« 弘法山でジンギスカン | トップページ | やっと 年金生活に »

2013.10.07

日野市 新撰組 資料館に

以前 日野を訪れた時 資料館が見られなく
今回 資料館 開催日が月2回 第一 三日曜日
が開催日なので 昨日行って来ました

以前 日野 京都壬生 函館 訪れた場所

新撰組 局長 近藤勇は調布出身 代表的な日野出身者は 副局長 土方歳三
井上源三郎がいます

現在 日野本宿の場所に 天然理心流の道場があり
近藤が 天然理心流の三台目 近藤周助の養子になり
江戸 試衛館で 浪士組に参加 将軍警護の為に 京都に
その後 組織は分裂 新撰組になる

1310071

多摩モノレール 万願寺駅近くの 土方歳三資料館に
土方愛用の 和泉守兼定 死後 函館から送られきました
池田屋事件で使用した 楔帷子 篭手 等々

1310072

佐藤彦五郎資料館 日野本宿の裏手にありました
日野本郷名主で近藤周助に入門 妻は 土方歳三の姉
新撰組とは交流あり 鳥羽伏見の戦いで敗れた新撰組
江戸に戻り 幕府より甲陽鎮撫隊に命ぜられ 甲府城
を奪還に 途中 甲州街道沿いの故郷日野により 隊員の募集 
近藤等 土方歳三などは 地元で大歓迎され
佐藤彦五郎は農兵隊を組織し 戦闘に参加 但し
途中 勝沼であっけなく敗退
彼の立場は微妙です

沖田総司が悲悼の思いで山南の死を報告した書簡
永倉新八が彦五郎に宛てた書簡
彦五郎、天然理心流・極意皆伝の免許

但し 土方歳三が函館で亡くなる前 市村鉄之助に
佐藤家に届けける様に指示 写真 毛髪 刀は展示無かった
歯型がついた 土方の写真見たかったな

1310073

最後は 井上源三郎資料館 彼も天然理心流に入門
新撰組設立当時からのメンバー 近藤 土方より年上で
大河ドラマでは若い隊員のまとめ役との イメージ
鳥羽伏見の戦いで戦死

1310074

甲州街道沿いにある 日野本陣 佐藤家 此処の一部に
天然理心流の道場がありました

三箇所の資料館 第一 三日曜日のみオープンしています
三館とも 若い女性が多かった 土方歳三ファン多いのですね

日野駅周辺 他の中央線沿線駅と比べて 地方の駅の様で
落ち着いた街の雰囲気 良い

1310075

多摩地域まで来たのだから 武蔵野うどんを
武蔵村山市の満月うどん
カーナビで行きましたが わき道にあるので探しました
肉つけめん 注文 讃岐うどんの様に 白くはありません
茶色ぽい 太麺 コシが強い つけ汁も濃い目のしょうゆ味
食べた印象 うどんではなく蕎麦の様な味わい まずまず


|

« 弘法山でジンギスカン | トップページ | やっと 年金生活に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47003/58339094

この記事へのトラックバック一覧です: 日野市 新撰組 資料館に:

« 弘法山でジンギスカン | トップページ | やっと 年金生活に »