« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019.08.25

三国志展 東京国立博物館


201908231

先日 上野 東京国立博物館に4度目です 過去に 兵馬俑展 縄文展
運慶展 今回は 三国志展に 過去の展示に対して 素人の私には解り
ずらい
以前 司馬遼太郎さんの 項羽と劉備と空海の風景を読みましたが
で記憶が曖昧 定年後 お遍路 四国八十八カ所に行く
前に 四国以外で空海が西安 青龍寺
で修行した 四国八十八カ所の最初 零番があるとの事で
西安に6年前西安に 当時は日中間で尖閣問題 (今の日韓外交問題)
でツアー集まらず ほとんどが中止 その後 何とか中部空港 上海経由で
西安に行けました 西安に

当時の長安 8世紀 唐8代皇帝 玄宗 城壁の北側に 広大な広場 大民宮
を建築 朱雀門から続き 大民宮に 遣唐使で 空海 最澄 阿倍仲麻呂
などが訪れたのか? 日本では奈良 平城京跡
更地になっていますが 此処も広大です

三国志 見ていると 漫画家 横山光輝さんが良く出てきます 8年前
出張で神戸に 新長田駅近くの商店街 阪神大震災時 商店街火災で
消滅 商店街再建 横山光輝さん 地元でしょうか 三国志の資料館
復興の目玉で商店街に 本当は 鉄人28号の像見に行ったのでしたが

201908234

明時代 15 16世紀 関羽像 横浜中華街 関帝廟にも関羽が祀られて
いますが 武人としてでなく 帳簿を発明 商売の神様として祀られて
いるのは意外でした

201908238

 長安(西安)周 後漢 東魏 隋 唐 の首都

 咸陽 秦 (秦の始皇帝)の首都 咸陽城 阿房宮
始皇帝陵 兵馬俑 西安より15km西

 北京 元 明 清の首都

 洛陽 後漢 西晋 前秦の首都 曹操死亡場所は河南省
洛陽でした 享年65歳 墓と遺骨が2009年に発見 遺骨より曹操と確認
曹操高陵 高穴2号

 赤壁の戦い この後曹操軍勢
いがなくなる 日中合作 映画 レッドクリフで見ました

 成都 劉備 三国時代に建てた国 劉備死後 劉禅が跡継ぎしたが
劉備の意思を受け継ぎ 諸葛孔明 北伐を実施するが 上手くいかず
蜀は弱体化し滅亡する

中国 後漢 三国時代(紀元前 184-280)統一目指した歴史書

 曹操 中原を固め 魏の基礎を築く 後年 魏志倭人伝で
卑弥呼について書かれたのは 紀元後 200年頃 邪馬台国について
記載 これが 邪馬台国の場所が日本で論争になっている

 劉備 関羽 張飛と桃園の誓い 諸葛孔明を三顧の礼で迎える
曹操と比べ 戦いに弱く 年よりであったが 最後は濁漢の皇帝になる

 孫権 劣勢だった 劉備軍の同盟国になり曹操に対して勝利

三国志とは 魏 呉 蜀の三国が争った 三国時代の歴史書

紀元前246年 秦王政 始皇帝即位 221年 始皇帝 中国 天下統一
咸陽 秦朝を創る 210年 始皇帝 巡航中に七月沙丘平台にて死去
胡亥帝位に就く

項羽 劉邦共に 楚の生まれで先祖は高官であった
  207年鉅鹿の戦い 農民反乱軍と楚軍 項羽が秦軍と激突 勝利
勝利により近隣の軍が参加 劉備も項羽に従う 219年 樊城の戦い
項羽 劉備と孫権との戦い この時 劉備の部下 関羽が捕らえられ
処刑される 秦軍投降者 20万人 項羽は生き埋めで殺害
その後 劉備軍 関中 秦の都 咸陽に進軍 その二か月後 項羽が入城
始皇帝が造営した阿房宮 掠奪 放火で三ヶ月炎上 調査で放火は
項羽では無いとの結論

前208年 劉備 孫権軍と項羽軍 揚子江(長江)で赤壁の戦い 項羽圧倒的な
兵力でしたが 敗北 前202年に項羽死去

前202年、諸侯たちの推挙により、劉邦は皇帝に即位します 漢・高祖
の誕生 破壊された秦の都 咸陽をすて郊外の長安に都を創る
漢の誕生
やはり三国志も難しい 但し 6年前 西安に行き 兵馬俑見学 但し
西安駅からバスで1時間半近く 始皇帝陵 兵馬俑に今回解った事は
秦 始皇帝の都は西安 郊外 咸陽にありました 納得

後は 中国 香港で騒動になっている イギリスから返還時 中国は
1国2制度を50年 約束したのに半分で 制度の見直し 劉備が創った
長安 漢 此処から中華思想が生まれ 現在も生きているようです

| | コメント (0)

2019.08.10

ペリー黒船 停泊 戦艦ミズーリー 降伏調印 場所


前回は東京湾 北側 中側 検索しましたが 今回は南側 三浦半島を

先日 ネットで偶然知りました 横浜金沢区 八景島シーパラダイス内に
平成18年に 金沢区制60周年 横浜開港150周年 記念事業で 園内に
アメリカン アンカレジ記念碑を設置 アンカレジの意味は(船の逗留地
だそうです 逗留は 小柴沖にペリーの黒船が 米大統領の親書を持ち
1853年 1854年に東京湾に2度来航時 逗留したのが 記念碑近くの小柴沖

