« 市ヶ谷記念館に | トップページ | 浅草 池波正太郎記念文庫に »

2017.09.22

明智光秀 本能寺の変 から 山崎の戦い

先月行く予定でしたが 京都の夏の暑さに負け
今月 明智光秀の本能寺の変 その後 豊臣秀吉が
備中高松城よりの 中国大返しで 京都 天王山での
山崎の戦いの場所 見に行きました

9月12日の朝日新聞 本能寺の変 何故 光秀が起こしたか
所説あり 決定的な手紙が発見? 三重大学の教授が 岐阜
美濃加茂市の資料より発見

1582年 天正10年6月2日に本能寺の変が起こるのですが
10日後に光秀から紀州 雑賀党 土橋重治 宛に送られた
手紙を発見 内容は 織田信長により京都より追放された
15代室町幕府 将軍 足利義昭の入京を承認した内容
足利幕府復権の承認した手紙 納得できる内容でした 
ますます 光秀の行動が気になります

201709211

① 亀山城 ② 愛宕神社 ③ 老ノ坂 ④ 山崎の戦い
⑤ 恵解山古墳(明智光秀 本陣) ⑥ 勝竜寺城
⑦ 岩清水八幡宮 ⑧ 洞ヶ峠 ⑨ 天王山 ⑩ 明智藪
⑪ 桂川 ⑭ 篠村八幡宮(足利尊氏 旗揚げの地)
⑮ 六波羅探訪 鎌倉幕府 京都での監視場所) 

201709231

関ケ原の戦いの翌年1601年 徳川家康が築城 現在の二条城
1611年には 秀吉の跡取り 秀頼と家康の会談が行われましたが
三年後 大阪の陣が起こっています
1867年には最後の将軍 徳川慶喜が諸侯の大名を集め大政奉還
を発表が 二条城で行われました

本能寺の変~山崎の戦まで 明智光秀の足取り

天正10年5月17日

武田家に勝利後 安土城で徳川家康の接待役を途中解任されて
居城  坂本城に帰され、羽柴秀吉援護の出陣を命ぜられる

201709213

亀山城祉 内堀 現在は敷地は宗教団体の土地になり 敷地内
は見学は自由ですが 宗教施設の建物があり 面影ありません

天正10年5月26日

亀山城に移り、出陣の準備を進める。

天正10年5月28・29日 愛宕神社に

愛宕百韻で有名な連歌会を催す 神社では信長討伐のおみくじ
凶が出たので 三回繰り返す 光秀の発句は 有名な

ときはいま天(あめ)が下(した)知る五月(さつき)かな 

この句を見てると 主人筋 美濃土岐氏の復興を読んでいる
様に思われるのですが 上記 の新発見に似ているのですが?

愛宕山は亀岡駅の北側 保津川の先 高尾の西側 麓から登山
2時間半ぐらいかかります 行くのを辞めました

201709214

天正10年6月1日の夕方

1万3,000人の手勢を率いて亀山城を出陣
現在の国道9号線 途中 老ノ峠 本能寺まで20km位
 
翌2日未明 桂川で 敵は本能寺にありと叫び兵士に知らせる

亀山城から備中高松城に行くには 国道9号 京都方面では
なく 丹波・篠山方面は西側に行くとおもうのですが 兵士は
気が付かなかったかな

201709212

① 本能寺 ② 妙覚寺 ③ 二条御所
⑤ 15代将軍義昭 二条城 ⑥ 13代将軍義輝 二条城
⑦ 徳川 二条城 ⑧ 御所 ⑨ 足利尊氏 邸宅
⑩ 現 本能寺 ⑪ 現 妙覚寺 ⑫ 秀吉 秀次 聚楽第

201709215

13代将軍 足利義輝 二条城 松永久秀 三好三人衆に襲われ
討死 邸宅も燃える

御所 西側 平安女子学院に碑

201709216

15代将軍 足利義昭 二条城 足利義輝 二条城の跡に
三好三人衆襲撃に備え 短期間に 織田信長が建設

その後 信長と義昭の関係は悪くなり 義昭は京都を追放
されています

201709217

御所内にも 当時の石垣が残っています

2日早朝 本能寺に宿泊していた 織田信長を明智軍が襲撃
織田軍は60名ほど その後寺から火が出て本能寺は消滅
信長の遺体は明智軍は捜索したが発見されませんでした

201709218

2日早朝 本能寺に宿泊していた 織田信長を明智軍が襲撃
織田軍は60名ほど その後寺から火が出て本能寺は消滅
信長の遺体は明智軍は捜索したが発見されませんでした

次に 明智軍 信長嫡男 信忠が滞在する 信長護衛でつれて
来た 信忠軍が駐留した 妙覚寺 1500名 東側には 二条新造
此処は 信長 正親町天皇の皇子の為に造営 信忠は皇子を御所
に避難させ 此処に立てこもりその後 自害

場所は烏丸通り 烏丸御池交差点 左側 京都国際マンガ
ミュージアムがある場所 二条新造と西側に妙覚寺が

秀吉の京都大改造で 妙覚寺は御所の北側に 本能寺は
寺町通に移転

天正10年(1582年)6月5日

この日、明智光秀はようやく織田信長の居城だった「安土城」に入ります。
信長の親族も 蒲生賢秀が 別の場所に避難させられていた
その後 明智軍退去後 安土城に来た 信長 次男 信雄が明智軍 残党を
あぶりだす為に火をつけたとか 真相は不明 安土城は炎上

天正10年(1582年)6月7日

政務を行ったのはこの頃を含めて3日だけなので、一般に光秀の天下は
「三日天下」と呼ばれています

この間、明智光秀は寺院への金銀の献上や、禁制(禁止事項)
と税金免除の告知、朝廷工作などを積極的に行っています。

この期間に明智光秀は朝廷から、最も権威のある最上位の官位
「正一位・征夷大将軍」に任ぜられたという説もあります。

天正10年(1582年)6月10日

あまりにも 羽柴秀吉の行動が早いので 光秀軍は慌てて布陣した
様に思う

光秀・秀吉、天王山へ

2日に本能寺の変 秀吉が備中高松城で 本能寺の変を知った
のは 6月3日~4日頃 軍師 黒田 官兵衛の提案で毛利軍と和議
城主 清水宗治 切腹 堤をきり 明智光秀と対決の為に 4日には
姫路城に 中国大返し 9日には姫路を出る 12日には山崎に布陣
山崎の戦い

山崎の地は 木津川 宇治川 桂川が合流 淀川に
西側は 天王山があり 川と山に挟まれた狭い地

2017092110

天王山 旗立松展望台から 山崎の戦いの場所

山崎の戦い 明智 秀吉 布陣

明智軍の 16000 人に対し、秀吉軍は 35000~40000 人

2017092111

明智軍 本陣を置いた 恵解山古墳 名神 大山崎Jctの北側

20170921101

秀吉が本陣を置いた 宝積寺 天王山登山道途中

2017092112

恵解山古墳の北  細川藤孝の城 細川 藤孝の嫡男 細川忠興と
明智光秀 三女 玉 ガラシャが結婚式をあげた城

本能寺の変起こした 秀光 一番頼りにしていた 細川藤孝
13代将軍 足利義輝 松永久秀と三好三人衆に攻められ 殺害
その後 義輝の兄弟 義昭は 三好三人衆に奈良 興国時に
幽閉されていたが 細川藤孝が助け出し その後 越前 朝倉景勝
に世話になる その頃 明智光秀は浪人後 朝倉景勝の家臣に 
細川藤孝と相談の上で 光秀は織田信長に紹介 そのような関係で
細川家と婚姻関係に 本能寺の変後 協力のてがみを書くが
突然 引退 協力を断る 光秀にとってはショックだと思う

2017092116

山崎の戦い敗戦後 勝竜寺城に逃げ籠城 その後 琵琶湖 坂本城
に逃げる途中 伏見の東 秀吉 死亡前 醍醐の花見で
有名な 醍醐寺近くで 落武者狩りにより討ち取られる 明智藪

2017092115

光秀のミスは さらに 久しぶりに聞いた言葉

洞ヶ峠を決め込む 洞ヶ峠は 戦いの場所 山崎の東 岩清水
八幡宮の南側 京都と大阪 枚方の国道1号線の峠

大和の筒井順慶 順慶が織田信長 傘下になる際 光秀が仲介を
当然賛同してもらえると思ったが 戦い時 洞ヶ峠まで出兵したが
様子見で この時の様子が 洞ヶ峠を決め込むとなった

2017092113

羽柴秀吉 山崎の戦い勝利後 清州会談 柴田勝家との 賤ケ岳の
戦いに勝利 天下人に昇り詰めて行きます

山崎城 天王山頂上 本丸跡 山崎の戦い後 秀吉 城を築き
大阪城が出来るまで此処に

2017092114

17烈士の墓 天王山 頂上近く

幕末 長州藩 京都から追放 長州藩による 禁門の変 主戦派に
参加 敗戦後 天王山に立てこもり 17名 真木和泉ら戦死

2017092118

烏丸通り 烏丸駅から 東側に 初代 室町幕府 将軍
足利尊氏 邸宅跡 此処が 最初の幕府 南北朝に別れ
尊氏 後醍醐天皇との闘い 関東には帰れず 京都に
幕府を創設したイメージ その後 三代将軍義満の頃は 
御所 北側 同志社大学 西側に花の御所 邸宅に

2017092117

篠村八幡宮 足利尊氏 旗揚げの地 京都縦貫自動車道 篠ICの北側
亀岡市内 最初は 北条軍に従い 後醍醐天皇に従う 反討幕軍に
討伐の為に 山陰道 伯耆に 途中 篠村八幡宮で 反北条軍が
2万人以上集まり 反転 討幕軍に参加 京都の鎌倉幕府 監視役所
以前は 平家の屋敷跡 六波羅探題を襲う 反北条の旗揚げになった
場所 関東では 新田義貞が 群馬 生品神社で 反北条の軍を
あげ 鎌倉幕府が崩壊 その後の後醍醐 新田 楠木 対 足利尊氏
の戦いは 続きます 詳しくは 太平記で

2017092119

洞ヶ峠途中 食べログ 京都ラーメンで高評価 麺屋 たけ井 R1号店
に ログでは 千葉 松戸 とみ田で修行したようで期待
していました とみ田同様濃厚なスープ 太麺 とみ田とは違う味
半分以上残しました

やはり つけ麺は関東が良い 大勝軒発祥の地ですから

|

« 市ヶ谷記念館に | トップページ | 浅草 池波正太郎記念文庫に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47003/65823248

この記事へのトラックバック一覧です: 明智光秀 本能寺の変 から 山崎の戦い:

« 市ヶ谷記念館に | トップページ | 浅草 池波正太郎記念文庫に »