« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016.01.26

島原の乱 原城 熊本城 本丸御殿

島原の乱の舞台 島原城 原城に 又 熊本城
本丸御殿 見に行って来ました

2015012211_2

長崎空港 大村市より諫早経由で島原市までバスで二時間
以前 雲仙は行った事がありますが 島原は初めて
以前は島原半島は 有馬晴信が治めていましたが 岡本大八事件
で失脚 その後 奈良 筒井順慶の家来 松倉重政」が
島原 有馬氏の城 日野江城主に支城には原城が
徳川時代 一国一城で 日野江城 原城を廃城にし
新たに 島原城を築城 松倉氏 有馬のキリシタンの影響
を排除する為に 南島原から島原に移す

島原の乱で松重氏処分のあとは 徳川家の松平家が藩主に

松倉氏は四万石の財政ながら 築城とが財政上厳しくなり
年貢を厳しく取り立て又江戸に参勤交代時 幕府にキリシタン
と取り締まりを厳しく叱咤される 確かに 島原から南島原
まで農地もあまりなく厳しい状況を感じます

201501223_3

城の一階はキリシタンの資料が展示 雲仙 地獄谷に投げ
込んだり 弾圧の様子を展示

1637年10月24日頃より 一揆 キリシタンが立ち上がり
26日には 島原城を攻めるが攻めきれず 原城に移る

201501222_2

島原から原城址に 以前は島原から半島先端 口之津 天草への
フェリー乗り場まで 島原鉄道が走っていたのですが現在廃線
路面バスで26Km1時間の旅 南有馬小学校に

途中 深江付近 以前普賢岳の噴火 火砕流で報道陣が犠牲
になった場所 普賢岳の隣に平成新山 溶岩ドームがあり
地震 噴火で崩落の可能性も 右側は眉山 1792年に雲仙岳
の火山性地震が発生 眉山が崩れ 島原市内に土砂流れこみ
大災害に 島原大変 島原城から良く見えます 城は大丈夫
だったようです

南有馬小学校から歩いて20分位 有馬キリシタン遺産記念館
に原城の発掘 キリシタン関連品が展示

201501224_2

原城跡バス停前 意外と開けた場所 右側に本丸 見えません
此処に 幕府軍 12万5千人が攻めかける

歩いて左側に 三の丸 板倉重昌 碑

201501225_2

板倉重昌 碑 徳川の家臣 幕府 一揆掃討軍の代表に
何せ 身分が低く 持久戦ではなく 強行に攻めるが
九州の大名は従わず 板倉重昌 撃たれ戦死

その後 知恵伊豆 松平信綱を派遣 板倉重昌が寂しい

201501226_2

原城案内図 今は無き 島原電鉄の線路書かれています

201501227_2

とにかく広い 二の丸から本丸方面

201501228_2

本丸前 空堀 本丸を孤立する為に掘られました
三方 有明海に囲まれています
廃城から本格的な城になっています

2015012210_2

原城本丸から 二 三の丸方面 4Km先に 日野江城が

1638年1月4日 幕府総代表第ニ陣 松平信綱が原城到着
 平戸から来たオランダ船より砲撃するが命中せず

原城に立てこもった 男女子供 島原領 24842人 天草領 2892人

信綱は持久戦で攻める 2月26日 幕府軍総攻撃を決める
立てこもった領民 全て殺される

幕府はなにを恐れたのでしょうか その後三代将軍家光 鎖国を決める

島原藩主 松倉勝家は 切腹ではなく斬首 天草領は 4万石削られ
唐津藩主 寺沢広高はその後自害


201501229_2

本丸隅にあった 天草史郎時貞」の墓標 小西行長の家臣 益田甚兵衛
の子 天草諸島 大矢野島生まれ 洗礼名 ジェロニモ 一揆軍の
15歳の若さで 総大将に 88日間の戦いで敗れ 本丸で首を切られ
長崎に晒される

後方は有明海 口之津港からフェリー30分 天草諸島 天草下島
鬼池港 天草は熊本県です

天草 肥前は元々一揆が盛んな場所で 豊臣秀吉が九州平定後
手柄のあった 佐々成正が肥後に入るが 一揆が発生 その不手際
で佐々成正は切腹 その後 肥前には 小西行長が 肥後には加藤清正
が入る 肥前では又も一揆が発生 加藤清正の応援で平定

隣り合った大名で 朝鮮征伐では先陣争い 対立 その後 関ケ原の戦い
で秀吉 家臣が東西に分かれる原因に

小西行長はキリシタン大名でしたが 関ケ原の戦いで石田三成に組み
敗戦後 斬首される

その後天草は 唐津藩の飛び地になる 領主 寺沢広高による締め付け
が厳しく 島原の乱の原因に

2015012212_2

島原で一泊後 島原港から熊本に フェリーで一時間 高速船
では30分で熊本港

以前訪れた時 熊本城 本丸御殿建設中でした 櫨方門より
場内に 加藤清正像 熊本の方は 細川家より加藤家が好きな
のでしょうか 石垣は何度見ても迫力あります

2015012213_2

天守閣 小天守前に本丸御殿完成していました

2015012214_2


まず見たかったのは 秀吉の嫡男 秀頼をもしもの場合 熊本
に呼び その為の間と言われる 昭君の間 格天井の荘厳 華麗
です 

二条城での徳川家康と秀頼の会見に立ち合い 熊本に帰国時
発病しその後死亡 毒殺の噂も 加藤家はその後二代で改易
される

本丸御殿 二条城と比べても遜色ない立派な建物でした
天守閣は登らず帰って来ました

201501221_2

長崎空港 牡丹 ちゃんぽん 此処に来ると必ず食べます
皿うどん此処で初めて食べました リンガーハットとは違う


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.19

One Day Jazz Festival 

昨年9月 近くの地区センターで 今田勝トリオ
聴きに行きました 会場で近所の方にお会いし
来年1月に ホールで開催されるのを知りました
入場券 区民は1割り引きで購入できました

201601181

自宅の駅から二つ目の駅 いずみ中央 テアトルフォンテホール
1 2階併せて 400席位のホール改札口より1分初めて訪れました

この駅は30数年前に越して来た時は ありませんでした
25年前に いずみ中央駅まで延伸 戸塚区より分区 駅前に区役所
も出来ました
その後 16年前に小田急 湘南台駅まで延伸しました

平塚まで延伸予定ですが バブルがはじけた現在無理かな

それに対して 首都圏に延伸の工事が進んでいます
相鉄 JR 東急の相互乗り入れ計画 2-3年先に開通予定
新宿 渋谷には横浜駅で乗り換えず行ける予定

201601182

以前は 昼間より開催される 隣の区 旭ジャズまつりに行って
いましたが 夏の暑さ 開催時間の長さで遠慮しています
又 関内 野毛のライブハウスも寝る時間が早くなり遠のいて
います

旭ジャズまつり 横浜ライブハウス

午後3時半より開幕 今田勝トリオ含め4組が出演予定
ONE DAY JAZZ FESTIVALは同区の今田勝を中心に
10数回開催されているみたい 知りませんでした

JAZZ ENSEMBLE 阿夫利 

伊勢原市の方が演奏する 20人ぐらいの市民バンドとは
思えない位の力量 阿夫利は大山 阿夫利神社が由来

Big18オーケストラ

戸塚区の日立製作所で結成 同じく20人位のビッグ
バンド 歴史が50年あり迫力 あります

エバーグレイズ

 5人のフィージョンバンド マスターは今田勝さんの
息子さん あきらさんです 最後の曲は 勝さんと共演
息子さんお父さんにそっくりです

今田勝トリオ 今田勝(P)稲垣譲(B)守新治 (Ds)
      + 皆川トオル(TS) キャロル山崎 (Vo)

 今田さんトリオ安定感あります テナー 皆川さん上手い
 現在 横浜で活躍中 キャロル山崎さん 華かあるボーカル
たまには スイングするのも良いものです

 名古屋より横浜に転居した時 場所の関係で持っていた
ジャズのレコード150枚位処分 現在同じCDで100枚
位になりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.09

北鎌倉 原節子さんの足跡

昨年 新聞地方版に 北鎌倉 原節子さんの足跡
の記事が 昨年末に 大船 鎌倉を訪れました

原節子さん 昨年9月に95歳 神奈川県の病院で死亡
発表は2か月半遅れで 発表されました

原さんは 横浜 保土ヶ谷区の生まれ 横浜の女学校
から 映画デビュー 日本のグレタ ガルボと言われ
ドイツ人とのハーフと思われたのですが 純粋の日本人
でした

1962年の映画を最後に 表には出ず 50数年
鎌倉で隠居生活 

201512301

松竹大船撮影所 現在は 女子大になっています
東京鎌田撮影所から1936年に移転2000年に閉鎖
小津安二郎さん 映画の撮影 渥美清さんの男はつらいの撮影が
行われた 閉鎖の前 3年間 撮影所の一部に鎌倉シネ
マワールド出来 寅さんのセットが展示されていましたが
見に行きましたが いまいちでした

小津さん 撮影中は撮影所の監督室に寝泊まり 撮影所が
火災でやむなく 茅ヶ崎の旅館住まい

小津作品には 原節子さんと共演 男はつらいよ で和尚さん役で
お馴染みの 笠智衆さん 山田洋次さん監督での作品 家族 長崎の
炭鉱から 一家で新世界を目指し 北海道 中標津までの移住のストリー
一家のおじいさん役で出演していましたが記憶に残る作品でした
此処大船にお住でした お墓も大船にあります

201512302

北鎌倉駅に 小津安二郎さん 茅ヶ崎の旅館住まいの後
お母さんと北鎌倉に住居が 北鎌倉駅より鎌倉方面に
源氏山ハイキングの道 浄智寺近く 何回か源氏山に行く
時通りましたが気が付きませんでした 駐車場のわきに
トンネルが 抜けた先 左に曲がると 小津さん宅です
私道なのでトンネルには入れません

1963年 小津さんは東京の病院で亡くなるのですが
その後遺体は此処にはこばれてくるのですが
前年 芸能界から引退していた 原節子さん この
トンネルを抜けて お通夜に 小津さん享年60歳 生涯独身

小津安二郎さん作品 私は見たことはありませんが
低いアングルから固定した画像 テーマは家族
ヨーロッパで評価が高い

江東区深川生まれ いかにも江戸っ子らしい顔つき

小津作品には 北鎌倉駅 晩春と麦秋 駅名が左書きに変わった
だけで 駅舎 ホーム変わっていません

201512303

小津安二郎さんの墓は 北鎌倉駅の円覚寺に

201512304

昨年亡くなった 原節子さん 引退後 竹林で有名な護国寺近くの
浄妙寺付近 映画監督の義理の兄の敷地内に増築して生活

過去に 東京の土地売却で長者番付で75位が話題になったぐらいで
伝説の名女優でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.03

2016年 あけましておめでとうございます

201601023

新年明けましておめでとうございます

2016年1月3日の富士山 少しもやっています
元日の方が 快晴でした

201601022

元日は息子夫婦も訪れ 初詣に 鎌倉に行こうか迷い
初めての 桜木町 伊勢山皇大神宮に坂の途中から
並び 1時間の待ち時間でした

201601021

2日は 奥さん娘の大学の父兄会に入っており 箱根駅伝応援に
横浜駅に 私も久しぶりに 2区 3区中継点 戸塚に
大手町8時 スタートをテレビで確認して 駅前よりバスで戸塚に

8年ぶりです 前回 戸塚中継点
戸塚駅より歩いて20分 戸塚警察署近くの中継点
前回は各大学のテントまで行けたのですが 今回は
誘導路で通行止め 人でいっぱい 道路の先が見えない
携帯テレビで確認 応援の声が聞こえてから ランナー早い
1位の青山学院大学 最終的には 往路復路完全優勝 一度も2位
にならず 強い 青山学院大学の時代です

法政大学 戸塚中継点では 最下位20位 終わってみれば19位 
エントリーは二年ぶりでしたが 来年は又立川の予選会から

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »