« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013.10.29

上杉謙信 川中島 春日山城に

台風27号 大島は今回 島外避難で 犠牲者も無く安心しました
土曜日に上杉謙信 居城 春日山城に一日遅れで行って来ました

201310291

姥捨サービスエリアより 武田謙信との5次の合戦の舞台となった
川中島 千曲川 広大な 川中島平 善光寺平が良く見えます
特に有名な 4次の戦いが此処で

あらすじは このサイトに詳しく書かれています

4次の戦い 動画

201310292

山本勘助 立案による 妻女山に陣取った きつつき戦法 上杉謙信が
察知 夜半に 妻女山を降り 千曲川を渡り武田本陣に 渡った場所 
雨宮の渡り 詩吟で有名な 頼山陽の川中島 直筆の碑がありました
頼三樹三郎は頼山陽の子供だったんですね

201310293

妻女山 上杉謙信が陣取った場所
駐車場には 本当の妻女山は 斎場山との看板が
歩いて20分位で 陣跡に 

201310294

武田謙信が陣をはった場所 海津城に その後 真田信之が
上田より移封 海津城は松代城に

2013102941

武田軍は きつつき戦法により半分になった 上杉謙信と
武田信玄が刀を合せた 八幡原 その後 妻女山に行った
武田軍が戻る 上杉軍は善光寺平に退く
この戦いで 武田軍は 信玄の弟 信繁 山本勘助は戦死

201310296

像山神社に 真田藩 幕末 活躍した 佐久間像山の生誕地に神社が
幕末 思想的に影響を与えた 弟子に吉田松陰 河井継之助 橋本左内
勝海舟 早々たるメンバーが 松蔭などは ペーリ艦隊に密航する前
相談した場所が 浦賀にありました 奥さんは勝海舟の妹など叉
兵器開発などに貢献 神社近くに 資料館があり 書 水墨画など
上手ですね 顔を見ると少し狂気ががってる雰囲気もありますが

201310297

201310298

前から気になっていた場所 象山に地下豪が 神社の近く
松代象山地下壕 太平洋戦争末期 本土決戦に備えて
大本営を移す為に 松代大本営地下壕 天皇陛下 政府機関も
移動予定だったとか

総延長 5.8KM 見れる部分は 500M位でしたが 坑道には縦横に
坑道がありました この様な設備見ると終戦など考えていなかった
のでしょうか、沖縄 小禄の海軍壕と比べてもはるかに規模が
大きい

2013102910

信州に来たのだから 蕎麦を食べたくなり 最寄駅がJR信越本線 川中島駅
たなぼた庵に 開店から30分過ぎですが ほぼ満席 
並盛が580円 中盛600円 値段に迷わされ 中盛 注文 結構な量
400g位 有るのでしょうか 汁も美味しく 最初は食べましたが
歳のせいか 7分目でギブアップ 並で十分でした

2013102911

高田城に この城の築城経緯

上杉景勝 春日山より 秀吉が 合津若松に移封 指示
変わりに来た 秀吉家臣 掘秀政の嫡男 秀治 春日山城より福嶋城に城を移す
その後 上越に来たのは 徳川家康 6男 松平忠輝 城を
内陸部 高田に 出来たのが 高田城 75万石の大名に わずか
二年で改易 飛騨高山に流される
捨て童子 松平忠輝は 峰隆一郎さんの小説に書かれています

家康 子供 特に男性は 良い扱い受けてないように思います
次男 二代将軍 秀忠 遅い頃生まれた 後の御三家 義直 頼宣 頼房 
以外は

20131029121

明くる日 春日山に まずは 御館の乱の舞台になった場所に
直江津駅 線路近くに 公園になっていました

関東管領 上杉憲政の為に建てた館 此処で 御館の乱が
上杉謙信 生涯独身 北条氏康の子息 景虎を養子に 
一方 謙信の姉の子供 景勝 との戦い 景虎はこの館に
景勝は春日山城に 信玄死後 跡目争いで 戦いが
景勝が勝利 この場所から春日山城が4km位 山が良く見えます

2013102912

春日山城 大手道 城の入り口 右側の山が春日山城

上杉謙信 義の人だと思います 私利私欲の戦いはせず
最初の名前は 長尾景虎で 関東で劣勢に立たされた関東管領 
上杉憲政の養子になり 上杉謙信に 織田信長 武田信玄 後北条と
戦い 勝率は高い 信玄が 上洛途中で病死しますが
謙信は二度上洛 信長 二人の死が無ければ 天下取りも難しいかった
のでしょうか

2013102913

春日山神社 ウオーキングの入り口 資料館には 当時の城の絵か
あり 興味深い

2013102914

直江兼次屋敷跡

2013102915

毘沙門堂 常に信仰していた 毘沙門天像が安置されています

2013102916

本丸跡

2013102917

天守台

2013102918

上杉景勝屋敷跡

2013102919

柿崎和泉守屋敷跡

山城としては大規模で 山全体が要塞です

2013102920

林泉寺 謙信が7歳から19歳まで修行した寺 春日山城から
1km位の場所 意外と近場

2013102921

謙信の墓 それ以外にも  父 長尾為影 祖父 能景 
川中島戦死者供養塔 掘家の墓もあります

信州 新潟の旅 楽しかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.18

天王寺駅から難波に

昨日 墓参りの為に関西に帰省
羽田空港も四ヶ月ぶり 来年3月リタイア予定B747-400
ポケモン機含めて2機ステイしていました
最近飛んでないのでしょうか

ウオーキングを兼ねて 天王寺駅から難波まで歩いてみました
天王寺動物園付近 茶臼山 大阪城 夏 冬の陣で
冬は徳川家康 夏は真田幸村が本陣にした場所です

1310182

動物園過ぎて 新世界に道頓堀同様 看板が凄い 香港のよう

1310183

新世界 通天閣が見えます

1310184

ジャンジャン横丁 結構ディープ

1310185

途中 澤野工房の店が ヨーロッパのJAZZをCD レコードを
ネットで販売 若い頃 気になったレーベル こんな所にあったのか
店の右側に 通天閣が良く見えます

1310186

難波まで来たのは 一房亭で 豚天を食べる為に
豚天 中華料理店ではありそうでない 豚天 二人前と生ビール 満足

台風26号 伊豆大島 土石流で甚大なる被害 死者 不明者で50人
現役時 伊豆大島に10泊以上 出張で泊まりました
伊豆大島 食べる所 ビジネスホテルも無く 必然的に
宿泊は二食付旅館 ホテル椿園にも宿泊 元町 中心街より西側ですが
映像を見ているとショックです 27号も同じ様なコース
心配です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.11

やっと 年金生活に

6月末 退職 やっと 国民 厚生年金の払い込みの通知書
が来ました

7月始めに 年金事務所に 年金出るには 会社から
厚生年金資格喪失届を出してもらう必要があります
年金機構に 会社から届出が出ているのを確認

その足でハローワークに 失業保険の確認 年金額には
達しないので 失業保険の提出は見送り

私 今後 厚生年金は払わないので 奥さんは国民年金 3号から1号に
切り替え 7月から 毎月15000円の請求すぐに通知が
取るのは早いが 支給は遅い この様な体質でしょうか?

その後 年金機構から何の連絡もない 7月は給料の振込みが
ありましたが 8月 9月は無収入 あまりにも連絡ないので
10月4日 年金事務所に確認に 10月15日には振り込まれるのを
確認 但し 配偶者加給は手続が遅れ 11月支給

やっと 10月8日に年金機構から 支給のはがきが遅い 
60歳から 企業 個人年金は受け取っているのですが
今月から やっと 贅沢しなくては生活できる インカムが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.07

日野市 新撰組 資料館に

以前 日野を訪れた時 資料館が見られなく
今回 資料館 開催日が月2回 第一 三日曜日
が開催日なので 昨日行って来ました

以前 日野 京都壬生 函館 訪れた場所

新撰組 局長 近藤勇は調布出身 代表的な日野出身者は 副局長 土方歳三
井上源三郎がいます

現在 日野本宿の場所に 天然理心流の道場があり
近藤が 天然理心流の三台目 近藤周助の養子になり
江戸 試衛館で 浪士組に参加 将軍警護の為に 京都に
その後 組織は分裂 新撰組になる

1310071

多摩モノレール 万願寺駅近くの 土方歳三資料館に
土方愛用の 和泉守兼定 死後 函館から送られきました
池田屋事件で使用した 楔帷子 篭手 等々

1310072

佐藤彦五郎資料館 日野本宿の裏手にありました
日野本郷名主で近藤周助に入門 妻は 土方歳三の姉
新撰組とは交流あり 鳥羽伏見の戦いで敗れた新撰組
江戸に戻り 幕府より甲陽鎮撫隊に命ぜられ 甲府城
を奪還に 途中 甲州街道沿いの故郷日野により 隊員の募集 
近藤等 土方歳三などは 地元で大歓迎され
佐藤彦五郎は農兵隊を組織し 戦闘に参加 但し
途中 勝沼であっけなく敗退
彼の立場は微妙です

沖田総司が悲悼の思いで山南の死を報告した書簡
永倉新八が彦五郎に宛てた書簡
彦五郎、天然理心流・極意皆伝の免許

但し 土方歳三が函館で亡くなる前 市村鉄之助に
佐藤家に届けける様に指示 写真 毛髪 刀は展示無かった
歯型がついた 土方の写真見たかったな

1310073

最後は 井上源三郎資料館 彼も天然理心流に入門
新撰組設立当時からのメンバー 近藤 土方より年上で
大河ドラマでは若い隊員のまとめ役との イメージ
鳥羽伏見の戦いで戦死

1310074

甲州街道沿いにある 日野本陣 佐藤家 此処の一部に
天然理心流の道場がありました

三箇所の資料館 第一 三日曜日のみオープンしています
三館とも 若い女性が多かった 土方歳三ファン多いのですね

日野駅周辺 他の中央線沿線駅と比べて 地方の駅の様で
落ち着いた街の雰囲気 良い

1310075

多摩地域まで来たのだから 武蔵野うどんを
武蔵村山市の満月うどん
カーナビで行きましたが わき道にあるので探しました
肉つけめん 注文 讃岐うどんの様に 白くはありません
茶色ぽい 太麺 コシが強い つけ汁も濃い目のしょうゆ味
食べた印象 うどんではなく蕎麦の様な味わい まずまず


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.04

弘法山でジンギスカン

秦野 弘法山でジンギスカンが食べるレストランが
有るとの情報 昨日 ハイキング兼ねて行ってきました

牧場が見え ツキサップじんぎすかんの様にイメージしました

1310041

海老名駅で乗り換えて 小田急で秦野に 駅前より
弘法山方面 頂上に 権現山の展望台が見えます

1310042

秦野駅より歩いて30分位で 弘法山入り口看板が
途中 昨年 2年間自治会活動の 送別会を開いて
もらった はだの 万葉の湯が

1310043

結構な 急登 やっと 浅間山に

1310044

展望台までも登りキツイ 権現山展望台

1310045

展望台より 東名高速 秦野市内が良く見えます

1310046

弘法山 何処にでもある 空海伝説 修行した場所?
釈迦堂、大師堂、鐘楼、乳の井戸 等があります
太師堂に 来年の四国八十八箇所 無事巡礼祈願を

1310047

弘法山公園内 めん羊の里 木里館
開店が 11時半 それに合せて 秦野駅 10時出発
到着 11時25分 予定どうりです
結構大きなレストラン 二階建てでテラスもある
客が 少なくテラスはダメでした

1310048

ますは 生ビール この為に歩いてきたのだから
生ラムと野菜 注文 ラムも結構な量 それ以上に野菜
多すぎ それももやしがほとんど 玉葱などほとんどない

ラムは美味しかったが タレがだめ 期待しすぎたかな?

帰りは 吾妻山経由 鶴巻温泉駅まで行く 気力なく
東海大学前駅までのコースで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »