« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016.10.27

田部井淳子さんが亡くられました

先日 10月20日 享年77歳で 田部井淳子さんが亡くられました
新聞を読んでいると 経歴がのっていました
1975年 エベレスト女子登攀隊が 副隊長として 女子として
史上初めての快挙

本棚整理した時 1975年3月26日~4月12日まで 二人で
ヒマラヤトレッキングした 報告書出てきました

4月4日にシェルパと二人で カラパタール 5545M登頂
当日は晴れで正面に エベレスト 隣に ローツエ クーンブ
氷河の先に プモリ 氷河を見ていると あの世の世界の印象

その時 下側に エベレストベース キャンプに多数の
テント見えました エベレスト女子登攀隊だったのか?
調べると エベレスト登頂 1975年 5月16日

エベレスト女子登攀隊を目指したわけでありません 偶々です

ネパールにいた時 エベレスト 初登頂 ヒラリーの奥さん
が カトマンズ空港で 事故で死亡 インターネットない
時代 良く情報が 又 ツアーなどなく よく行けた
と思います 会社も三週間の有給 若いと怖いものなし

田部井淳子さん ホームページ

福島 三春 出身で 大学卒業後 夫婦で谷川岳で腕を
磨いたそうです BSテレビで 地元 安達太良山に登山
楽しそうで 素朴な方でした ご冥福を

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真田の城 関東7名城

先日 三国街道からの帰路 真田家の城 関東7城
観てきました

201610241

国道17号 三国街道から 沼田の近くに 名胡桃城址
豊臣秀吉 薩摩 島津義久を降伏させ 九州を征服
西日本も統一 天下統一には最後 関東の北条氏のみ
北条氏直を上洛させる為に 真田昌幸の沼田領土問題
1589年7月に 秀吉の仲介で 沼田城を含め昌幸に割譲を
認めさせる 但し 名胡桃城は含まれていなかった

同年11月 北条家臣は名胡桃城を占拠
真田昌幸が秀吉に訴える 秀吉は待ってたと思い
小田原征伐にふみき 秀吉の天下統一が完成

何故 真田昌幸がこの城に固執したか 先祖の墓が
あったか 疑わしい 不明 但し 三国街道沿いにあり
軍事的に重要な場所

現在 整備中 空堀も深い

201610242

名胡桃城址 本丸から 沼田方面 山影で 沼田城址
見れません

タモリが絶賛した 利根川の河岸段丘 福岡で高校時代
地図を見て絶賛 早稲田大学入学後 すぐに沼田に行った
そうです 先日 ブラタモリで沼田訪れていましたが 
楽しそうでした

201610243

沼田城址 河岸段丘に築城 現在は公園になり 城壁に一部
のみ 沼田駅も下の方に見え 丘の上に築城

沼田氏が築城 その後 上杉謙信が奪うが 沼田三人衆が支配
上杉謙信死後 景勝の命で 真田昌幸が凋落して落城
その後 秀吉の命で 北条氏が支配 小田原征伐後は 昌幸
嫡男 信之が支配 その後 上田 松代に移り 真田家は幕末
まで残る

家康 上杉景勝を攻める為 会津に 徳川軍に合流の為に
真田昌幸 信繁(幸村)親子 上田より 真田信之は沼田より
途中 栃木 佐野市の犬伏で 親子三人で話し合い
昌幸 信繁は大阪につくことを選び 信之は家康を選ぶ

真田親子 上田に帰る途中 孫の顔見る為に 沼田城に
留守を守っていた信之の妻 小松姫 (徳川四天王の一人 
本多忠勝の娘)親子で分裂したので 小松姫は城に入る事
を許さず 真田昌幸 信繁は上田に帰る事に

NHK 大河ドラマ 真田丸の影響か 真田信之 小松姫の
新しい銅像が 後方が本丸だそうです 広場のみでした

201610245

真田親子が相談した 犬伏の分かれ 栃木県佐野市 薬師堂です
室内は狭い 近くに 大庵寺があり 此処は広いお寺
です 寺で探しましたが 真田 会合の説明ありませんでした

大河ドラマ 真田丸 夜早く寝るのでほとんど見た事ありません
先日 土曜日 再放送観たら 九度山で14年間 生活後
大阪城 入城でした まもなく 大阪城 冬の陣 真田丸 活躍
します

