« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015.11.23

静岡 浜松に

浜松に 行くのは初めてです
名古屋 単身時代 新幹線から浜松駅 近く
にアクトタワービルが見えると 新横浜まで半分の距離
で 思い出があります

武田信玄が 上洛?途中 1572年12月22日徳川家康が
浜松城付近で惨敗した 三方ヶ原の戦いを見に行って
来ました

その頃 織田信長が周囲に敵が多数あり動ける状態でなく
織田軍の応援もそれほど出せない状態でした
室町幕府最後の将軍 足利義昭が信玄に信長討伐令をだし
甲府より上洛軍が 静岡 長野の県境 青崩峠よりは遠江国に

201511221

甲府を出た武田軍 3つのグループで 山県昌景軍は遠江国の
城を攻める  武田軍 進撃ルート

武田軍本体も加わり 一言坂で 武田軍と徳川軍が激突
多数に無勢で 徳川家康は敗れ しんがりに 本多忠勝が
受け持ち浜松城に逃げ帰る

有名な言葉 家康には過ぎたるものが二つあり 唐の頭に
本多平八 

次に 武田軍は 天竜川上流の徳川主要支城二俣城に 武田勝頼が
水脈をきり 落城させる

201511222

二俣城近くの 清瀧寺 家康 嫡男 信康の廟

同盟関係で 信長の娘 徳姫と家康 嫡男 信康が結婚
その後 徳姫の信長への手紙で12箇条の弾劾文が書かれて
おり 信康と母 築山殿が武田に内通している内容が
信長が激怒 信康と築山殿の処分を家康に命じる

信康は此処 二俣城で切腹

家康 駿府 今川家で人質になっていた時 今川義元の姪
築山殿と結婚 その後家康とは仲が悪く 上記事件で
浜松城郊外で殺害される 墓は城近くの 西来院に

側室は多数いたと思いますが 築山殿後 正室になったのは
秀吉 妹 朝日姫 二度目の結婚後 家康との関係融和の為に
離婚させ 家康との結婚を決める この時 44歳
政略結婚とはいえ 秀吉 やりすぎ 

清龍寺前 旧役場に本田宗一郎のもつくり伝承館が
本田さんはこのあたりの出身でしょうか?

201511223

浜松城 岡崎城と比べても小さな感じ

家康 今川家で人質に 今川義元の上洛時 信長の奇襲により
桶狭間の戦いで義元が敗れる 家康は三河 岡崎城に戻る
その後 今川家は衰退 遠江国は 武田信玄と家康は対立
戦略上 城を岡崎から浜松に移す 岡崎城は信康に

201511225

浜松城天守より北側 三方ヶ原方面

201511227

三方ヶ原霊園内 三方ヶ原古戦場の碑

二俣城落城後 武田軍進軍ルート

二俣城 落城した武田軍 国道152号進んだ後 浜松城に
向かわず 東名高速過ぎた付近で方向を変え 国道257号方面に
三河 野田城に向かう これを見た 徳川家康 浜松城の存在を
無視されたのを怒り 追撃 武田軍 祝田の坂で転身 徳川 織田軍
鶴翼の形 武田軍と激突 徳川軍 敗退 浜松城に逃げ帰る
その後 武田軍の追撃はありませんでした

三方ヶ原の戦い

何故か違う 戦いの場所 平地です 台地のイメージでしたが

途中住宅街に 浜松基地が 航空自衛隊の空港が

201511226

犀ヶ崖の戦い 逃げ帰った 家康 夜襲をかけ 武田軍を崖から落とし
死傷者を出している

犀ヶ崖資料館があり 聞いてみると 三方ヶ原の戦いの場所は不明
だそうです 納得

201511224

浜松城に逃げ帰った家康 描かした自画像 恐怖の為に 途中
馬の上で脱糞

災難はこれ以外に 本能寺の変の後 大阪 堺見学時発生
少ない家来で 岡崎城まで逃げ帰り

武田軍すぐには三河には入らず 浜名湖北部で越年 信玄の病状が
良くなかったか 野田城落城後 西に向かわず 甲州に撤退
途中 信州駒場で信玄死亡 上洛は難しかったかも 信長は強い

信玄死後 遺体は甲府に運ばれ仮埋葬

3年間は死情報は伏せられ

3年目 勝頼が喪主になり 恵林寺で葬儀

信玄死の情報は 織田信長 上杉謙信には
解っていた

201511228

遠江国侵略ルート

掛川近くの 高天神城に 信玄も落城出来なかったが 武田勝頼が
落城した城

武田の 遠江国侵略ルートは信州街道とは別に 甲府から駿府に
出る 身延道がありこの要所にあるのが 高天神城です

信玄死後 武田勝頼 徳川 織田連合軍に長篠の戦いで大敗

その後 徳川 織田連合軍に武田家は滅亡

201511229

帰宅の途中 牧之原台地に 三方ヶ原はこの様なイメージ
でした 大井川が見えます

台地上部に 退職前に行った 富士山静岡空港があります
中部空港と羽田空港の間で利用客はあるのか 当時は沖縄と千歳
便のみでした 空港の地下に東海道新幹線が駅を造る計画も
ありましたが

