« 2017年10月 | トップページ

2017.11.22

三鷹 太宰治 吉祥寺 いせや

今年8月に 戦前 航空機メーカー 中島飛行機の工場跡 見に
群馬 太田市 東京 三鷹市 最初工場は創業者 中島知久平の
故郷 太田市でしたが 優秀な人材を求め 東京 三鷹に工場
を建設 工場は現在の武蔵野市役所 公園付近 研究所は現在
国際基督教大学に 三鷹駅の南側 途中 玉川上水 聞き覚え
ある 単語 太宰治が入水自殺した場所 若いころ 作品 斜陽
人間失格を読みました

太宰が住んだ家 自殺場所 墓は 三鷹駅の南側にありました
JR 中央線で三鷹駅に隣の吉祥寺駅と比べてビルは駅付近のみ
その先には 一戸建ての住宅が広がります

3か月ぶりに訪れました

太宰ゆかりの場所

太宰治略年表

201711221

三鷹駅から武蔵境駅側に 跨線橋 100メートルある線路橋
案内板には太宰の写真良く電車を見に来ていたのでしょうか
橋は昭和4年施工 太宰が三鷹に越してきたのは 昭和14年
最初の結婚は 昭和13年 甲府の石原美知子と見合いをし、
1月に結婚 甲府で新婚生活 富岳百景では 富士には 
月見草が よく似合ふと書いていますが

今日はビルの横に 丹沢越えに 富士山が見えます

201711222

三鷹市の和風文化施設 井心亭 目の前が太宰治旧宅跡
昭和14年9月より 亡くなる昭和23年6月まで住んでいました
現在は 建て替えられ一般住宅になっています
玄関前に植えられていた 百日紅が此処に植えられています

201711223

玉川上水 昭和23年6月19日 太宰治 山崎富栄と入水自殺
場所には 五所川原金木産 玉鹿石が置かれています

現在水深は浅いですが 当時は深かったそうです 享年39歳

201711224

三鷹駅前 玉川上水 説明 入水場所はすぐその先です

201711225

三鷹駅南口 駅前 野川家跡 現在は永塚葬儀社のビル
山崎富栄とは昭和22年9月頃から親しくなり 彼女の下宿先
入水自殺当日 ここから入水場所に向かう
現場まで200M位です 過去には3回自殺未遂 

4度目で死亡 高学歴の方は何故自殺願望なのか
芥川龍之介 三島由紀夫 川端康成 などがそうです

芥川賞に落選 本人も願望していました 芸人を選ぶなら
太宰に与えたかった

201711226

駅から歩いて20分位 太宰治の墓 本人の希望で森鴎外の墓
近く 道を挟んで目の前が鴎外の墓

命日には 毎年 桜桃忌が行われます 参拝者が多いのだろう
かな

帰りは 玉川上水を井の頭公園に 但し此処まで18000歩
疲れの為に 電車で吉祥寺に

201711228

井の頭公園 玉川上水は南側を流れ 四ツ谷方面に
井の頭池から 神田川が流れ都内に

吉祥寺駅南口 北口側は東町に伯父さんの家があり 大阪 池田市
から転勤で沖縄に 当然大阪に帰れるものだと思いましたが
東京に転勤 関東など縁がなく 伯父さんを訪ねて吉祥寺に
何度か訪れ その後 仲人もしていただきました 伯父さんは
その後死亡 お参りに 伯母さんの住所は亀戸になっていました

201711227

井の頭公園入口 いせや公園店に総本店は二度ほど訪れたの
ですが 此処は初めて 本店同様 コスパが良くロケーションも良い

総本店は 同じ 吉祥寺駅南口にあります 儲かっているのか
昔のいせやの雰囲気を残し ビルに建て替えています

高田渡さんのDVD タカダワタル的ゼロ 持っているのですが 画像では
いせや 総本家で飲んでいる画像が出てきます

高田渡さん 京都には住んでいなかったのですね
年齢的には 同世代です

好きな曲 コーヒーブルース 三条堺町 イノダに良く行きました

キリスト教の信者なのか 葬式はいせや 総本店先の教会で葬式が
行われました 享年56歳

帰りは 京王 井の頭線 東急 東横線で横浜に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.10

実朝 首塚 秦野 鎌倉に

神奈川県 秦野市 ダムで有名な 宮ケ瀬に抜ける道
ヤビツ峠の途中に 源実朝 首塚 波多野城址があるので
見に行って来ました

201711091

波多野城址 平安末期から鎌倉時代にかけて現 秦野市を本拠
とした豪族 河内源氏 源頼義の家人として任え 頼義が相模守
に 佐伯経範がこの地に定住 苗字を波多野とする
五代目の子孫 義通は頼朝の父 義朝に仕え 保元の乱 平治の乱
で 義朝に仕え従軍 その後頼朝が伊豆で挙兵 頼朝に追手され
自害 波多野有常は許され 鎌倉幕府の御家人となる
その後 盛通が1213年 和田合戦で 和田側についた事で滅ぶ
波多野は 義常の弟 忠綱が継ぐ

201711092

近くに 鎌倉幕府 初代将軍 源頼朝の次男 三代将軍 実朝の
首塚 実朝 二代将軍 頼家の子 親の仇として 公暁により 
鶴岡八幡宮の階段途中でで暗殺される
二代将軍 頼家は北条家との争いで 伊豆修善寺に幽閉 その後
暗殺されています

初代将軍 頼朝 弟 源平合戦で活躍した 範頼 義経など
殺害されています

公暁は実朝の首を持ち 三浦家に向かう途中 家臣 長尾定景に
より命を受けた 武常晴により公暁は討ち取られ 首を 和田義盛
と仲の良かった 波多野忠綱を頼り 首塚に埋葬される

鎌倉 寿福寺には 北条政子 実朝の墓があるが 実朝の墓
首のない 遺体が埋められているのでしょうか?

実朝 首塚 元の木製の五輪塔 鎌倉国宝館に寄託されたので
再度 鎌倉訪問

201711093

ヤビツ峠 丹沢縦断する峠 無料駐車場が15台位
他府県ナンバーが多い
右側が大山 左側が 丹沢 最高峰 塔ノ岳 鍋割山に
モー無理 丹沢でも結構 登山ハードです

201711094

鎌倉 鶴岡八幡宮階段 将軍 実朝 暗殺の為に公暁が隠れていた
大イチョウ 平成22年3月10日未明 強風により倒壊 現在二代目

201711095

鎌倉国宝館 鶴岡八幡宮何度か訪れていますが 訪れたのは
初めて 鎌倉駅から初めて 小町通り歩き 鶴岡八幡宮に
通りは 修学旅行生 若い女子で原宿 竹下通りの様です

館内は 鎌倉時代の仏像 20体位展示されています
有りました 実朝 首塚の五輪塔 木製でしたが 風化はなく
綺麗な状態でした 五輪塔で木製は珍しい

併設展示で 鎌倉公方足利基氏展 基氏没後 650年記念
足利基氏 足利尊氏 4男 初代鎌倉公方 公方が良くわからず
室町幕府 将軍が設置した 関東10か国の出先機関 室町幕府は
京都に創設したので 関東の監視機関? 北条の六波羅探題みたいな
もの 四代で1455年下総国古河に移り 鎌倉ではなくなる

昨年 11月に長寿寺に 年に何回しか 足利尊氏の墓公開に
見に行きました

201711096

比企一族の墓 妙本寺内

比企能員の変

初代 北条時政 執権 源頼朝の正室 北条政子の父
鎌倉幕府創設時 家臣はほぼ北条の陰謀により 没落

201711097

和田塚 鎌倉駅から次の江ノ電の駅 和田塚駅前

北条時政の次男 二代執権:北条義時と和田義盛との
戦い 和田合戦 一族滅亡

201711098

秦野に 国道246号 厚木経由で行く途中 吉村家の家系列
厚木家に ページでは 神奈川 吉村家 杉田家 厚木家のみ 
書いていませんが六角橋 ラーメン 末廣家は系列のようです
環2家などは系列を離れ 別会社に 厚木家は 吉村さんの
息子が経営スタップは4名いましたが 息子 すぐわかりました
顔はそっくり 味はまずまずでした 末廣家の方が美味しい

吉村家系以外にも レベルが高い店が多くあります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.01

久しぶりに 横浜駅に

長かった 管理組合の理事 一年ぶりに終わりました
今回で三回目 今回が最悪でした

退職後は宮使いの会社努めが終わり 怖いものなしで
不満が前面に出て早く 終わりかった 
メールのみで150件以上疲れました
きれる老人わかる

気分転換で 久しぶりに 横浜駅に 半月ぶりです

201711011

横浜駅 東口 そごう隣 スカイビル11階 回し寿司 活
横浜スカイビル店
11時オープンで到着しましたが 40人位の人が 店舗大箱
なので すぐに入店出来ました

いつもは スシロー くら寿司ばかりなので ネタの種類
大ぶりのネタで 人気なのは納得

201711012

根岸線 石川町駅 中村川わたりすぐのミントン ハウスに

今は 放送していませんが 以前放送 崎陽軒のCMで放送していた
山下町のジャズ喫茶 ミントン ハウス
オープンして40年 オーナー おいどんさん CM同様 店のドアー
は開けっ放し 人柄どうりの雰囲気 客は私だけでした
ビール飲み退散 桜木町 ジャズ喫茶 ちぐさも久しく行って
いません

201711013

根岸線 関内駅に 昨日は 何年ぶり 横浜ベイスターズが広島に
勝ち 日本シリーズに 福岡ヤフオクドームでソフトバンクに
二連敗 3戦目は横浜スタジアムで 昼頃行きましたが 
応援団はいませんでした 昨日も 3-2で負け 今日負ければ 
ソフトバンクが日本一です

野球も何十年も見に行っていません

201711014

自宅近く 駅前 ショッピングセンターが解体 建設で一年ぶりに
先月24日にオープン 以前に比べ 店舗の空きも多く 魅力的
ではありません 駅までの脇道が使え 駅まで少し近くなったかな

右側にスーパーがあるのですが オープンまで 裏側の旧店舗で
営業 この後 解体 マンションが建設予定
空き店舗 オープン出来るのかな?
以前は 飲食店 3店舗ありましたが なくなりました

ブログ 太平記関係は カテゴリー 太平記 その他歴史場所
集約しました


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