« のぼうの城 観に行きました | トップページ | 初めて ノートパソコン 購入 »

2012.12.02

鉄道沿線のまちずくりプロジェクに行って!

12112021

12112022

自宅近くの何時も利用する駅 相模鉄道が主催する 
鉄道沿線のまちずくりプロジェクト のフオーラムが 隣の駅
相鉄文化会館で開催 ネットで申し込み参加して来ました

私鉄企業としても 分譲したが その後の高齢化で 利用客の
低下 魅力的な街作りに 必要性に迫られています。

現在進んでいる 事業 都心直通プロジェクト JRと東急の相互乗り入れ 
JRは三年先 東急は7年先 生きているかな!
開通すれば 都心には横浜経由でなく 便利になると思います

フォーラムの内容

1 横浜市建設局企画部長 秋元康幸さんの 環境未来都市 超高齢化社会に
対応した街つくり

行政から 現在取り組んでいる 横浜市のプロジェクトの説明がありました
田園都市線の たまプラーザ駅周辺 路線が出来て 50年近く
ドラマ 金曜日の妻たちへ で舞台になった高級住宅街のイメージですが
街は 一戸建て 大規模団地 社宅があるのですが 開発から50年たち
住民の高齢化 建物の老朽化が問題になっています 高級住宅街だけに
若年層の住宅地には高値でほど遠く 活力が失われ 魅力的な街つくりに
東急と横浜市が共同で取り組んでいるようです

後は 洋光台団地 UR都市機構が建設した団地が 此処も高齢化問題
を採り上げていました 建て替えもままならず 高齢化問題も深刻です

2 (株)飯田善彦建設工房代表 飯田善彦さんの 左近山団地を通して見える
事 

此処は 駅からもバスで 大規模団地 分譲と賃貸があり 分譲だけで
200棟 ほとんどが5階建ての低層マンション  エレベーターもありません
高齢化により エレベータ一機の設置だけで 1000万円 設置もままならず
飯田さんが 横浜国大 大学院の教授もしていた時 生徒に左近山団地の
再生計画をテーマに 生徒はいろいろなアイデアが 但し 問題解決には
なるか 高齢化と 住居の問題は 都市も問題山積です

参加して 横浜市としてもまった無しの高齢化の問題 行政も深刻に取り組んで
いる事がわかり 少し安心しました。

近くの団地 トリームハイツ NPOによる地域活動 
昨年は 自治会の役員しましたが 下部組織も多数ありました NPOか
これもありですね

話の中で 解決方法 家族が近くに住む これを強調 通勤が辛く 都心に引っ越した
息子 都心直通プロジェクトにより 自宅近くに 引越ししてくれないかな!

|

« のぼうの城 観に行きました | トップページ | 初めて ノートパソコン 購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47003/56236888

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道沿線のまちずくりプロジェクに行って!:

« のぼうの城 観に行きました | トップページ | 初めて ノートパソコン 購入 »