あと一つは 25年以上前 名古屋から 三週間位 ハワイ オワフに出張
駐在員が何処か行きたい場所を聞かれ 日本軍奇襲場所 真珠湾に連れて
いただきました 4年半前 家族でハワイ オアフに 又も真珠湾に
その時は 戦艦 ミズーリーが退役し 真珠湾に展示されていました
終戦後 すぐに 1945年 9月2日 ミズーリー号 ポツダム宣言受諾
第二次大戦後 降伏調印 マッカーサー 米軍 調印場所 ミズーリーの
駐留場所 黒船 二度目に来航した 旗艦 ホータン号が駐留場所に 
ミズーリーを寄港させ艦上で調印 あくまでも当時の屈辱を演出している
ようでした

艦上 日本側 足の悪い人 外務大臣 重光葵さんでした その後 湯河原
の別荘で亡くなりました
 

201908068

 横浜開港資料館 大さん橋より関内方面 最初 ペリーとの会談の場
  1854年2月13日 ペリー艦隊 浦賀に再来 最初の艦隊は4隻であったが
  この時は 9隻で 応接場所は 浦賀ではなく 何も無かった寒村
  横浜に応接所を建て 3月31日 ペリー 隊員 446人上陸 会談
  日米和親条約締結 この時 開港する港 下田と函館を決める
  
   会談場所は現在 横浜開港資料館が建っている場所 ペリー横浜上陸図
    によると 右側に植物が植わっていますが たますくの木 中庭に
  何代かの木が植わっています

 横浜開港資料館近くに 横浜税関 通称 クイーン 1945年8月15日
 終戦 連合国司令長官 マッカーサー 8月30日 厚木飛行場に到着
 山下公園前 ニューグランド ホテルに 横浜税関 8月30日ー9月8日
 まで GHQとして使用 その後 東京 皇居前 第一生命ビルに移る

GHQ 連合国軍最高司令官総司令部は1952年4月28日サンフランシスコ
講和条約発行まで約7年続く
 
 アメリカン アンカレジ記念碑
  
  1853 1954年 ペリー艦隊 東京湾来航時 逗留場所 八景島 東側
  
 1945年 9月2日 ミズリー艦上で 日米  降伏調印場所 千葉
   富津岬近く 米軍が ミズーリーを此処に停泊 ペリー黒船停泊場所
   此処で日米 降伏調印 杖をついていたのは 外務大臣 重光葵さん
 亡くなった 湯河原の別荘 現在は 重光葵 記念館

最初に来航時 黒船 浦賀沖 停泊場所

浦賀奉行所

  浦賀 1853年7月8日 沖縄経由浦賀沖に 旗艦 サスケハナ 合計4隻で
 寄港 浦賀奉行所 与力 中島三郎助が対応 中島三郎助さん 知りません
 でしたが その後 土方歳三と同じく 函館戦争で 親子で戦死
 ペリー艦隊 東京湾 奥まで侵入 水深を測定 羽田沖まで侵入
 この時 佐久間象山 吉田松陰も見物に来ています

7月9日 交渉は長崎を幕府は アメリカ大統領の親書 久里浜で
  親書受け取り 1年後再来するとの伝える

 小栗忠順と横須賀
  その後の 小栗上野介忠順 高崎 権田村に 

幕末 幕府側で頑張った人 小栗忠順

201908061

アメリカン アンカレジ記念碑


201908067

八景島 島内 シーパラダイス

アメリカン アンカレジ記念碑

八景島 自動車道 一般入場禁止

駐車料金高! 駐車場 島外 1日料金しか無く 1時間で1300円

201908062

黒船が停泊した場所


201908063

ミズーリーの駐留場所 降伏調印場所 後方は房総半島


201908064

客船 黒船? 外輪が後ろに 下田港でも見ました


201908065

八景島シ-パラダイス全景 行った事ありません


ペリー艦隊 吉田松陰 伊豆下田に

201908069

横浜で日米和親条約 細部詰める為に 1854年3月18日~21日
下田にペリー艦隊 7隻 来航 了仙寺で日米和親条約の詳細を交渉
長楽寺で日米和親条約を締結

下田港 ペリー艦隊 吉田松陰 密航

 1854年 吉田松陰 金子重之輔 黒船に密航場所 米国側に拒否
  その後 二人は 下田奉行所に自首
事の重大さで幕府は恐れ 二人は 長州藩 萩に送り返される
吉田松陰は野山獄に 金子重之輔は 士分ではなかったので
  もっと厳しい岩倉獄に その後病死

萩に戻されてからの 吉田松陰

吉田松陰 野山獄 出獄後 自宅謹慎 自宅近くの 松下村塾で
下級長州藩士を教育 短期間 それが後の 幕府崩壊につながる

吉田松陰 その後も過激発言 時代は 大老 井伊直弼による
安政の大獄 吉田松陰 江戸に送られ 少伝馬町牢屋敷で処刑される

 弁天島此処から 未明に 吉田松陰 金子重之輔は小舟で黒船
  に近ずき 亡命を求めるが拒否される

 玉泉寺 初代駐日領事として タウンゼント ハリスが赴任
  タフ ネゴシエータで問題の多かった 日米修好条約を締結 皇室の
承認がなく 無理やり 大老 井伊直弼が締結 薩長連合との紛争の
火種に その後領事館となり ハリスは公使となり 麻布十番の善福寺
移る 当時通訳として雇われていた ヒュースケンが東京タワー近くで
尊王攘夷で殺害される
  井伊直弼 殺害 桜田門の変 攘夷のもとに多数の事件が起こる
 下田港 ぺりー上陸の地 その先 寺に続く ペリーロード

 了仙寺 日米和親条約 詳細を決めた 下田条約締結の場所

 長楽寺 日米和親条約の地

 須崎御用邸 那須 葉山 須崎 3カ所 皇室の別荘 先日ニュース
  で 天皇陛下一家 今夏は 須崎でご静養だそうです

ブログ文章の途中 文字先頭がずれました 勉強が必要です

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »