« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013.06.30

退職前に 家族で博多に

本日 30日で退職日です

一年前より 63歳で退職決めていました
今月半ばに事務手続は終わりました
26日は 職場で退職式 送別会も前日に

昨日 家族で福岡に旅行

1306301

空海 長安から帰国後 大宰府 博多に滞在
ゆかりの寺 東長寺に 以前の寺は戦災により消滅
現在の地に 福岡藩 二代目 黒田騒動で有名な
黒田忠之により 再建

1306302

櫛田神社に 2日後から 博多祇園山笠が 7月1日から15日
まで開催 最終日 追い山笠の為の 桟敷が設置中でした

1306303

娘の希望で 大宰府天満宮に 菅原道真 京都から左遷され
大宰府に 墓所に建てられた社殿が 天満宮に
学業祈願としても有名 

息子 大学受験時 祈願に行ったのですが ご利益無かったな

1306304

博多で ラーメンではなく うどんを食べてみたい
うどん発祥の地 中国 韓国とも近く そうかも
朝早くから 開いている店で 博多駅地下 大福うどん 博多一番街店
7時から オープンしています 代表的な ごぼう天うどんを
スープは関西風 味は違う 甘い醤油のせいでしょうか
麺も 讃岐うどんのアルデンテではなく 柔らかい
美味しかった

1306305

昼は 博多らしい もつ鍋か水たき もつ鍋は横浜でも
食べられるので 水たき長野
奥さんと娘は 水たき 初経験 最初は骨付き鳥で
その後 鳥ミンチとレバー その後 キャベツ ネギ 水菜
最後は おじやでしめ 美味しかった

明日から 何するかな 当面は 休みます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.12

最後の 旭川

退職まで 三週間きりました
60歳で退職時 退職金等々の手続で大変だった
思い出が 今回 契約社員後の退職で 手続は無いだろうと
思っていましたが 先日 総務より 手続の書類がいっぱい
届きました 現在 書類作成中 

最後の出張で旭川に二泊三日で行って来ました
旭川は 10年以上前から 10回以上 夏 冬訪れて
います その間 旭川駅も建て替えられました

旭川 初夏ですが 日中は31度 湿度はありませんが
暑い 今月は京都に行きましたが 同じ位 暑い


旭川 盆地で 夏は30度以上 厳冬期は-30度
寒暖差は 半端でありません 但し夏は花が咲き魅力的です
ラベンダーには少し 早すぎました

最後に 旭川で最後に食べたいもの やはり肉系です

1306121

此処は外せません 成吉思汗 大黒屋 本店
注文は何時も 生ラム成吉思汗二人前と生ビール
骨付きなどもありますが 生ラムの美味しさを
味わうなら これがベスト

1306122

塩モルモン トントロ 発祥の地 旭川 その中で 炭やが良い
馬場モルモンもあるが ディープすぎる

何回か訪れて 私のベストな 肉

トントロ ホルモン 生ラム つけたれなどありません
塩とコショーのみの味付け 素材の美味しさは伝わります

1306123

最後は 旭川ラーメン 私は らーめんや天金 四条店が
一番美味しいと思います
今回は 空港に行くバスの時間の関係で 開店が30分早い
蜂屋 五条創業店

最初食べた時は 焦がしラードが独特な味でしたが 何回か
食べると やみつきになります 他の地域にはない味

退職後も旭川行けるかな 良い思い出でした


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.06

京都 空海 ゆかりの場所

来年 四国八十八箇所 巡礼予定

まずは それに先立ち 0番札所 中国 西安 青竜寺に行く予定
でした 5月 6月 2回 旅行社に申し込みましたが
いずれも 定員に達しなく 中止に 残念!
最近の 日中関係 尖閣問題 PM2.5 鳥インフルエンザの影響
でしょうか。

その様なわけで 京都にも 空海のゆかりの場所あるので 
一泊二日で 墓参りも兼ねて見に行ってきました

804年 31歳で最澄と供に空海 遣唐使船で唐に 空海は
長安(西安)に 青竜寺で恵果より密教を習得

桓武天皇が 奈良から 長岡京 平安京を遷都
長安の都を模して作られたのが現在の京都で
都の入り口 羅生門の左右に寺が 右 東側にあったので
東寺 西寺もあったのですが 現存していません

京都に入ってまず見えるのが 東寺の五重塔です

空海 長安から帰国後 嵯峨天皇により別当職に命じられ
造営したのが 東寺です

1306061

講堂 空海 密教の教えを表現する 曼荼羅
大日如来像を中心に21体の仏像で 立体曼荼羅の世界観

1306062

金堂 1486年に消失 豊臣秀頼が片桐且元を奉公をして
1603年に再建 家康による豊臣家の財産 散財の一部か?

