« 後北条 五代の最後 6 | トップページ | 水彩画もどき 8 »

2016.09.21

真田 上田城 7

真田 

天下分け目の戦い時 真田家は 長男 信之は 徳川側に 次男 幸村は
徳川に憎しで 上田城で 中仙道を関が原に向かう 徳川二代目将軍 
秀忠を上田城で ゲリラ戦にで戦い 秀忠 関が原の戦う時間に間に
合わない事態に

それ以前にも 家康 一時は 家康に従属するが 上杉に幸村を人質として
送りそれに恐れた 家康 真田討伐 上田城攻撃するが 敗退

武田滅亡 信長 本能寺の変で無くなった後 沼田ー上田間は 北条 
上杉 徳川の最前線 晶幸 上田城築城決意 その城で二度まで徳川撃退

この時期 どちらに着くのが 当たり前の時期 長男 信之は徳川に 
晶幸 幸村は 豊臣に 関が原後 多分 本多忠勝を通じて 家康に
お願いして 切腹は免れたが 九度山に謹慎無念 晶幸は 病死 
その後 幸村は 大阪城の申し出に 尊敬する秀吉のその後の為に
大阪城に入場 冬の陣では 真田丸を 一番弱い部分に 築き 
徳川軍を大いに悩ます

夏の陣では 家康の本陣まで攻め 三方が原の敗北と同じ様な 
家康を経験さすが結局は 死亡 九度山で生まれた 息子 大助も
大阪城で 死亡

真田家は その後 長男 信之 同じ長野 松代藩に移封されるが
残った

それにつけ 武田勝頼 織田 徳川軍に 攻められた時 晶幸の
申し出に従い吾妻渓谷の岩櫃城に避難していたら 天目山での自害無く
武田滅亡は なかったな。

上田城見た感じ いかにも 戦国の平城 晶幸が取り組んだ 
城の状況が良く解ります
城作りに使用した 石材は 後ろの山 太郎山より シュラで運んだ
そうです

上田城

Sanada1

西 南櫓 石垣だけではなく土塁も 昌幸が 築城

Sanada2

本丸西側 堀と土塁 素彫り

Sanada3

真田井戸 城外脱出用? 抜け穴

Sanada6

東虎口櫓門

Sanada7

真田石 信之が松代に移封時 持って行こうとしたが動かせなかった


|

« 後北条 五代の最後 6 | トップページ | 水彩画もどき 8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47003/64235651

この記事へのトラックバック一覧です: 真田 上田城 7:

« 後北条 五代の最後 6 | トップページ | 水彩画もどき 8 »