最近新聞記事を見ると 円安 中国特需で定期便が 1路線
から14路線に増加 出入国者数では 那覇空港についで
6位 福岡空港より多く 20万人 本当に中国特需

2015112210

空港に出張時 島田駅付近のホテルに泊まりましたが
大井川の蓬莱橋見ましたが

大井川の川渡し 上流の為に見る事が出来なかったので
今回 見学 東海道 島田宿から此処で川渡しに
保存状況はあまり良くない 隣は立派な博物館が

2015112211

浜松 何を食べるか うなぎが定番ですが 静岡では三島が一番でパス
静岡ローカルフード げんこつハンバーグ さわやかに
静岡のみ 28店舗展開 浜松高丘店に

横浜にも 同じような形態のハングリータイガーが一時BSE問題で
店舗が激減 横浜8店舗 名古屋 海老名に

200gのおにぎりハンバーグ注文 少し生焼けです 付け合わせ
など不満ですが リーズナブル 雰囲気ではハングリータイガー
帰る時は 待っている人でいっぱいでした


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.14

高尾山に

先週 夫婦で高尾山 紅葉狩りに
二十代の若い頃 沖縄に転勤 沖縄では四季の変化が
あまりなく桜はかろうじありますが 紅葉などなく戸惑
歳をとると 紅葉がある本土は本当に良いと思います

ミッシュランで三ツ星に選ばれた 山では富士山と高尾山
以前来たのですが 記憶はほとんどなし

北島三郎 ユーミンで有名な 八王子は2週間で3度目の訪問
 
京王電鉄で高尾山口に行くので 横浜から
東横線 武蔵小杉 南武線 分倍河原 京王線で
南武線 武蔵小杉~武蔵溝ノ口乗るのは 30年ぶり
以前の住んでいた場所 分倍河原で乗り換え ホーム
より駅前に武者姿 乗馬の像が見えました

鎌倉幕府討伐の為に 新田義貞が多摩川を挟んで
幕府軍との戦いの場所 

2時間かかり 高尾山口到着 乗客はほぼ高尾山目当て

201511131

ケーブル乗り場 行列40分待ち 一人であれば歩いて登った

201511132

もみじの木など多いのですが 紅葉しているのは一部です
22 23日連休以後が見ごろですかね

201511133

ケーブルカー降りた所に展望台 この場所は夏場ビアガーデン
になっており 人気場所に 奥さんはうどん 私はビール
新宿 横浜かろーじて見る事が出来ます

後ろ側では 圏央道 中央高速の八王子JCT トンネルの
右側の山が先日訪れた八王子城址 本丸跡の下は圏央道の
トンネル上部です 左側に伸びているのは中央高速道
この先に 小仏トンネルが 圏央道建設時 高尾山破壊に
つながるとの事で反対運動 影響なければ良いが

201511134

薬王院に 途中の歩道は良く整備されていて 気楽に登れる
年間登山者数300万人人気があるのも解る 寺に参る 
此処より15分で頂上 今回は登らずに 下山 
紅葉情報もう少し調べていけば良かった

先週 三菱重工 県営名古屋空港で YS-11以来 50年
ぶりに国産JET飛行機 MRJ 飛行 以前この空港に勤務
転勤後 訪れましたが 航空会社は 知多半島
セントレアに移動 自衛隊とJALの子会社のみで閑散と
していましたが 空港近辺の三菱重工は残っていたので
懐かしく 初飛行見ました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.09

八王子で講演会

201511081

先週土曜日 東急スクエアービル 12階 八王子市学園都市センター
で 講演会 小田原北条氏の関東支配と八王子城に行って来ました

講師は 都立大学名誉教授 峰岸純夫さんです
書籍を見てると 中世社会の書籍が多く見られます

14時開演 会場約200席はシニアで満員です 1時間半の講演に
聞き惚れてしまいました

小田原北条氏 祖は伊勢新九郎盛時 北条早雲 通説では
伊勢に生まれた浪人が 姉妹が嫁いだ 今川義忠を頼っ静岡 駿河に 
その頃 関東では 享徳の乱で 下剋上の戦国時代に
西国では 京都を中心に 応仁の乱に まさに戦国時代に突入
早雲 駿河 伊豆を占領その後 小田原城を奪還し後北条家を
その後相模を平定 87歳の時 嫡男 氏綱に譲る

2代目氏綱は武蔵を平定 中興の祖 
3三代目氏憲は上野 下野 上総 下総を平定 河越野戦では
足利晴氏 上杉憲政 朝定を破る 日本三大奇襲 

4代目氏政も安房 常陸を征服 関東はほぼ後北条に
3代目氏康と食事中 ご飯に汁を二度かけたのを 氏康が
毎日食べている飯に二度も汁をかけるのは解らないでは
北条も氏康の代で終わると嘆く 小田原評定が長くなった
のも 氏政の性格のせいか?

話は 八王子城ですが 1546年 先ほどの川越野戦に
山内 上杉家 武蔵守護代 大石氏は北条家軍門に下る
その子が 氏照 八王子城主 豊臣秀吉 小田原城攻め
時 氏照は小田原城に 部下を含め籠城応援の為に
八王子城は留守に

軍事的に重要な場所 1590年 6月23日 八王子城落城 7月11日
氏政 氏照は自害 5代目 氏直は妻が徳川家康の子の
為に 高野山に送られる

峰岸さん 現在 来年の大河ドラマ 真田丸 真田の城
名胡桃城を市長に頼まれ 監修しているようです
近くに高速道路があるので 国指定は難しいそうです

この城こそ 小田原征伐のきっかけになった城です

峰岸さん今年83歳 記憶も確かで 歴史を語っている時
楽しそうで すらすらと古文書を読むのは 憧れます

八王子 電車で初めて行きました 町田で小田急から
JR横浜線で1時間位 都会ですね 大学も多く 旗を
数えると 26校も 娘も大学は八王子 1度車で行きましたが
山の中でした

今週は再び 紅葉を求め 高尾山ハイキングに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »