« 2018年1月 | トップページ

2018.02.17

源頼朝 旗揚げ 韮山 小田原 真鶴 湯河原 熱海に

源頼朝の父 義朝 京都にて 保元の乱 天皇相続問題で
義朝 平清盛 父 為朝 分かれて戦い 為朝は敗れ
処刑される その後 平治の乱では 平清盛は義朝と対立
戦いの結果は 平清盛に敗れ 義朝は若いころ住んでいた
東国に逃げる 途中 尾張 知多半島でだまし討ちで
殺害される 頼朝は捕まり 清盛の元に送られ 伊豆
蛭ヶ小島に流罪 東国平氏の戦いに敗れるが 房州に逃げ
るが 勢いを盛り返し 鎌倉に源氏の幕府を創る

所縁の地 小田原 真鶴 湯河原 熱海に見に行きました

201802171

① 鎌倉 ② 石橋山古戦場 ③ 真鶴半島 頼朝脱出の岩海岸
④ 湯河原駅 土肥実平の居留地 ⑤ しとどの窟 ⑥ 土肥城址
⑦ 伊豆山神社 ⑧ 秋山郷跡 ⑨ 三島大社 ⑩ 蛭ヶ小島 頼朝
流刑地 ⑪ 北条時政 屋敷 政子生誕地 ⑫ 頼朝 上陸地 安房
鋸南町竜島 

2018021721

静岡県伊豆の国市 伊豆箱根鉄道駿豆線 韮崎駅 東側に蛭ヶ小島
平治の乱で敗れた 清盛に死刑は免れ 1160年 13歳で流刑される
流刑地の近くに 地方豪族 平氏 北条家があり 北条時政の長女 
政子と知り合う 頼朝との結婚に反対し 代官 山本兼隆に政子
を嫁がせようとするが 後白河天皇の第三皇子 以仁王より命旨で
代官 山本家を襲い 1180年 挙兵 流刑生活 20年

2018021722

線路の反対側 北条時政の屋敷跡 政子の産湯の井戸なども近く
にあります 頼朝 流刑地 蛭ヶ小島まで歩いて1時間位の場所

時政 鎌倉幕府 創設後 初代執権になるのだが 内部分裂が原因
で 晩年 鎌倉から伊豆に隠居させられる
墓は 北条屋敷近くの 願成就院にあります

201802172

石橋山古戦場

代官 山本兼隆を襲った後 多分 韮山峠を越え 熱海方面に
目指すのは 父 義朝の屋敷がある 鎌倉に 途中 湯河原
土肥郷に 土肥実平 三浦一族 和田義盛らが加わるが
小田原 石橋で 頼朝軍 300人に対して 平家軍 大庭景観 伊東
祐観 3000人と戦うが敗れ 山中に逃げる

201802173

敗戦後 頼朝軍は 多分 土肥城に逃げようとしたのか不明
途中 近くにあった しとどの窟 洞窟に逃げ込む
当時 平家軍だった 梶原景時 付近に来た時 梶原が知って
いたと思うのですが この付近には頼朝はいないと発言
窮地を救った この様なリアルな状況 吾妻鏡に書かれていた
おかげ 梶原その後 源氏 鎌倉幕府に使える 
義経の活躍をよく思わず 頼朝に告げ口 御家人からは嫌われ
その後 鎌倉を追い出され 駿府で親子共々最期を遂げる

201802177

しとどの窟近く 海抜536M 城山 土肥氏の土肥城址

201802175

湯河原駅 土肥実平夫婦の像 この付近が 土肥氏の邸宅跡地
この北側に 土肥城が

201802176

土肥氏 菩提寺 湯河原駅裏側 城願寺 一族の墓が
土肥氏 土肥実平 その後の源平合戦に転戦 惣追捕使として
瀬戸内海等を管理 鎌倉幕府創立後 長男 遠平と広島三原市
に移住 毛利元就の三本の矢の一つ 小早川家の創始者とは
驚きです

2018021711

頼朝軍 石橋山敗戦後 しとどの窟に隠れたり 多分 土肥氏
の誘導で 湯河原駅の隣 真鶴駅近く 真鶴半島付け根
岩海岸に 此処から 相模湾を横切り 安房 鋸南町竜島に上陸
正面の橋は真鶴道路です

その後 上総 千葉一族と合流 武蔵国では 葛西 足立 畠山重忠
河越 江戸氏などと合流 鎌倉に入り 幕府を創る

その後は義経の活躍する 木曾義仲と源平合戦となる 

201802178

蛭ヶ小島で旗揚げ前 頼朝と政子が良く通った 伊豆山神社
神社から 熱海越しに 伊豆の山々がみえますが 三島大社も
通ったそうですが こちらは平地ですが伊豆山神社は遠いな

