な状況も理解出来ず このすれ違い
が 頼朝による義経排除に動いたと思います。

壇ノ浦の戦いにより 義経が三種の神器のうち 天叢雲剣を回収出来なかった
のが原因とか言われていますが それは違うと思います。

この様な困難でやっと征夷大将軍になり 武士としての鎌倉幕府を開くが
その後 嫡男 頼家は北条家とのごたごたで 修善寺に幽閉 その後暗殺
され 次男 実朝は  兄頼家の次男 公暁に 最近 鶴岡八幡宮の
大銀杏の倒壊で有名になった場所で暗殺され その後は 北条執権の時代に

頼朝は貴族中心の時代から 武士による社会は出来ましたが どうなんで
しょうか 頼朝も被害者かな 

家から畑に行く道 かまくら道 鎌倉がいかにその当時政治の中心だったか

暖かくなったら 伊豆に行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.14

オープン しんの助 餃子の王将 じぃえんとるまん

1101141

1101142

昨年 店を閉め 今年場所を変え オープンした 戸塚 しんの助
以前の場所は 戸塚駅から長後街道を横浜新道を越えた所
でしたが 歩くとなると結構時間がかかる場所でしたが
今回の店は サクラス戸塚の近く 歩いても苦にならない場所
但しビルの奥なので 分かりすらい場所ですが

以前の店は窓もありませんが 窓もあり明るい雰囲気
開店直後なので 客はいませんでした。
何時もの中華そば注文 味は変わっていませんでした
魚介とトンコツのダブルスープ 青葉と同じ様な味で好み
やはり美味しい チャーシューもトロトロで
絶品 メンマも良い 丁寧な料理している。

以前はあった つけ麺はなくなっている 一度食べましたが
此処の店は 中華そばが一番美味しいと思います

近くには 麺や 幸村 支那そばや本店がありますが
やはり 戸塚で一番美味しいラーメン屋は しんの助

その後 今月末にオープンする 餃子の王将 戸塚店を見学
昔のバスターミナルの後ろに確か 回転寿司があった場所 完成間際
以前 トツカーナがオープンする前に餃子の王将が
出来ると話題になりましたが 結局は 来たのは 大阪王将
がっかり 以前 島根の益田駅前で餃子を食べたが いまいち
でした やっと来た 餃子の王将

自宅近くでは 今まで餃子の王将で食べる事が出来たのは
大船 大和店 遠い
関西では何処でも食べられた 餃子の王将は横浜には
現在6店舗のみ 人口比でもあまりにもすくなすぎ

さらにビックニュース 今月18日 二俣川駅にもオープン
自宅から此処が一番近い 今月横浜に2店舗オープン

何時もの古本屋に行く為に二俣川に 餃子の王将は完成
していました 楽しみです やっと自宅近くで食べられる

古本屋で購入後 二俣川駅北口で 新たなる発見
新築の二階建てを見ていると 国民酒場 じぃえんとるまんの
文字 現在横浜で3店舗展開している 値段が安い居酒屋
知らなかった 先月15日にオープンしていました。
本店 上大岡には 一度訪れた事があるのですが
とにかく安い 昼間から客はいっぱい 近くにあれば良いなと
思っていたのですが 二俣川は私的には食の不毛地帯でしたが
話題の店が 二つもオープン 当分 途中下車が多くなると
思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.11

大阪城に

1101101

帰省のついでに 久しぶりに 大阪城に行ってきました
今回は 正面の大手門ではなく 搦め手の 環状線の
大阪城公園駅から 公園は広い 大阪城ホールもあります
天守閣は三代目 それ以前は 信長と一向宗の顕如と10年戦い
石山本願寺があった場所です 和議後 顕如は和歌山に
その場所に 信長は城を作るが 本能寺の変で挫折
その後に 秀吉が大阪城を築城 その当時の大阪城壮大
だったのでしょうか 大分 キリシタン大名 大友宗麟が
薩摩に攻められ 秀吉に助けを求める際 大阪城の壮大さ
に 圧倒された話もあります。

秀吉亡き後 関ヶ原の戦いの後 徳川との冬 夏の陣があり

冬の陣では 天守閣に大砲で攻撃され 淀殿が恐怖のあまり
和議 条件は 外堀のみの埋め立てが 内堀も埋め立てられ
裸城に 夏の陣で城は 消滅

二代目は その後 二代将軍 徳川秀忠が埋め立て城を
築城 秀吉の城は 石垣も埋め立てられ建てられました
その後 落雷により天守閣は消滅 三代目が出来るまで
天守閣のない城に 幕末 徳川最後の将軍 慶喜が
鳥羽伏見の戦いで破れると 京都より大阪城に入り その後家臣を
置き去りにして 大阪湾より江戸に逃亡

三代目は 昭和初期に 市民の寄付で完成
鉄筋の城では 珍しく 重要文化財に認定されています。
三代目が 最も長くあるとは 皮肉です。

1101102

天守閣まで行く途中に 夏の陣で敗戦後 秀頼の妻
秀忠の娘 千姫を徳川方に返したが 秀頼 淀殿が此処
山里丸にあった櫓で自害 櫓は爆破しています。
天守閣のすぐ近くにありました。

1101103

天守閣で見たかったのは 南側 天王寺方面
今はビルがあり 見えませんが 天王寺付近には
冬の陣では 家康が 茶臼山に本陣を置き 手前に
大阪城の手薄な場所に真田幸村が真田丸を築き 善戦する
茶臼山と大阪城の中間付近 秀吉時代の大阪城の広大さを
感じます
夏の陣では やはり茶臼山付近で 幸村が家康を後一歩まで
攻め立ててます。

1101104

大阪まできたのだから お好み焼きを
大阪駅付近で きじに 本店は日曜日はやすみなので
お好み焼き きじ 梅田スカイビル店
きじは 最近 東京にも支店があるそうですが 但しスカイビル
アクセスが悪い 大阪駅裏側 広大な貨物の線路があり再開発中
ワールドカップ 招致の為に 8万人のスタジアム構想がある
みたいですが どうなるか?
スカイビルに梅田から行くには 貨物線下の地下道で行くが遠い
空中庭園風ビルの地下に店がありました
雰囲気は新横浜ラーメン博物館と同じ様な 昭和の路地風の飲食街が
人気店だけに 行列覚悟でしたが すんなり入れました。

私的 お好み焼きは 豚玉が基本 豚玉とビール注文
山芋のふわふわ感があり 美味しいが B級の粉っぽいのが
私の好み 大阪の有名店 ぼてじゅう より 美味しいかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.08

戸塚の満留賀に

1101081

1101082

食べたかった そば屋の丼 戸塚の満留賀
初めて訪れました 以前店前の交差点で駐車中にやたら背が高い
女性の方が 店に入る風景を見て気になっていました
近くに 日立の工場 日立戸塚レパードの選手だったのですか
2002年に休部 かなり前の記憶

正月 3日の日 箱根駅伝の戸塚中継場 見学の後 訪れましたが
やはり 休み 7日に初めて行きました。

そば屋 満留賀 砂場 増田屋など 関東ではよく見かけます 
フランチャイズでは 無く のれんわけだったのですか
家の近くにも 満留賀 砂場があります 

7日の日 やはりそば屋のかつ丼が食べたいとの思いでしたが
ランチのサービス定食が カレー丼とうどん 小鉢が2個で
700円 価格に負け ランチ注文 そば屋のカレーも美味しい
但し 量が多い うどんも食べ 完食はむりでした。

8日も気に入り 訪れました 今日のランチ カツ煮定食
これでは カツ煮とうどん 蕎麦もついています。

此処は最初の希望どうり かつ丼 昨日のカレー丼と同じ甘ったるい
たれのかつ丼 そんなに高級感はありませんが美味しかった

昔 鹿島槍に冬に行き 予想外の豪雪で 頂上付近で2-3日ビバーグ
下山時 食料が無くなり 鹿島部落までまる一日飲まず食わずの状態
その時 下山出来ればなにが食べたいと考えていました
ずばり かつ丼たった記憶 昔は命知らずだったな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.03

松尾ジンギスカンが 横浜に

110103

以前より気になっていた 松尾ジンギスカンが横浜にある
横浜と言っても 戸塚区 すぐそこは藤沢市
自宅から 車で10分位の場所に 来々軒 松尾ジンギスカン
ブログの情報では 北海道出身のご主人が 松尾ジンギスカンから
取り寄せているようです。
ネットで購入し自宅で食べれば良いのですが
やはり 店で食べたい衝動が

松尾ジンギスカンは北海道にこだわり 昨年やっと本州初
11月3日に銀座店オープン
ジンギスカン ファンとしては 嬉しい発見

今日は正月3日オープンしていないと思いましたが
やはり閉まっていました 正月飾りには 明日6時から
オープンと書いていました。

機会あれば 訪れてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.01

やっと 正月休暇に

やっと正月休暇に

年末まで3日間の 深夜勤務 昨日やっと勤務終了
年末には 横浜港 新年カウントダウン-除夜の汽笛
を聞く為に タクシーの運転手にベイブリッジに24時に到着
するように時間調整しなが走り ベイブリッジ24時過ぎに汽笛が聞こえない
ただし みなとみらいでは花火が がっかり

昨年 7月から 定年延長で契約社員に 給料は現役時の半分
年金が出る 報酬部分も収入が有る為 カット その他の収入は
企業年金と積み立て年金のみ 給料は半分になっても勤務時間は
同じ 納得がいきません 奥さんは仕事が有るだけでも良い
私自身は ボケ防止だと思っています。
現役時と違い 会社の人事権は私が握っている 辞めたければ
自分で決めればいいのですから。それが救い

娘は 年末から 羽田空港から香港に海外旅行 息子は久しぶりに
帰ってくる予定

昨年からの 政権交代後 民主党のゴタゴタ見ていられない
予算通るのでしょうか? 但し 自民党時代には戻りたくない
今年も 経済も混沌とした時代 この様な時 政治が頑張って
くれなければだめなのだが 期待出来ないな

昨年 12月にご近所の方が亡くなりました。
享年 58歳 某家電メーカー 海外駐在も永年にあったそうです
事業の縮小で 最近 別会社に決まり 勤め初めて 突然の事 
私は面識がないのですが 娘が 小学校から大学
まで同級生で 奥さん達は面識あるそうです 葬式の後
生前 ネットで購入した 故郷 福島の酒いただき
今日 熱燗でいただきました 何故か 彼の無念さが伝わって来るような
感じ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »