« 明智光秀 本能寺の変 から 山崎の戦い | トップページ | 上野 東京国立博物館 運慶展 »

2017.10.01

浅草 池波正太郎記念文庫に

BSジャパンで放送!「火曜ドラマ 池波正太郎時代劇 光と影」
10月3日(火)スタートするそうです

改めて 調べてみると 時代小説と歴史小説は違うようです

時代小説 過去の時代 人物 出来事を元に小説にしたもの
フィクションです
歴史小説 事実を元にした小説 ノン フィクションです
私的には 歴史小説が大好きです

池波正太郎さんの小説 両方執筆しています

特に 二代目中村吉右衛門でテレビにもなった 鬼平犯科帳は有名です

201710011

まずは 地下鉄浅草駅に 現在 雷門工事中 ちかくまでまで
行き ネット絵は 偽物と知りました

201710012

池波正太郎さんの生誕地 東京 台東区 浅草から隅田川上流
生粋の江戸っ子です

浅草から国際通り歩き 台東区の生涯学習センターに 一階が 
図書館に その一部が 池波正太郎記念文庫

書斎も復元されています カンピー タバコもあり 一日80本
近く吸う 愛煙家
退職後タバコやめました 池波さん 享年 現在の わたくしの年齢
と同じ 

鬼平犯科帳はフィクションとは言え実際モデルがあり 火付盗賊改 
長谷川平蔵 42歳で就任 先祖は 今川義元に仕える
その後 父親は 火付盗賊改に 平蔵も紆余曲折あり火付盗賊改

江戸時代中期 1787年 浅間山が噴火 その後東北地方を中心に
飢饉が 天明の大飢饉に 江戸に人がなだれ込んで 江戸の治安は
最悪に平蔵過去の経験が役に立ち 犯罪の捜査に
賄賂政治を行った 老中 田沼意次 その後 寛政の改革 松平定信
が老中に 平蔵 役職を解かれ 奉行にもなれず

この様な人物を 鬼平犯科帳にした 池波正太郎さんは凄い

歴史小説も書いています 真田太平記 12巻 読みました
何故 太平記 以前 上田城に 此処にもありました 記念館

上田城 今まで城見ましたが 家康 二回も退却させた戦う城そのもの
でした

フィクションですが 鬼平犯科帳で 目明しなどと 食べた
シャモ鍋 五鉄 気になります

以前調べたのですが 京都 四条河原町 近江屋で 龍馬 中岡が
暗殺されるのですが その前に 龍馬 シャモ鍋 食べる為に 
若者に シャモを買いに行かせるのだが その店 鴨川沿いにある
のですが現在 鍋 3万円 龍馬 高価ものを食べていました

確か 東北道 羽生PA エリアが江戸の街をモデルした様な
施設 レストランで 五鉄があったと思います

201710013

雷門近くの 池波正太郎さん 行きつけの蕎麦屋 並木藪蕎麦

201710014

池波正太郎さん グルメで有名ですが 並木藪蕎麦 雷門の近くに 
関西人として 江戸前の濃い口の出汁と思いましたが まろやか
蕎麦が上品 関東になじんだか

以前 神田須田町 神田まつや 此処も 池波正太郎がお気に入り
の店 池上さん お気に入りの カレー南蛮蕎麦いただき
ました 店は相席 皆様 池上さんスタイル つまみと
日本酒 熱燗スタイル やりすぎ

201710015

浅草から 合羽橋 キッチン製品販売店街を通り 上野に
結構な距離 最後は 最近よく来る 上野広小路口から 御徒町
線路沿い 立ち飲み有名店エリア 肉の大山 カドクラ きたおか
大統領 此処で飲んで 上野駅で 日刊ゲンダイ 購入 横浜まで
のルーティンです


|

« 明智光秀 本能寺の変 から 山崎の戦い | トップページ | 上野 東京国立博物館 運慶展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47003/65860067

この記事へのトラックバック一覧です: 浅草 池波正太郎記念文庫に:

« 明智光秀 本能寺の変 から 山崎の戦い | トップページ | 上野 東京国立博物館 運慶展 »