隣にMOA美術館が見えます 以前訪れましたが 山の中が
くり抜かれエスカレーターで上部に 立派な美術館です
境内 アベック多いな 頼朝 政子の関係でしょうか

201802179

頼朝 政子の腰掛岩 説明文では 蛭ヶ小島に配流されていた
頼朝は当神社を崇敬しており 頼朝と政子が恋を語らった場所

これか アベックが多い原因

2018021723

熱海に来たので 久しぶりに 日帰り温泉 日航亭 大湯に
過去に お宮の松の前ある ミクラスに泊まりました
食事は フランス料理でした 窓から熱海港に入る大島からの
高速船見えました現役時 大島出張10数回泊りで行きました
なぜか大島出張 以前赴任した 沖縄を思い出しし 夜 下田の町
の光を見ると もの悲しくなります
強風があると 飛行機 高速船は欠航になり 帰りは大型船のみ
東京 竹芝 熱海港など4時間ぐらいかかります

熱海に出長から帰った場合 さすがに 東海道線で藤沢駅から
自宅に帰りました 島の生活きつい

温泉は 熱海銀座街を通りぬけ 源泉がある近く隣に湯前神社
があり 間欠泉もあります 徳川家康 熱海の湯を気に入り
本陣もあり 湯を江戸まで運び東京で 熱海の湯を楽しんで
いました

有馬 草津の様なきくような湯ではありませんが 源泉かけ流し
良い湯でした

何故日航亭 JALと関係あるのかな?

最近 古事記と日本書紀を購入 古事記は神話を書いていますが
理解しないと 日本の成り立ち理解できない様に感じます

日本書紀はこれからです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.03

麺屋 吉左右

201801318

以前より行きたかった 麺屋 吉左右  門前仲町近く
10年ぐらい前はつけ麺では高位でした 待ち時間が長いとの
噂で 開店20分前に 2人の並び 帰る時は20人位の行列
動物系と魚介のWスープ マイルドですが 大勝軒などと
明らかに違います 麺を含め 特徴を決めずらい まずまず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.02

東京湾岸市場 東京オリンピック選手村

豊洲市場 土壌汚染問題で建物は2016年に建物は完成していたが
その後 都知事交代 都議会の与党敗北により 築地市場から
移転が延期されていましたが 2018年10月の移転が決定
東京オリンピック 選手村の道路の建設が築地市場が 邪魔で
移転が避けられない状態でした

東京湾沿岸の市場を訪ねました

201801319

① 太田市場 ② 品川食肉市場 ③ 築地市場 ④ 豊洲市場
⑤ 東京オリンピック 選手村 ⑥ 浜離宮恩賜庭園
鳥羽伏見の戦いで幕府軍敗戦後 大阪城にいた 最後の将軍 徳川慶喜 
会津藩主 松平容保 桑名藩主 松平定敬 大阪城を脱出 大阪湾
より海路 此処 江戸 浜離宮に逃げ帰り 上陸した場所 徳川慶喜
はその後 上野 寛永寺に入り謹慎 江戸城は無血開城
⑦ 選手村より都内に抜ける道路 朝日新聞社近く 築地市場を
取り壊さないと建設出来ない場所

201801311

大田区 モノレール 流通センター駅近くの太田市場
青果の旧神田市場・荏原市場、水産の大森市場を統合した市場
青果 水産物 花の市場があります 敷地は広く 築地市場
より広い 豊洲市場の移転が遅れ 此処に移る計画もあった

201801312

品川駅 港南口 京急 プリンスホテル側は行きますが
港南口は初めて 駅前に 食肉市場が と殺場もあるようです
8時頃で通勤する方が行列 厚木IC近くにもと殺場があり
二度ほど トラックに乗せた豚見ました 複雑

リニア新幹線の東京の始発駅 駅の工事が始まっていました

201801313

築地市場 関東大震災で 日本橋河岸にあった 市場が崩壊
昭和10年に埋め立て地 築地に市場を再建 歴史的には80年
近くに歴史があります 場内に入るのは 三度目です 
仲卸に行こうと 外人の後について行きましたが
見学は10時以降 写真も禁止だそうです

201801314

場外は残るようです 築地魚河岸 魚を販売する店が新しく
出来ていました

201801315

場内 魚がし横丁 6号館 寿司大 大和寿司には 外人を含め
朝から大行列です

201801316

今年10月 築地市場から移る豊洲市場です 最寄り駅 新橋から
豊洲まで運行している ゆりかもめ 市場前駅 
築地市場には 地下鉄2路線 築地 築地市場の2駅があり
アクセスに問題があるようです

建物は新築で衛生的ですが 土俵に問題あり いかに遮断出来るか
石原元都知事 罪深いな

途中 勝どき橋の先 航空級 無線通信士 試験会場 試験で
訪れました 帰りは 同僚と築地場外で宴会 無事1回で合格
出来ました

201801317

豊洲より一つ築地より 埋立地 晴海 晴海ふ頭から 東京
オリンピック時 選手村になる場所 工事は始まっていますが
建物らしきものありません 豊洲以上に 交通アクセスは
ありません 専用道路作りバス輸送に?

前回 東京オリンピック 選手村 明治神宮近く 米軍居住地域
を改修した 施設で新入社員教育で三か月生活しました

まもなく 平昌冬季オリンピックが韓国で開催されますが
2020年 東京オリンピック盛り上がりますかね


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