1306063

東寺の象徴 五重塔 五代目 江戸時代 家光により寛永18年竣工

1306064

大師堂 弘法大師の住居跡に建てられた 風格があります

東寺 真言宗総本山です

1306065

高雄 神護寺 京都駅から バスで50分位 北山杉の産地
もみじの木も多く 紅葉の名所

バス停 山城高雄からの参道は結構な山登りです

809年 空海が入山し 14年間 真言宗の基礎を築いた場所
なぜこの場所なかと 嵐山には 嵯峨天皇の離宮 嵯峨院が
あり 場所的に近いので 神護寺で修行?

1306066

金堂 この中に 興味ある展示物 まずは 源頼朝画像
そー言えば 頼朝の画像 神護寺蔵でした 異論もあるが

灌頂暦名 密教 入門式の参加者名簿 空海がメモ代わりに
書いた書物 最初に 最澄(比叡山延暦寺 天台宗)の名が
空海と同じ時期に 遣唐使で中国に 4隻で行ったのですが
空海乗船 最澄乗船の船のみ無事 中国大陸に上陸
空海と最澄は 上陸場所が異なり 最澄は密教について
解らず 空海に教えをこう 司馬遼太郎さんの 空海の風景に
二人の確執が詳しく 書かれています

空海は 書家として有名で 三筆 空海・橘逸勢・嵯峨天皇
の一人です 章も私には 普通に思えるのですが 失礼

所々 消した跡もあり これが弘法も筆の誤りの語源です

1306067

文覚上人の墓 神護寺 源頼朝 深い関係の人 
金堂の裏から登り 獣道を登った頂上にありました
文覚さん 波乱万丈な人とのイメージ
鎌倉幕府 誕生の影の立役者

文覚上人

1306068

京都駅近くのホテルに泊まり 京都ではラーメン食べた事が
なかったので 新福菜館 本店
出てきたのは これ 真っ黒です 富山ブラックを思い出します
しょっぱいイメージ スープ飲んで見ると 醤油味 安心しました
まずまずです。
やきめしも有名みたいですが 食べられません

1306069

高雄から帰り 市バス終点 四条烏丸なので 歩いて祇園に
いづう で鯖寿司 憧れでした 寿司では 鯖寿司が最高に
美味しいと思います
12時過ぎでしたが 客があまりいなくって座る事が出来ました
注文は 鯖寿司 一人前とおすまし 老舗の店内 雰囲気が良い
料理している所は 見えません お土産を買いに来る客 結構
います 鯖寿司 1本 4500円位 良い値段です

早速 鯖寿司 厚い昆布に巻かれた 鯖寿司 結構身が厚い
鯖の臭みも無く 上品な味 美味しかった!
京都の奥深さ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.03

レストラン タマガワでナポリタン

1306031

退職まで 一ヶ月きりました。
健康保険 会社の健康保険組合 継続の為に 住民票が
必要で 区役所に 住民票 受け取りまで 設置してある
雑誌 横浜ウオーカー 6月号 横浜発祥の ナポリタン特集
有名店 レストラン すいれん レストラン タマガワ
グリル 桃山 洋食のコトブキ センターグリル
イタリーノ もちろん 発祥の地 ニューグランド ホテルも

イタリーノとセンターグリルは 食べた事があります
久しぶりに ナポリタン 食べたくて 食べログで高得点の
レストラン タマガワに 場所はイセザキモール近く
野毛と伊勢佐木町の境目が解らない場所 福富町か(笑)

日本ナポリタン学会による認定店 
ホテルニューグランド初代総料理長サリー・ワイルさんの元で修行
された方の 何代目の方の店らしいのですが
老夫婦で営業 注文から出てくるまで 20分 客は二人でしたが
出てきた ナポリタン 太麺は良いにですが どうもとの印象

センターグリルが美味しいだけに

自宅で 時々 作るのですが このレシピ 牛乳とケチャップ
ウイスターソースが味の決め手 後は 粉チーズたっぷりで

60歳で退職 その後 契約社員 その時 手続は終わっているのですが
いざ リタイヤになると 叉 手続が必要 今回は会社からの指示
がないだけに 何か 抜けていそうで 不安です。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »