« 島根 富田城 三保 鳥取 船上山 鳥取城 | トップページ | 久しぶりに 横浜駅に »

2017.10.26

鎌倉 太平記 見に行く

先日 後醍醐天皇と足利尊氏との戦い 太平記の場所
鳥取に 船上山 後鳥羽上皇 後醍醐天皇が壱岐に流された
港 美保関に結局 壱岐諸島には行きませんでしたが

舞台になった場所 福島から福岡まで行きました
この後 太平記 歴史的場所に行くのは止めました

近場で 再度 鎌倉に 色々な場所があります
神奈川では足柄峠 近くで 新田義貞兄弟と
足利尊氏兄弟が戦った 箱根 竹ノ下の戦いがありました

2017102411

① 葛原ヶ岡神社内 日野俊基 最後の場所 ② 日野俊基の墓
③ 護良親王閉じ込められた土牢 ④ 護良親王の墓
⑤ 洲崎古戦場 ⑥ 化粧坂切通し ⑦ 稲村ケ崎
⑧ 極楽坂切通し ⑨ 北条高時腹切りやぐら
⑩ 御霊神社

鎌倉 太平記 年表

1316年 北条高時 14代執権に
1324年 日野俊基 正中の変にて逮捕
1331年 倒幕計画失敗 元弘の変 楠木正成 河内赤坂城で挙兵
    後醍醐天皇 壱岐に流刑
1332年 日野俊基 鎌倉 葛原ヶ岡神社付近で処刑
    後醍醐天皇第三皇子 護良親王 吉野で挙兵
1333年 後醍醐天皇 壱岐より脱出 諸国に倒幕の決起を
    呼びかける
    新田義貞 上野国で挙兵 武蔵分倍河原で北条軍
を破る
新田義貞 鎌倉攻略 北条高時自害 31歳
    建武の新政 後醍醐天皇 天皇が自ら行う政治
1334年 京都で足利尊氏暗殺計画で露見し護良親王 鎌倉に
    送られる
1335年 北条高時 遺児 北条時行 足利尊氏 弟 直義を
    鎌倉にて破る 
足利尊氏 兄弟 箱根 竹ノ下の戦いで 
新田兄弟軍 破る
北条時行 鎌倉乱入の混乱で 足利直義 護良親王を
殺害
1336年 足利尊氏 福岡に逃亡 その後盛り返し 兵庫県湊川
    で 楠木正成 敗北 自害
1337年 後醍醐天皇 吉野で南朝を開き 南北朝に分裂
1338年 新田義貞 斯波高経と越前藤島で戦い 敗死 38歳
    北朝 足利尊氏 室町幕府征夷大将軍となる

1336年 足利尊氏 敗北 原因は 北畠顕家が陸奥下向 霊山より
    攻め上がり これが原因で 尊氏 九州に逃れる

太平記の場所を見る為に鎌倉 源氏山に 麓は寿福寺 頼朝 正室
北条政子 鎌倉幕府第3代征夷大将軍 源実朝の墓があります 
頼朝の父 京都で保元の乱で 平清正に敗れ関東に逃げる途中 
中部 知多半島で家臣の裏切りにより殺害される
のですが 逃げ延びるさきが 寿福寺ではないかと?
源氏山には頼朝の銅像があります

源氏山には 北鎌倉駅より大仏ハイキング コースで行くのですが
今日は スクーターで 銭洗弁天は車が通る道があった記憶 鎌倉駅
西口付近より銭洗弁天に道は狭く 車では厳しいかな
無事 源氏山公園まで行けました 近くに葛原ヶ岡神社が 

201710241

葛原ヶ岡神社内 後醍醐天皇による北条倒幕計画で六波羅探訪に
より露見 計画の罪をかぶり 日野資朝 日野俊基は鎌倉に送られ
日野資朝はその後 佐渡島に流刑 その後殺害される
日野俊基はその後 葛原ヶ岡神社付近で処刑 
神社内には 俊基終焉の地の石がありました

201710242

神社近く 日野俊基の墓

201710243

1333年 新田義貞 足利尊氏 同じ 源氏が祖 新田義貞が群馬県
新田荘 生品神社で倒幕の挙兵 鎌倉に 同じく京都に在住していた
足利尊氏は 京都府
亀岡市 篠村八幡宮で 六波羅探訪を攻める為に
挙兵

自宅近くにも 鎌倉道があります 各地にあり鎌倉詣での為に
出来た道です この道の先に 大船駅があり ひょっとして 新田軍
通ったのかな?

鎌倉攻めでは 足利尊氏 子 二代将軍 義詮 千寿王が参加 
わざとらしい源氏の家筋では 新田家 足利家では 足利家が
位が高い

湘南モノレール 湘南深沢駅から大船駅よりに 洲崎古戦場の碑
左側が 鎌倉方面です
分倍河原の戦いで敗れた 北条軍 鎌倉にもどり この地で
立て直す 北条軍 赤橋守時と新田軍 堀口貞光軍が激突
6万ちかくあった 幕府軍が300人位になる

201710244

鎌倉 中心部 大倉幕府? 鶴岡八幡宮の隣 に入るは
鎌倉7口 切通しを通らなくてはいけないのですが 八幡宮
近く 巨福呂口は突破できず 源氏山公園近くの化粧坂口も
突破できず 激戦に

201710245

幕府内突入方法を 海側 由比ガ浜と七里ガ浜の間にある
稲村ケ崎に変更 伝説では新田義貞が 黄金の太刀を投げ入れると
潮が引き 由比ガ浜方面に新田軍が通過出来た あくまでも
伝説です

201710246

江ノ電 極楽寺駅近く 極楽寺坂切通しより 激戦でしたが
幕府内に侵入が出来た 中心部に攻め込む

以前 極楽寺坂の碑を見ている時 若い人が来て 移動して下さい
との話 何を言っているか不明で スタイルの良い人が坂から
降りて来ました 綾瀬はるかさんでした カメラは見えず
多分 アジサイで有名な 成就院から遠望で撮影していたか
後で調べると 映画 海街diary の撮影でした

201710247

鶴岡八幡宮近く 宝戒寺 奥 東勝寺跡 北条高時腹切りやぐら
鎌倉に新田軍が侵入すると 14代執権 北条高時 一族が
菩提寺 東勝寺に退き 自害 享年 31歳 鎌倉幕府消滅

太平記はその後舞台は 京都に移り 1333年~1338年 
室町幕府が出来るまで 戦いが続く

201710248

鶴岡八幡宮から金沢街道 途中に鎌倉宮

明治2年 明治天皇により護良親王を祭る神社を造営
土牢があった場所に 本殿を造営

1334年 京都で足利尊氏暗殺計画で露見し護良親王 鎌倉に
    送られ 本殿後方にある 土牢に9か月 幽閉

1335年 北条高時 遺児 北条時行 足利尊氏 弟 直義を
    鎌倉にて破る その混乱の中 直義の命で殺害される

201710249

鎌倉宮近く 護良親王の墓 階段が凄い

2017102410

番外 御霊神社に 極楽坂から長谷方面に 途中 京都らしい
力餅家を曲がり 江ノ電の踏切の先にありました

最近 初詣 混雑が嫌で 近場の 中田 御霊神社に
一度 総本山 鎌倉 御霊神社に 鎌倉権五郎景政を祭る

東北 平泉 藤原家が出来るきっかけ 源義家が平定した
後三年の役に 鎌倉権五郎景政 17歳で参戦


|

« 島根 富田城 三保 鳥取 船上山 鳥取城 | トップページ | 久しぶりに 横浜駅に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47003/65965769

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉 太平記 見に行く:

« 島根 富田城 三保 鳥取 船上山 鳥取城 | トップページ | 久しぶりに 横浜駅に »