« 三浦半島 三浦一族 三崎城 新井城 | トップページ | 佐賀 名護屋城址 2 »

2016.09.16

京都の坂本龍馬  1

15年前より niftyでホームページ作成
niftyよりのMAILで 2016年9月29日午後3時で
サーバーが廃止 niftyで作成時 容量が足りなくなり
infoseekの無料サーバーに振り分け infoseekも無料サーバー
無くなり リンク切れにより画面が出ず 修正に苦労しました

今回 nifty ホームページ無くします ページ作成 ファイル
転送の方法も忘れました

残したい ページ niftyのブログ ココログに移転しようと
思います ココログ ファイル残り 1.78GB残っています

まずは 歴史から 

坂本龍馬の京都

司馬遼太郎さんの 龍馬が行くを読んでから すっかり龍馬ファンです。

 土佐郷士 龍馬 土佐藩を脱藩後 足跡は 薩摩 長崎 長州 京都
と多岐にありますが  龍馬最期の地 京都に足跡を訪ねて。

 伏見 寺田屋は 大阪より船で淀川を昇り 京都にアクセスするには
交通の要所  薩摩藩の指定の宿となっていました。その縁で龍馬も
京都に行く時は定宿としていました。

 寺田屋では 大きな事件 二つもあります。

 1) 文久2年(1862) 4月23日に 薩摩藩士10名が 薩摩藩により
襲撃され死亡 島津久光公が 上京時 この時期に合わせて 
急進薩摩藩士が寺田で会合    これに激怒した、久光公の命令で
会合していた寺田屋を襲撃して 何人かは殺害され 又 薩摩に連れ
戻される船の中でも殺害されています。
 この 過激な集会を辞めさせる為に 西郷隆盛が 久光公と途中
待ち合わせ場所より 上京し これが基で 二回目の島流しにあって
います。
 この時 襲撃に参加した 薩摩藩士 奈良原喜左衛門が 確か 
江戸より帰路で生麦事件を起こしています。

 2) 慶応2年(1866) 1月23日 これが 龍馬が襲撃された事件
  百数十人の伏見奉行配下に急襲されるが、おりょうさんの機転で
   龍馬はピストルを撃ちなんとか、逃げ延び 伏見薩摩屋敷に避難
  これが基で おりょうさんと結婚 この時 龍馬 指を切断する
キズを負うキズの静養と避難の意味で 西郷の進めで 二人 
霧島に新婚旅行。

  龍馬の最後はあっけなく 近江屋に 偶々 訪ねて来た 中岡慎太郎と
  先の三条大橋乱闘事件で新選組に捕らえられた元土佐勤王党の宮川
  助五郎の  身柄処置ついて相談中に 突然訪ねて来た 何者かにより 
  暗殺されました。
  中岡慎太郎もその後 亡くなりました。
  龍馬 33歳の誕生日の日に

  もう少しで 大政奉還がある前に 日本最初の会社 亀山社中を作り 
薩長同盟を  成功し 船中八策でこれからの日本の形を提案 龍馬は
新政府には入らずそんな 龍馬が 大好きです。

  維新と友に 青春を駆け抜けた 龍馬!

伏見 寺田屋

Ryou1

伏見 寺田屋

Ryou2

龍馬 襲撃された時 龍馬が発射した弾丸の後  梅の間 床の間の横の柱

Ryou3

階段の下右側が風呂場で おりょうさんが入って裸で 階段を駆け上がり 
龍馬に知らせ襲撃の難を逃れる

霊山護国神社

Ryou4

霊山神社 墓地 蛤御門の変で死亡した 長州藩士 久坂玄瑞 来島又兵衛の墓
高杉晋作? 確か 長州で病死したはずだが

Ryou5

龍馬の墓の前から 京都市内が一望できます

Ryou6

坂本龍馬 中岡慎太郎遭難死した 近江屋があった場所
京都では 酢屋を定宿にしていましたが
襲撃の可能性がある為に近江屋に移り襲撃される
四条河原町の交差点から100M位の所

Ryou7

霊山神社 墓地

左が 坂本龍馬 右が 中岡慎太郎の墓

龍馬の妻(龍子)さんの墓

Ryou8

龍馬の妻 龍子 おりょうさんの墓
横須賀の信楽寺にありました。
龍馬死後 長州 土佐に住みましたが
その後 横須賀で再婚して 此処に
墓には 贈正四位阪本龍馬之妻龍子と書いています

移行作業大変 29日まで 作業続けます

|

« 三浦半島 三浦一族 三崎城 新井城 | トップページ | 佐賀 名護屋城址 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47003/64211578

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の坂本龍馬  1:

« 三浦半島 三浦一族 三崎城 新井城 | トップページ | 佐賀 名護屋城址 2 »