201610246

高崎市郊外 箕輪城祉 長野尚業が築城 戦国時代 山内上杉氏 
上杉憲政の重臣 戦国時代 長野業政は 関東管領 上杉憲政を
支える 武田の攻略をさしとどめる

北条の小田原征伐後 徳川家康は関東に領地替え 四天王の一人
井伊直政が城主に その後 高崎城に転移 その後 琵琶湖近く
彦根城に

以前 高崎城址に行った時 箕輪城址を見たくて行きました

2016102412

関東7名城

川越城 忍城は以前訪れました 宇都宮城 多岐城は遠いので
今回はパスします

前橋城 古くは 厩橋城と呼ばれました 城の跡はほとんどなく
城址は 群馬県庁です 福井城と同じです

厩橋城は 上杉謙信 越後より三国街道を通り 関東進出の時の城
その後 北条氏の城となるが 武田 織田信長により滅ぼさせると
武田勝頼を死亡させた功績により 信長 家臣 滝川一益に上野国
を与えられ 前橋城に入る その後 信長 本能寺の変で明智光秀
に殺害されると 周りは敵だらけ 滝川一益は中山道を通り伊勢長島
に逃げ帰る その為に 信長死後 後継者の選ぶ 清州会談には
まにあわず 秀吉の思うままに

201610247

郡馬県太田市 新田金山城 

良く保存されています 山城の様子が良くわかります

新田義貞が築いたとの説がありますが 違うようです
世良田 新田荘には城らしいものがなく 此処が新田の城かな
と思いました

小田原征伐で秀吉軍に攻撃をうけ落城 その後廃城

201610248

頂上 本丸跡に 新田神社が

201610249

金山城から 太田駅 富士重工の工場 昔 中島飛行機の工場が
右の方に 利根川近く 世良田 新田荘 鎌倉 北条幕府崩壊が
此処から始まる

2016102410

下野国南部 唐沢山城 越後 上杉謙信 小田原 北条氏 二大勢力
に挟まれた場所 永禄には 10回もの死闘が繰り替えますが 落城
はしませんでした

永禄3年 1560年 2月の戦いでは唯一 佐野昌綱と謙信は手を組んで
北条氏政と戦い 三万人に包囲され落城寸前 越後より応援に駆け付
けた 謙信 40騎ほど従え 中央突破 北条は包囲を解き撤退

2016102411

頂上 本丸跡は唐澤山神社になっています
平将門の乱の将門を討ち取った 藤原秀郷が祭られています

歴史上 天皇を名乗ったのは将門だけでしょう
舞台はこのあたりでしょうか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.19

なでしこリーグ2部第18節

2016プレナスなでしこリーグ2部第18節 ノジマステラ神奈川相模原戦

今季 最終戦 横浜FCシーガルス 残った 0-3で大敗しましたが
8位 かろうじて2部残留 勝利した ノジマステラは首位 1部に自動昇格

201610191

神奈川県立保土谷公園サッカー場で 初めて訪れました
保土ヶ谷公園野球場 高校野球の県予選位の会場位と考えていま
したが サッカー場 専用グラウンドで天然芝 三ツ沢球場と
同じ位見やすい

保土ヶ谷公園隣 時々家族で行きます 横浜新道 戸塚方面で左側に
見える 横浜市民 誰もが知っている ハンバーグ ハングリータイガー

但し 保土谷公園 丘の上 相鉄 星川駅より15分の予定が20分
着いた時は試合開始していました 最終戦なので観客多い
メイン スタンドは満員 芝生席に

首位 ノジマステラ 以前見たときは 試合運びがうまく印象
ぼこぼこで負けましたが 

10月16日(日) 13:00キックオフ 前半粘り 0-0 ひょっと
して勝利 今季 ケガの為に リタイアしている
11 FW 吉田 瑞季さんの復帰期待していたのですが 無理
だった

201610192

終わってみれば 後半 3点取られ 負けました

試合結果

2部昇格後 初シーズンでしたが かろうじて残留
来季こそ 1部昇格 期待

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.17

国道291号 一ノ倉沢 三国街道

2016101311

上杉謙信 日本海側 上越市 春日山城から 関東に13回
遠征しています 通常は谷川岳を回るように 三国街道を通る
のですが 古い文書では ショートカットで 清水峠を通り
沼田に このルートは現在 国道291号線 水上からは一の倉沢
まで舗装道 この道は明治18年に4年かけて完成 馬車が通過
出来るように舗装されていましたが 翌年 水害により清水国道
崩壊 廃道に

上杉謙信 関東遠征時 三国街道から六日町から松乃山街道で
春日山城に このルートでは冬場は無理

201610131

国道291号線で JR上越線 土合駅 ホームが地下で この先は
線路 高度をかせぐ為に ループ線になっています
駅前には多数の車 此処から谷川岳に登山するのでしょうか
駐車場は無料のようですが?

201610132

一応国道291号線 谷川岳ロープウエー駅以降は 5年前から
車は通行禁止 一の倉沢まで舗装され平たんな道 カーブミラー
があり 以前は車が通行していた面影

201610135

途中 石組み 明治に造成された名残でしょうか

201610134

谷川岳ロープウェイ土合口駅から4Km弱 50分 上高地から
横尾までの様なフラットな気持良い 散歩道です

日本三大岩壁 一の倉沢 過去の登山ブーム時 800人以上 遭難者が
ギネスブックにも登録されています 岩壁見ると圧倒されます
舗装は此処で終わり その先は 幽ノ沢 清水峠に

帰りは 最近軟派に 一時間に一本の電気ガイドバスで 20分位
で到着 最初 ロープウェイで谷川岳 最高峰 オキノ耳 1997m
まで考えましたが 気力出ませんでした

201610136

バスの中で ガイドさんに教えられ 山岳資料館に
ピッケル アイゼン アイスバイル 安全ベルト等が展示
加藤保男さんの遺品も 久しぶりに名前を見ました
長谷川恒夫 植村直己 加藤文太郎など思い出しました

201610137

土合駅近く 遭難者の慰霊碑

2016101310

関越道 水上ICまで戻り 関越トンネルで 新潟県 越後湯沢に
田中角栄さんの日本列島改造論のお陰 谷川岳の下には 関越道 
JR上越線 上下 関越新幹線 4本のトンネルが 新幹線トンネル
は22Kmもあります

最近話題の バブル時造られた リゾートマンションが30万円から
購入できるので 移り住んでるシニアの方が多いそうです
温泉もあり 管理費高そう

スキー場近くに マンションが多数あります

越後湯沢駅構内 越後十日町小嶋屋 越後湯沢店でべぎそばを
ソバ粉に海草 フノリを練りこんだ蕎麦 のどごし良い 美味しい

越後湯沢から三国街道 国道17号を沼田方面に戻ります

201610138

途中 これもバブル時のレガシー 苗場プリンスホテル
若いころ 会社主催のスキーツアーで なんと沖縄から参加した
記憶が

201610139

三国街道 三国峠 三国山 1636mに現在はトンネルに
沼田方面に抜けます

上杉謙信 武田信玄との戦いで 善光寺近くの川中島に5回
京都に上洛2回 高野山にも行っています
上洛を目指した 甲斐 武田信玄 駿河 今川義元 途中で死亡
義の為とは言え 北条氏との戦いで 三国街道を通り 13回も
関東に遠征 

以後 高崎に泊まり 関東7城 真田の城訪れる予定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.08

神奈川 龍馬の妻 おりょうさん

201610081

坂本龍馬の妻 龍子 おりょうさんが横須賀で享年66歳で
亡くなって 今年で110年目です

1876年に 35歳で西村松兵衛と再婚 妹・光枝が大津に
住んでいたので 頼って横須賀に 亡くなるまで横須賀
大津に31年住んでいました おりょうの生涯展が 地元
大津コミューニテイセンターで 10月1日から8日まで開催
初めて京急電車で横須賀に 京急大津駅前に

201610084

おりょうさん夫婦 大津では4回近く 転居したのですが
間取りはどんどん小さくなり 晩年はは4畳半の間取り
苦労したのが解ります 葬式は 聖徳寺で 葬儀の写真
ありましたが 喪主は西村松兵衛 近所の方の協力で葬式
特に 維新に関係した方の出席も無く寂しいものでした

1841年 京都 医者の長女として生まれ 生活苦から
妹二人が 大阪 京都 島原に売られた時 交渉で
取り戻しています

201610088

京都 祇園近く おりょうさん独身時代 住居跡

龍馬 中岡真太郎が暗殺された 近江屋とは偶然か近場

龍馬 と おりょうさんが知り合った 伏見 寺田屋

その後 鹿児島に龍馬と新婚旅行 おりょうさんの幸せ時代

坂本龍馬 活動中 おりょうさんは 長崎 小曾根家 下関 伊藤邸 
芸西 庄屋 千屋家に預けられる

京都 近江屋事件時は 下関 伊藤家に逗留 その後 龍馬 実家
高知 坂本家に行くが 折り合いが悪く 海援隊士 千屋寅之助が
おりょうさん 妹 起美と結婚 坂本家を出て 妹が嫁いだ 高知 
安芸郡和食村 千屋家に 此処で 龍馬と交わした 手紙 燃やしてしまう

その後 京都 東京と移動 この頃 おりょうさんの噂 悪くなり
幕末藩士は離れていきます

201610085

江戸に出てまず最初
勝海舟の紹介により 神奈川宿 料亭 田中屋に仲居として働く

前の道は 東海道 台地で 横浜駅の眺めが良い マンションは多い
横浜駅 徒歩圏内 毎年行く 人間ドックの近くです

201610052

東海道53次 歌川広重の神奈川宿 日本橋を出て三番目の宿
真ん中に見える看板 さくらやが田中屋 東海道 海の近く
左側は 横浜駅 海の中です

201610086

田中屋より横浜駅方面 東口 そごうの看板が 鉄道発祥 新橋
桜木町 鉄道 何処を走ったのか?

201610051

葛飾北斎 富嶽36景で 最も有名な 神奈川沖浪裏 風景は
この様な風景 だったのか

川崎の先で生麦事件が 発生 薩摩藩 当日は 神奈川宿予定
であったが 当時 神奈川宿 付近は アメリカ フランス
イギリスの領事館が あり 復讐を恐れた 薩摩藩 予定を
変更 保土ヶ谷宿に逃げる

201610082

おりょうさんの墓がある 大津 信楽寺 二度目の訪問

201610083

坂本龍馬の妻と書かれた おりょうさんの墓
地元の意思により書かれたとおもいます

墓石の下に 置物 まっこと おはんを 好いちゅう

波乱万丈の人生 おりょうさん


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.01

神保町 御茶ノ水 本郷に

神田神保町 カレーグランプリに御茶ノ水 大勝軒が
参戦 初期の頃 山岸一雄さんが 出していたカレー
を再現 山岸さん 横須賀に住んでいたとは驚き

食べる為に 神保町に 

201610017

神保町はカレー激戦区 以前 ボンディ キッチン南海で
食べました 神保町交差点より靖国通り 小川町方面 ビクトリア
本店前に 大勝軒 御茶ノ水店
最近は つけ麺食べていません 今日はカレー注文
カレーのスープ ラーメン用の使用でしょうか まずまずの味

次回はつけ麺を食べます

201610011

大勝軒の後 御茶ノ水方面に 駅前のニコライ堂です

201610012

駅の反対側 聖橋の先 徳川五代将軍綱吉は儒学の振興を図る
ために聖堂を創建 湯島聖堂

201610013

神田明神 平将門が祭られている 神田祭を行う神社

201610014

湯島天満宮 菅原道真公を祀っている 受験時に参る神社
息子の受験時 効果なかったな

201610015

最後は 東大 安田講堂を見る為に 東大構内に
構内には三つのキャンパスが 農学部のある弥生キャンパス
工学部の浅野キャンパス 安田講堂は最大の敷地がある
本郷キャンパス

赤門 加賀藩 上屋敷があった御守殿門
幕末 上野戦争 彰義隊を攻める為に 長州藩 大村 益次郎が
鍋島藩のアームストロング砲で 東大構内より 寛永寺のある
不忍池を超えて砲撃 構内場所不明

201610016

赤門を入場して すぐ左に 正門方面に 正門より正面が
安田講堂 ニュース映像より思ったより小さい 安田講堂事件
医学部の問題から政治闘争となりその後 東大の入試も中止に

この事件後 大学闘争は先鋭化 二年後 連合赤軍 榛名山
リンチ事件 軽井沢 あさま山荘事件に

安田講堂前広場 地下大学食堂に ビール飲みたかったが
販売は午後3時より 構内のバス停より 上野 立ち飲み たきおか
落ち着く


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »