« 2017年2月 | トップページ

2017.03.18

佐賀 柳川 大宰府に

佐賀 柳川 大宰府に行って来ました

201703181

元 龍造寺の家臣 鍋島直茂が領地を継承して藩が成立
佐賀城近くにあった 本丸御殿が復元されています
熊本城の本丸御殿と比べても遜色ありません

三代将軍 家光時 1637年-1638年にかけて 島原の乱が起こる 
初代鍋島藩主 勝茂の時 長崎は幕府領の為に 九州の藩 島原
佐賀(鍋島)久留米 柳川藩が 幕府 板倉重晶で第一次 攻撃
するが 落城出来ませんでした 幕府側の死者 4000人 鍋島藩は
最も犠牲者が多く 3000人近く犠牲になっています
幕府は松平信綱を派遣 二次攻撃では 細川 黒田 鍋島 立花 
有馬藩 12万人を動員攻撃は 鍋島藩が抜け駆けして開始 その後勝利
原城は全ての戦闘員は殺害されました その後幕末まで内乱はありません
でした又その後 幕府は長崎以外は鎖国する

佐賀城前には 長崎街道があり 地理的に長崎に近い場所です

201703182

御殿内 御座間 10代藩主 直正の居室 

9代藩主 斎直 1808年 長崎で入港を禁止されている イギリス海軍
フェートン号が オランダ船にみせかけ入港 オランダ商館員 二人を
拉致 構内警備は 鍋島 福岡藩が担当 鍋島藩は 経費削減で1/10程度
100人しか派遣されず 奉行所は飲料と食料品を提供 その後フェートン号
は出港 逃げ去りました この事件をきっかけに 10代藩主 直正は
藩の近代化に努め 反射炉を建設 鋼鉄製の大砲を製作 船舶の製造
を 薩摩藩の島津斉彬と対比される

幕末時は 薩長土肥となり 薩摩 長州 土佐 肥前 幕府崩壊の雄藩となる

藩士 山本常朝 著書 葉隠 有名な文書 武士道と伝ふは 死ぬ事とは
見つけたり を書いています

201703183

鯱の門 大手口

201703184

門には 新政府 元参議になる 元佐賀藩士 江藤新平 西郷隆盛の
征韓論に同調するが 岩倉 大久保の抵抗にあい 征韓論は否定
されると 後藤新平は佐賀に戻る その後藤を首謀者による 佐賀の乱
が起こる 一時佐賀城は制圧 その時の鉄砲後です

その後 新政府軍との戦いが続き 各地で敗戦 高知で江藤は拘束される
江藤が作った 司法制度で裁かれ 江藤は死刑 斬首される

鹿児島に戻った 西郷隆盛 西南の役が起こり 西郷も自滅します

201703185

佐嘉神社 佐賀鍋島藩 10代 直正 11代 直大を祀っています

佐賀 有明海近く 広大な農地が広がり 北海道の様な風景
秋には インターナショナルバルーンフェスタが開かれます

201703186

福岡県 柳川市に 関ケ原で 西軍 石田三成に味方した 立花宗茂
に代わり 秀吉家臣 田中吉政 東軍に属する 立花が失脚後 柳川城主
に 田中吉政 元は 秀吉の甥 秀次の家老に その時 秀次は近江
八幡山城主 街造り 柳川と似ています 街に水路を創る方法

201703187

三柱神社 戸次(立花)道雪 立花宗茂 立花宗茂の妻 誾千代
道雪 娘 三体の神が祀られている

201703188

福厳寺 柳川城址の近く 立花家 菩提寺

201703189

柳川城址 柳城中学校隣 櫓を組んで 柳川城の看板が

立花宗茂 初代城主 猛将で戦国時代の一人 関ケ原の戦いで
西軍に加担し 改易になるが 徳川二代将軍 秀忠が 元の領地
筑後柳川に10万9200石与えられる 薩摩は改易されませんでしたが
復帰など稀有な事です

親は 大友家臣 高橋招運 同じ家臣 立花道雪 が宗茂の器量に
惚れ 娘 誾千代の養子のもらい 立花宗茂と名乗る
妻 誾千代は 今 大河ドラマ 井伊直虎と同じ様な存在

九州 島津軍の侵略に危機感をもった 大友 宗麟 豊臣秀吉に
援助求める 秀吉の九州平定 

宗茂二度の朝鮮征伐でも大活躍 秀吉死後 関ケ原では西軍に参戦
関ケ原には参戦せず 東軍 京極高次が城主の大津城を攻撃
関ケ原の戦いは短時間で終わったので 参戦できませんでした
歴史に ifはありませが 大津城など攻撃せず 関ケ原に参戦して
いればどうなったか?
その後改易 浪人の身で京都に滞在

戦国時代 好きな武将の一人です

2017031810

柳川川下りの乗合船の降り場 
旧柳川藩主立花家の屋敷 洋館もあり庭園は松濤園になっています
現在 立花家が経営する 旅館 レストラン 結婚式場になっています
逞しい 武家の商法です

2017031811

菅原道真の墓跡に建てられた 大宰府天満宮は3-4回訪れました
今回は 大宰府政庁跡に 西鉄大牟田線 都府楼前駅から10分
位 7世紀後半に建てられた地方行政機関 
660年 朝鮮 百済が滅亡 百済の復興をかけ 天智天皇が派兵
白村江の戦い 唐 新羅 連合軍と戦うが 大敗
唐が攻め込んでくるのに備えた施設 その後 中央から派遣される
貴族の機関場所となる

