« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014.09.29

山口淑子さん 死去

201409301

山口淑子さん 今月7日に死去 
波乱万丈の人生 昨日 BS NHKで李香蘭 遥かなる旅路
が再放送されていました 本人が記憶をたどって
中国 ロシアを訪れる内容でした

二年前 大連に 旧ヤマトホテルの二階が喫茶店になって
おり 時々 戦前 李香蘭(山口淑子さん)が訪れ コーヒーを
飲んでいたそうです 叉 満州国皇帝 溥儀の泊まった部屋も
保存されていました

中国名 李香蘭 両親が日本人 中国 東北部 炭鉱の町
撫順市で1920年に誕生 12歳の時に瀋陽 旧奉天 中国人 軍閥の家
に引っ越す その時 親しくしていた ロシア人 リューバの母 紹介
でイタリア人 オペラ歌手に歌の指導を受ける 奉天 旧ヤマトホテル
で 歌ったのが 現地のラジオ局目の留まりスカウトされる
14歳で北京の女学校に入学 この頃 盧溝橋事件があり 日中戦争に
突入 女学校卒業後 満州の国策映画社があった 長春 旧新京で
専属タレントとして 18歳でデビユー

映画の内容は 中国人女性(李香蘭)日本に友好的な女性と日本人男性の
ラブストリーに プロバガンダ的な映画を製作

24歳の時主演女優として上海に招かれる その後 終戦
李香蘭は隔離 収容 中国政府は彼女を中国人の売国奴(漢奸)と
みて裁判に 偶々訪ねて来た 以前の親友 リューバが北京にいる
両親の元を訪れ 戸籍謄本をとり 日本人である事が証明され
帰国出来た

ドキュメントはその後 山口淑子さんが ロシア エカテングルク
を訪れ リューバさんと再会 彼女は上海でロシア人と結婚
男子を出産するが ロシア その時 スターリン時代 静粛が
盛んな時代 夫は国家反逆罪で25年のシベリア送り 彼女は
モスクワまで行き 抗議 7年で帰る事が出来ました
再開では その頃は日本語が上手に喋れていたそうですが
ロシアでは使う機会なく忘れていました 李香蘭時代の写真
も保管されていました 長男は死亡 現在彼女一人の生活

会話も山口さん淡々として 印象的でした

山口さん 帰国後 アメリカに日本人と結婚するのですが
離婚 その後 日本人外交官と再婚

日本では テレビの司会 その後 自民党 田中派から
参議院に当選 議員に

本当に波乱万丈な人生 最後は穏やかに 94歳で死亡
ご冥福を申し上げます

話は変わりますが 先週土曜日 彼女の実家 池袋
との中間 東京タワー近くの割烹で顔合わせしました
私より 年配の方で 穏やかな方でした
新郎方として 結納 結婚式について質問しました
二人に任せるとの返事 息子には風習どおりが良いよ
と言いました 彼なりに考えているようで 老いては
子に従う これしか無い 

きっちり 本人は婚姻届は持参 サインして来ました

少し見守り 入籍後 結納金は送る予定です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.20

和泉川 ウオーキング

久しぶり 多分 3ヶ月ぶり 地域のウオーキング
に参加 今回は 横浜 泉区 和泉川を三ツ境まで
太平記 新田義貞が鎌倉攻めのルートでは
違いました ルートは瀬谷 飯田なので境川です

201409201

自宅より いずみ野駅から和泉川に 途中 彼岸花と田んぼ

201409202

途中 新幹線の陸橋 今年 お騒がせの川崎からの脱走犯が確保
された場所

201409203

瀬谷区に入ると 管理された場所 ごみも無く綺麗です
愛護会の方が頑張っていると思います
この近くで 過去にかわせみ初めて見ました

201409204

和泉川歩道 トイレもあり ウオーキングには最適
途中どの付近を歩いているのか不明 馬の鳴き声
鎌倉道には乗馬クラブあるので ある程度把握

201409205

8Km 二時間で 相鉄 三ツ境駅に 此処からは電車自宅に
その後 自宅近くの 弁当や スーパーで酒 調達
管理棟で 昼食会 今回は6人でしたが お袋と同じ年代の方
も参加 1925年生まれで 第二次世界大戦にも参戦
終戦は 小樽だそうです 元気です

奥さんは はまってる 六大学野球観戦 神宮に デング熱大丈夫
でしょうか 帰りに 横浜そごう 柿安でミートローフ
購入予定 私は 明日 つきみ野 角上魚類に 娘と
予約した 寿司受け取りに 明日 初めて 息子のお嫁さん
来る予定です


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.13

太平記 その3 太田 足利市に

今年 6月末 東京 神奈川の圏央道が開通
東名 中央 関越高速につながりました
第三京浜 環八 練馬ICより早く行けそうなので
又 熊谷 館林 酷暑のイメージ 少し涼しくなったので
群馬 太田市 栃木 足利市に夫婦で行って来ました

201409121

東武伊勢崎線 世良田駅近く 新田荘歴史資料館に
新田義貞の像 この場所は 祖 源義家の孫 新田義重の
新田荘の跡地 8代目が義貞です

201409122

近くに 世良田 東照宮が この建物は 徳川家康 死後
二代将軍 秀忠が日光に建てた 初代の東照宮 その後
三代将軍 家光が大改修 東照宮を此処に移築
現在の東照宮と比べると 質素です

何故此処に 東照宮があるかと 家康が将軍になる時
源氏の血筋が必要で 新田の一族である事で将軍に
少し疑わしいです 真実は解りませんが

201409123

現在は 照明寺 反町館跡 新田義貞が成人後住居して
居た場所 周りが堀で囲まれています

新田義貞 足利尊氏とは親戚関係 但し 官位のある足利尊氏
鎌倉幕府でも新田氏は足利氏より低く見られていたので 幕府に対して
不満をもっていた

201409124

生品神社 新田義貞 1333年5月8日 後醍醐天皇から討幕の綸旨
を受け 150人で挙兵 鎌倉に向かう 鎌倉幕府が崩壊する

後醍醐天皇と足利尊氏と確執が深まり 新田義貞 楠木正成
陸奥に下向していた 北畠顕家により 足利尊氏が破れ
九州に逃げる その後 尊氏の勢力が再挙して京都に
途中 神戸 湊川の戦いで楠木正成が自決 新田義貞は北陸に逃亡
金ヶ崎城に 越前 藤島で戦死

足利尊氏と新田義貞の官位の差 西上した北畠顕家との
連携が上手くいかず 鎌倉 足利軍攻撃が上手く行かず
箱根での敗戦の原因と思います

201409125

足利市 JR足利駅近く 鑁阿寺 足利氏の屋敷跡
新田荘から 10数キロしか離れていません 足利尊氏は義貞と同じく
起源は清和源氏 八幡太郎 義家の孫の義康が祖 8代目が尊氏

鎌倉幕府 御家人 足利貞氏の子 尊氏の最初の名前が高氏
多分 北条高時から一字もらったと思います その後改名し尊氏に
此処 足利 鑁阿寺に住んだか不明です

後醍醐天皇と対立 北朝 光明天皇を立て 南北朝に
その後 京都で 室町幕府を創り 征夷大将軍に

新田義貞が鎌倉北条幕府に攻め込む前 鎌倉を脱出した
足利尊氏 嫡男 義詮を指し向かせ 合流 討幕軍は足利ペースに
叉 京都で破れ 九州に落ち延び 再び京都に攻め込む
政治力の上手さがあります

歴史上 二つの皇室が存在する南北朝 歴史的には
反逆者のイメージ

南北朝は 60年後 合体 明治時代に 南朝が正統と
認められる

201409126

鑁阿寺 真言宗の寺ですが 周りに掘が お城の様です

201409127

隣は 日本最古の学校 足利学校


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.09

キャベツ畑

201409091

今日は 応援隊 畑の除草 何故か参加が少なく
6人です 応援隊に興味がある 別の区からの参加者も
此処はお気に入りの場所 自宅近く 上の高台から 冬には
富士山 丹沢 箱根の山が 遮る物も無く一望出来ます

参加人数少なく 作業途中で時間切れ 残りは12日に
します
何を植えるのでしょうか キャベツ ブロッコリー?
酷暑も無くなり 作業は楽です

201409092

同じ農家のキャベツ畑 先日 11人で4000株植え付け
農家の方 近くで 直播きでキャベツの苗栽培
植え付け途中で苗が間に合えません 農家の方 拘りがあり
良い苗を選んで抜いているのでやはりこれがプロ
私が以前 家庭菜園でしたのと意識が違います

息子から電話 来月には入籍予定
昨年末に彼女紹介され 今月は自宅に初めて来る予定
その後 彼女の両親と食事会 何もかも初めての事で戸惑って
います 結婚式は? 何も解らない 息子が自宅に来た
時 聞く予定 少し嬉しい 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.05

太平記 その2 鎌倉に

新田義貞は、上野国新田庄の生品神社で150人で挙兵
利根川を渡った場所で 足利尊氏 嫡男 義詮と合流
小手指原の合戦 久米川の合戦 分倍河原の合戦
で勝利し 鎌倉に ルートは

2014090515

① 州崎古戦場 湘南モノレール 町屋駅付近
② 巨福呂坂切通 ③ 化粧坂切通 ④ 極楽寺坂切通
⑤ 稲村ヶ崎 ⑥ 宝戒寺 ⑦ 高時腹きりやぐら
⑧ 久品寺 ⑨ 大蔵幕府跡 ⑩ 宇津宮辻幕府跡
⑪ 若宮大路幕府跡 ⑫ 護良親王 土牢
⑬ 護良親王 墓 ⑭ 日野俊基 墓

201409051

州崎古戦場 藤沢付近に進撃した 新田軍 此処で幕府軍
と激突

201409052

進撃軍を三派に分け 巨福呂坂切通で激戦 崩せず
鶴岡八幡宮近く 切通は途中無くなっていました

201409053

義貞軍が崩せなかった 化粧坂切通 源氏山公園付近

201409054

極楽寺坂切通 江ノ電 極楽寺付近 此処も激戦で崩せません
でした

偶々 撮影していました 碑を写真に撮る予定でしたが
今から 本番ですと言われ 歩道で待機していると
綾瀬はるかさんが 歩いて来ました スタイル良いですね

201409055

稲村ガ崎 干潮時 新田軍やっと鎌倉幕府 中枢部に
進軍出来ました

201409056

鎌倉幕府 2代執権 北条義時以来 北条氏の屋敷跡
高時も此処に居たのでしょうか?

201409057

新田軍に攻められた 北条一族は 屋敷裏 東勝寺で自害
その先に 高時腹きりやぐらが

201409058

材木座海岸近く 久品寺 新田義貞軍が本陣を置いた場所
義貞が 北条氏の菩提を弔う為に創建

201409059

大蔵幕府跡 源頼朝が鎌倉に幕府を創った時の幕府跡
清泉小学校に 裏には 頼朝 大江広元の墓があります
1180年から1225年まで

2014090510

宇津宮辻幕府跡 北条政子が亡くなった後 幕府を
移転 1225年から1236年まで 雪ノ下教会近く

2014090511

若宮大路幕府跡 1333年 鎌倉幕府崩壊まで
鶴岡八幡宮近く 住宅街の中に 碑が

2014090512

鎌倉宮 明治2年 明治天皇の命により建立 護良親王の
最後の場所に

後醍醐天皇の子 元保の乱後 参戦 討幕後も上洛せず
足利尊氏 後醍醐天皇と反目 捕らえられ 鎌倉に送られ
此処 土牢に監禁される
高時の子 北条時行が鎌倉を攻めた時 尊氏の弟 直義の
命を受け 殺害される

2014090513

鎌倉宮から少し離れた場所に 護良親王の墓

2014090514

日野俊基の墓 鎌倉幕府討伐の為に 勢力を募る 一度は 
日野資朝と供に捕らえられるが 資朝は佐渡に流刑されるが
俊基は無罪放免されるが 再び 討幕容疑で捕らえられ
鎌倉に送られ 源氏山公園近くの葛原岡で処刑される

近くには 祭る葛原岡神社がある


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.01

太平記 その1 赤坂千早城に

先日 関西で法事が前泊で 前から行きたかった
太平記の赤坂千早城に行って来ました

まず来ない 南海高野線 河内長野駅からバスで
金剛山ロープウエー行き 金剛登山口で下車すぐ近くに
千早城祉 大手門階段が

201408311

急な階段が 楠木正成 元弘の乱の舞台になった場所です
後醍醐天皇 側近により北条氏 討幕計画が漏れ
天皇は 笠置山に避難 その後捕らえられ 壱岐に流罪
正成も討幕に参加 下赤坂城で幕府軍と戦うが
破れその後姿を消す

再び 赤坂千早城に正成がろう城 これに数万の幕府軍が
再び攻撃するが 1000人の楠木軍が奇策により
100日間持ちこたえる 後醍醐天皇は壱岐を脱出
鳥取の船上山に立て篭もり 討幕の論旨を全国に発す 
京都 六波羅探題を足利尊氏が襲い 新田義貞が新田郷から
鎌倉幕府の討幕に 鎌倉幕府は滅亡

楠木正成が千早城 落城後 金剛山に逃亡
鎌倉幕府討伐の影響をあたえた城が 千早城

山全体が砦 南 北 西は断崖 東は金剛山に
通じ 水脈を切ろうにも水源はあり 幕府軍も
攻め揚げる 食料なども地元だけに抜け道から
運ばれたのでしょうか?

201408312

急な階段25分位で 平地に 二の丸 三の丸に

201408313

その先に 本丸のあった場所に 千早神社が
神戸 湊川で戦死した 楠木正成 正行兄弟が
祭られています

201408314

昨年 有馬温泉に行った時 湊川神社に 
湊川の戦いで楠木軍が最後に立て篭もった場所で
切腹 その場所が殉節地に

次は 太平記の舞台となった 新田郷 足利郷 鎌倉に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »