« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011.08.22

自治会 夏祭り

1108211

今年 4月から自治会役員に 役員は20年に1回で役員が
周ってきます 幸い 前回は 偶々名古屋に転勤 家族で
名古屋に 自宅は 会社の方に貸していた為 その人が自治会
役員に 今回が 初めての自治会の役員に
30年住んでいますが 地域の状況があまり解らず 今回の役員は
地域の状況を知る 良い機会になりました

役員会では 6月頃から 夏祭りの検討 なにせ 3地区合同で
世帯数では 500近く 手探り状態と思いましたが
30年のノーハウ 夏祭りの準備 システマチックされていました

当日 朝 9時に道具の移動の移動の為 運送業者が来るとの事
で 集合場所に集合 役員は10人ですが 協力員 20人位
以前 自治会の役員経験者が クラブを作り(ほとんどがリタイアした人)
会場の公園 歩いても3分位の場所ですが
1時間ぐらいで テント その他の備品設置完了 焼き鳥 やきそばは
クラブの方が担当 あっけなく夏祭り会場が出来ました
その後 業者が 電気の配線 プロパンガス 氷 飲み物 食材
テント 配達が 凄い 

前日 凄い雨で 羽田など 着陸出来ず 中部空港とかに着陸
出発したが 地方からは出発空港に引き返す 便多数

多分 明日はダメだと思いましたが 奇跡的に当日 曇り
1時間程でテントの組み立て完了 午後4時から開始

中学生のブラスバンド 小太鼓など始まり 祭り気分は盛り上がり
ます 役員の仕事は 焼くそば 焼き鳥 飲み物販売員の
夜食を配る仕事 担当はゲームだったのですが 要領がわからず
子ども会に丸投げ
最後の抽選会では 会場は6-7割の入り 盛り上がりました
無事 雨も降らず 午後8時に終了
それからが叉大変 テント 備品 ゴミの回収 テント 備品は
運送会社のトラック 待たず リヤカーで 団地内 倉庫に

1時間ぐらいで 基の公園に その後 協力員と役員で 祭りの
残りで 管理棟で 打ち上げ 盛り上がり 途中で止めないと
朝までの雰囲気 10時半に終了 長い一日 帰るころは雨

翌朝 役員一同で公園の清掃 

子供が大きくなり 此処10年位は近くでありながら 参加した
事がありませんでした 役員の大変さが解りました

年末には 餅つき 行事も大変です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.11

加治木 島津義弘

1108111

1108112

戦国期で 一番好きな 戦国武士 島津義弘の最後の地に 加治木に
島津家に 暗君なし そのとうりの家系 薩摩藩よりも
尊敬出来る人物が 西郷隆盛等々

JR加治木駅より 10分位で 加治木島津家邸跡に 此処で
島津義弘 享年85歳で病死 
現在は 石垣のみが残っています 多分 義弘の住居は
加治木高校が その当時を忍ばせるものはありません

島津義弘の人生 私的には 秀吉により翻弄された感じが
あります 九州平定 二度の朝鮮出兵 関ヶ原の戦い

彼の真骨頂は 関ヶ原の戦い後 敵中突破にあると
思います これで 家康により毛利家は大幅に領地が無くなり
ましたが 島津家はそのままに その後 両家が明治維新の立役者に

現地を訪れて もー少し歴史的場所保存してほしい印象

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.06

残してほしい みどり

1108061

先週の日曜日 テレビ見ていると 近くの場所が
話題にTBS 噂の東京マガジンで放送されていました

10日程前に 駅近くの上空で長時間ヘリコプターが
ホーバリングしていたのが この放送の為の撮影

内容は 駅の北側が市外調整区域になっており
当然 住宅は建設できず 地主が相続税の為に 
墓地の販売業者に売却 一部は販売されているのだが
次回 販売予定の部分に ホタルが成育する小川の
源流が含まれているため 地元 愛護会が反対

見に行って来ました 駅から歩いて3分位の小川の
入り口には 自治会等の墓地建設反対の看板が
隣の駅なども やはり住宅街近くに 墓地を建設
され 反対の看板が見られます

私自身も次男なので 墓は必要なので 最初の販売
では 見学に行った記憶が

1108062

現場近くに 横浜市の設置許可の看板が
市としては 業者の申請内容に問題がなければ許可する
しかないと言いますが

市に対して 市民の声

知りませんでしたが 横浜市 平成21年から5年間 時限的に
みどり税 徴収 ひとりあたり年間900円
地域保全の為の買収資金 57億円 今回の事例に対応できない
でしょうか 環境保全の為に

建て看板では 建設時期が平成22年とうっすら書いていました
一年以上経過しているので どうなるか?

残ってほしい 横浜の貴重なみどり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.05

松山 坂の上の雲ミュージアムに

1108051

司馬遼太郎さん坂の上の雲 冒頭の一節

まことに小さな国が、開化期を迎えようとしている

印象に残るフレーズです

明治維新から 鎖国で三流国だった 日本が世界に飛躍
のきっかけになった日露戦争の物語 秋山兄弟と子規の故郷
松山に 坂の上の雲ニュージアムが 松山城の下にありました
安藤忠雄さん設計ハコモノは立派な建物 展示内容は少しチープかな
秋山家 正岡家の写真等が展示されていて これは興味が持てました

1108052

ミュージアムから 歩いて10分位の所に 秋山兄弟生誕地に
当時と同じ様な状態で再建されていました
庭には 馬上 秋山好古 秋山眞之の銅像が向かい合う様に
設置されています
ドラマでは 子供の頃 松山城を庭のように遊んでいた
それぐらいの近さです

1108053

朝6時から開いている 道後温泉本館に ホテルより路面電車
で 10分位 前回は 休憩所が利用できるコースでしたが
今回は 銭湯のみ 無色透明で良い湯でした

此処も ドラマで 真之と、父 久敬が一緒に温泉に
つかって語り合うシーンに登場しました

NHK スペシャルドラマ 坂の上の雲は 今年12月に 第三部
10-13回で 最終回になります

三年越しの録画です 一 二部は DVDに録画しましたが
今回は ブルーレイプレイヤー購入した為 ブルーレイで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »