« 遼東半島 日本の歴史 レビュー | トップページ | 大連 満鉄の遺産 »

2012.05.21

日露戦争 203高地 陸軍

17日~20日 三泊四日の大連ツアーから帰って来ました
全ツアー 食事付きで10回全て 中華 以前も北京
同じでしたが 今回の中華料理 本当に美味しかった
飽きない。東北料理 満足 満足!
21日 横浜で曇りでしたが 雲間に金冠日食見れました

1205211

日露戦争 陸軍 朝鮮半島に上陸後 第二軍 金州地域及び
半要塞化した 南山での戦い 写真は ロシア軍の砲台後です
戦死したロシア人は 本国に輸送されず 近くに墓地がありました
添乗員の説明では 日本兵は本国に遺骨として送られたとの事
乃木大将の長男 勝典さんがこの近くで戦死
日本的には貴重な遺産ですが はっきり言って保存状態は良くありません
道の途中に 土建会社等がり 本当にここがとの印象

1205212

旅順近く 東鵜冠山 此処は ロシア軍は要塞化して 日本軍を
待ち受けていました 中国人を使い 要塞化しました
この様に強固な陣地 壁には無数な弾痕の跡

1205213

203高地入り口 此処でバスを降り 左側 右側は有料のバス
道路 但し 100元かかります
意外と 付近は 山ではなく 丘との印象

1205214

旅順攻撃 乃木大将率いる 第三軍の戦い

203高地頂上からの 旅順港 此処を取る為に日本軍 15000人
が戦死 激戦 旅順港が良く見えます 湾内には半島があり
入り口は狭く 但し 天然の良港 冬でも凍らず ロシアも
欲しかった場所 狭いところでは巾100M 広瀬中佐も 此処
旅順港封鎖作戦で戦死 旅順港を見ていると感激します。
頂上に 砲台を築き ロシアの軍艦を攻撃
意外と 203高地緑豊かです 坂の上の雲では 瓦礫のの山との
印象でしたが 同行のツアーの方とお話を 多分 ロシアが
攻撃軍を見やすくするために付近の木伐採したのでは? 納得
帰りは バス道に 途中 乃木大将の長男 勝典さんの戦死の碑が

12052141

大連市内の高層ビルが 多数 未だに 建築が多数 
南山激戦地から 大連経済区の 高層ビルが多数見れます
日本からの企業 4000社 日本人は10000人位居るそうです

それからすると 旅順 落ち着いた街 市街地に 水師営会見場
203高地占拠後 1905年1月乃木将軍とステッセル将軍が会見した場所です
場所は 普通の民家だそうです 文化大革命で破壊され その後
再建 此処も保存は悪いな 

1205218

後日 旅順攻撃 年表作成しました

日露戦争(陸戦)

1904年 年表

3月27日 第二次旅順港 封鎖作戦で 広瀬が戦死
4月30日 鴨緑江を威嚇砲撃
5月
  1日 第一軍、九連城を占領
  5日 第二軍が遼東半島東部の塩大澳に上陸
  26日 第二軍が金州と南山を占領
  30日 第二軍、大連を無血占領
6月 
  6日 第三軍、塩大澳に上陸を開始
  13日 第二軍、北進を開始する
  15日 第二軍、得利寺でロシア軍を撃退
  20日 満州軍総司令部が設置され、大山が総司令官に、児玉が総参謀長に任じられる
7月
  12日 参謀本部、陸海軍部へ旅順の早期攻略を要請
  25日 乃木、第三軍に旅順要塞の外郭陣地の攻撃を命令
  27日 第三軍、双台溝・老左山のロシア軍を撃破し、長嶺山・莫石嶺に進出
  30日 第三軍、旅順の包囲を完了する
8月
  16日 旅順に対し、非戦闘員の退避と降伏を勧告
  17日 ロシア軍、日本の勧告を拒絶
  19日 第三軍、第一次旅順総攻撃を開始
  21日 第一師団、大頂子山を奪取 第九師団、盤龍山堡塁の攻略に失敗
第十一師団、東鶏冠山堡塁の攻撃に失敗
  22日 第九師団、盤龍山堡塁を奪取
  24日 第三軍、総攻撃を中止 第一軍、遼陽に向けて進軍開始
9月
  9日 第三軍、龍眼北堡塁への坑道開削を始める
  11日 第三軍、水師営南堡塁への坑道開削を始める
  14日 達子房身に二十八センチ榴弾砲が到着
  19日 旅順攻撃 開始
  23日 第三軍、203高地の攻略を断念して撤退
10月
  26日 第二次 旅順総攻撃 開始
  31日 乃木が攻撃中止命令を下す
11月
  26日 第三次 旅順総攻撃 開始
  27日 第三軍が攻撃目標を203高地に変更する
  30日 第三軍が203高地の一角を占拠 しかし、ロシア軍の反撃で奪回される


12月
  1日 児玉が第三軍司令部に到着
  3日 203高地の日露両軍が死体収容のため一時休戦
  5日 第三軍が203高地を占領
  6日 二十八センチ砲で旅順港の敵艦隊を砲撃
  11日 旅順港の軍艦八隻が沈没、自沈
  15日 コンドラチェンコが東鶏冠山北堡塁で戦死
  18日 第十一師団が東鶏冠山北堡塁を占領
  28日 第九師団が二龍山堡塁を占領
  31日 第一師団が松樹山を占領

1905年 年表

1月
  2日 水師営で日露両軍の全権委員が開城規約文書に調印
  3日 乃木とステッセルが水師営で会見する


|

« 遼東半島 日本の歴史 レビュー | トップページ | 大連 満鉄の遺産 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47003/54765668

この記事へのトラックバック一覧です: 日露戦争 203高地 陸軍:

« 遼東半島 日本の歴史 レビュー | トップページ | 大連 満鉄の遺産 »