詳しくは 不明です 広大な広場に 柱の基礎石 石碑のみ 

2017031812

観世音寺 大宰府政庁跡の隣 空海 密教を習得の為に 804年
中国 西安に 2年の修行の後 博多に帰国 朝廷から観世音寺
に留まれとの命令 通常 遣唐使で渡海後20年位 中国に滞在
2年で帰国したためか 此処に1年半留まり 和泉で半年
その後京都に 昔の面影はないそうですが

宝蔵の仏像 巨大な仏像見応えあります 18体が重要文化財です

2017031813

博多駅前通り 博多駅前二丁目交差点 昨年11月8日 地下鉄工事
により 陥没した場所 セブンイレブンも見えます
すっかり陥没の影響みれませんでした 本当に駅前でした

2017031814

豚骨ラーメン 発祥の地 久留米に 宿泊しました
大砲ラーメン本店に 定番 ラーメン注文 スープは美味しい
のですが 麺は細麺 ソーメンみたいです モチモチ感ゼロ
ダメです 名古屋に6年住んでいましたが 味噌カツ 味噌煮込み
うどん食べた事ありませんでした 多分今後も 博多ラーメン
ダメです

若いころ 久留米 石橋美術館で 地元出身 青木繁さんの
海の幸 見た記憶あります 今や世界企業 ブリジストン
久留米が発祥の地 地下足袋からタイヤメーカーに 美術館は
閉鎖 財団は東京に ブリジストン美術館に HP見ると 2年後
開館になりそうですが 石橋美術館は久留米美術館に代わるようです

2017031815

博多駅から10分位 うどん平に 開店15分前到着 30人以上の
行列 人気店とは言え以上です

45分後 座れました ゴボウ天うどん注文 あまりの待ち時間で
つかれました まずまず 430円のうどん食べるには疲れます

博多駅 地下のうどん店で充分です


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.11

横浜中区 ぶらぶら

横浜市中区 同じ横浜ですが あまり行かない場所

中区 中華街 寿町 石川駅 山手 根岸を見てきました
観光地としては 海が見えるが丘公園 外人墓地 山手異人館
根岸公園などあります

201703032

中華街で朝食後 横浜スタジアムの前 寿町に日本三大ドヤ街の
一つ 先日は大阪 釜ヶ崎に行き動物園前駅のホテルに一泊ましたが 
通常のビジネスホテル感覚とは違う雰囲気でした 寿町 釜ヶ崎ほどの
迫力はありません 意外と綺麗です 但し 建物周りの自転車
の多さ 同じです

201703033


根岸線 石川町駅に此処から 山手本通りまで急な登り
近くに女子高があり 女子高校生が多い 寿町近くとは思いません

山手本通り 高級住宅街の品格 近くに 異人館 神戸の異人館
より 雰囲気は良いです

201703034

久しぶりに 海が見える丘公園に ベイブリッジが良く見えます
昨年末 IR推進法案が成立 カジノ法案 横浜が立候補 建設
予定している 場所 山下公園の横 パチンコに年間20兆円
売上があり カジノなど必要なし

201703035

山手トンネル 石川町駅より本牧に抜けるトンネル
何故か時々思い出します 中学の修学旅行で 関西の田舎より
夜行鈍行で横浜 東京に 鎌倉から横浜に行く時 バスで通った
記憶が 後 鈍行電車 東海道線 大船の観音像は記憶に残って
います

201703036

山手駅 石川町駅の次の駅です 探しました 奥まった場所
昔 鎌田で宴会 京浜東北線で横浜駅に戻る途中眠ってしまい
放送で 相鉄の大和駅と勘違い 山手駅でした 自宅まで
タクシーで帰りました

201703037

以前は 在日米軍の住宅があった場所 返還後 その場所に
ショッピングセンターを建設 確か マイカル本牧と思いましたが 
今はイオン本牧と名前を変えていました

201703038

三渓園に行こうと思いましたが 本牧通りから左側に行く予定が
右に曲がったので 三渓園は見失いました スクターでカーナビ無いので
根岸公園方面に 途中 レストラン ドルフィンに 娘が幼い頃に訪れ
荒井由実さんの 海を見ていた午後 をまねてソーダ水を飲んだのを
思い出しました

201703119

あさイチで朝粥 中華街 謝甜記 貮号店 シャテンキ
に 午前8時半にオープン 8時頃到着 早20人位の行列

モツ粥 普通を注文 大きいどんぶりで 小さめが正解
優しい味でモツがごろごろ入っています 美味しい

以前 安記 馬さんの店で食べましたが 此処の人気わかります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.03

玄品ふぐに

玄品ふぐ 横浜の関 娘に予約とってもらい
家族三人で ふぐを食べに行きました 娘とは久しぶり
です

玄品ふぐ 大阪が本店で全国に80店舗以上 展開しています

昨年 12月に下関に 唐戸市場でふぐ購入 息子夫婦に
送ったのみ 唐戸市場では ふぐ食べれませんでした

下関はふぐ漁獲量は多くなく 下関西側に 南風泊にふぐの市場
があり 袋せりで有名なせりが行われ ふぐの加工工場が集積され
とらふぐは全国の7割が集まります

1月には大阪 新世界のずぼらや本店に行きましたが 一人の為に
食べるのをやめました

大阪は 安いふぐが食べられるので 全国の消費量の6割近く消費
されています

この様な状況なので 娘に頼み今回 ふぐを食べに行きました

横浜の関に12時予約

201703031

ふぐ皮の湯引き てっさ 身が歯ごたえあり美味しい

201703032

ひれ酒

201703033

ふぐ白子 たらの白子と違い 濃厚です

201703034

てっちり その後 雑炊に

久しぶりに ふぐフルコース 堪能しました
偶には家族で外食の良いものです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