« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019.12.31

畠山重忠  菅谷館 源義賢 木曾義仲 大蔵館 埼玉県 嵐山町 


三年半前 畠山重忠の最後の場所 横浜 二俣川 鎌倉を訪ねてました
畠山重忠とは 息子 重保が鎌倉 由比ガ浜で殺害される
原因は酒の上の席での言い争 北条方の家臣により 殺害され報告を受けた
重忠 時政の次男が義時が数万の兵士が鎌倉より出て待ち構える
重忠 家臣 100数十騎 横浜 二俣川で討ちとられる

が埼玉県比企郡嵐山より駆け付けた時 屋敷 菅谷館 今回 自宅付近より
圏央道 関越道で嵐山まで100km 3日かけて二俣川に

比企郡嵐山町には 1160年 平治の乱で平家 清盛に敗れた 義朝の弟
義賢が大蔵に館がありました
1155年 甥 義平(悪源太) 父 義朝と義賢の対立で 義平が大蔵館で襲撃
を受け 義賢は殺害される
次男 駒王丸(後の木曾義仲)家臣 畠山重能(畠山重忠の父)斎藤実盛
に助けられ 信濃木曽谷に預けられ 一命を助けられる

以仁王 後白河上皇の三男 平家討伐の令旨を 伊豆の源頼朝 木曾の義仲に
届けられ 共に挙兵 義仲はいち早く 上洛 京都より平家を追い出すが
京都での義仲軍の行い 後白河上皇は頼朝に上洛を進める 義経と義仲は宇治
決戦 義仲は敗れ 木曾に戻る途中 大津で死亡

木曾義仲 何故か松尾芭蕉が気にられ 芭蕉は墓を義仲の近くに建てています
又 芥川龍之介が気に入り文章で残しています 良くわかりません
木曾 北陸 倶利伽羅峠は今回行けませんでした


201912271

東武東上線 武蔵嵐山駅近く 菅谷館跡 鎌倉幕府 有力御家人 畠山重忠の
館跡 畠山重忠史跡公園 深谷市畠山にも館跡はあるが 菅谷館は鎌倉街道
沿いにあり 地の利が良く 鎌倉で息子 重保が殺害され 重忠と家臣が
応援に駆け付けたのは菅谷館より 歴史書 吾妻鏡に書かれています
埼玉 嵐山より 横浜 二俣川 鎌倉 地図
博物館も併設されています


201912272

館跡敷地内 昭和初期に建立された 畠山重能の像


202001032

画像をクリックすると 拡大します

清和源氏 家系図 途中から 河内源氏祖 源頼信

*1 源頼義 源義家(八幡太郎) 河内源氏 中興の祖
   東北で前九年の役 後三年の役で活躍 平泉 藤原氏を設立
*2 源為義 京都 皇室 崇徳上皇に為義がつき 嫡男 義朝が後白河天皇
   につき 保元の乱に 後白河天皇側が勝利 為義は嫡男 義朝により
     処刑される
*3 源義朝 保元の乱後 4年目で義朝指導の基 京都で平治の乱発生 
   前回は 平清盛と組みましたが 今回は敵に 敗戦に 義朝は地元地元
    東国に逃れる為に 途中 尾張 知多半島で殺害される
     頼朝は伊豆半島に 義経も鞍馬山に
*4 為朝 鎮西八郎 為義の八男 大男で気性が乱暴なので 13歳で
     勘当され 九州に追放 3年に内に九州を平定 名前も鎮西八郎と
     名ずけられる 保元の乱時 父 為義に味方 敗戦後 弓が使えない
    肘を斬られ 伊豆大島に流刑 伊豆七島を支配 伊豆大島での館
    伊東氏 宇佐美氏に攻められ死亡
*5  義賢  為義の次男 木曾義仲の父 埼玉県比企郡嵐山町 義朝 
       嫡男 義平が大蔵館を襲撃され討たれる
    義平通称 鎌倉悪源太 頼朝 義経の異母兄 平治の乱後
   都に戻り 清盛 殺害を狙うが 捕らえられ 六条河原で処刑される
*6  木曾 源義仲 義賢の次男 義賢 殺害時 家臣により信濃 木曾に
      避難 平家打倒 令旨により 挙兵 京都を占拠 将軍になる
      義経との戦いで死亡
*7  義高 木曾義仲 嫡男 頼朝との対立を避ける為に
      義高を鎌倉に人質送られる
    義仲が討たれた後 鎌倉を脱出するが 埼玉 入間河原で討たれる
    大姫 頼朝と北条政子の長女 義高と婚約するが 義高死亡後
    病気で死亡
    義高と大姫の墓 大船にあるらしいが一度訪れましたが 場所不明


清和源氏家系で 将軍には源氏系の家系しかなれない 鎌倉幕府 頼朝
室町幕府 足利尊氏 江戸幕府 徳川家康 新田系 関係は不明
織田信長などは 将軍になるのを辞めた 羽柴秀吉は家系が良くなく
皇室に養子 関白に 他に 清和源氏では 佐竹氏 武田氏などが有名


201912273

武蔵嵐山駅から菅谷館跡を超え 南に都幾川を渡り 大倉地区に
碑の後ろ森が 大蔵館跡 平安末期に源義賢が築く 1155年 
甥 源義平が大蔵館を襲撃 討たれる 義賢 次男 2歳 駒王丸
後の義仲 畠山重能 斎藤実盛らが 信濃木曾 中原兼遠に預けられ
木曾で育つ


201912274

近くに 源義賢 供養塔


201912275

源氏三代 源義賢 木曾義仲 義高 供養塔

201912276

木曾義仲生誕地 班渓寺 木曾義仲 室 山吹姫の墓もありました


202001033


写真をクリックすると 拡大します

嵐山町付近 戦国時代 上杉氏 後北条 武田氏の城多数あり激戦地

川越城野戦に 上杉氏 後北条に惨敗 関東管領 上杉氏 越後に
行き 謙信に 上杉の養子に迎える

忍城 さきたま古墳群 鉢形城 以前行きました


201912277

最後に 隣の市 東松山市 松山城址に 隣が 吉見百穴 受付で
聞くと 松山城址 登るのは大変そうなので 奇妙な岩壁 吉見百穴の
見学に 古墳時代 後期 横穴墓 多数の穴が
大戦末期 中島飛行機 大宮工場 エンジンの部品製作 B29の爆撃を
さけ 此処に地下工場を移設されたそうです

あまり見たことがない 遺跡でした

| | コメント (0)

2019.12.12

皇居 江戸城 大誉宮 見に行く


先日 相鉄 JR直通線で新宿に その後地下鉄で二重橋前駅 皇居に
令和元年11月14日~15日に 皇居東御苑に 大誉宮を建設 天皇陛下即位
の後 国家 国民の為に安寧と五穀豊穣を願う儀式を行いました

建設された建物 大誉宮11月21日~12月8日 18日間一般公開がありました

即位までの行事 儀式

10月22日 即位の礼 宮殿
10月23日 首相夫婦主催晩餐会 ニューオータニ東京
10月22日~31日 饗宴の儀 4回 宮殿
  11月9日 天皇陛下即位お祝い国民祭典 皇居前広場
11月10日 祝賀御列の儀 パレード 宮殿~赤坂御用地
11月14日~15日 大誉宮の儀 皇居 東御苑
11月16日 18日 大饗の儀 宮殿
11月23日24日 親謁の儀  伊勢神宮
11月27日 親謁の儀  奈良 神武天皇陵 孝明天皇陵 京都 明治天皇の父
11月28日 親謁の儀 京都 明治天皇陵 茶会 京都御所
12月3日 親謁の儀 東京 八王子 昭和天皇陵 大正天皇陵
12月4日 親謁の儀 皇居 宮中三殿

即位まで 天皇 皇后 強行スケジュール 特に雅子皇后妃 お疲れ様でした
  

201912101

        大誉宮 パンフレットより地図 参照


201912047

坂下門より皇居に入ります 昨年 現上皇が新年の一般参賀が
天皇として最後かなと思い 元日に東京駅より二重橋方面に 地下鉄
二重橋前駅付近より行列 何時入城出来るかわからないので止めました

今回は 手荷物検査ありますが 流れているので並びました
15日期間中 合わせて 皇居乾通り一般公開もあり 80万人が入場


201912048

坂下門入り 宮内庁の建物


201912049

宮殿方面の看板 一般参賀見に行ったのは 凄い過去 皇族の皆様
が参列される ガラス張りのベランダのある場所でしょうか


2019120411

皇居東御苑 以前来た時は 此処は芝生の公園でしたが 現在
大誉宮の儀の為に 大誉宮の多数の建物が建築されています
この場所は 徳川 江戸城の本丸 本丸御殿 大奥があり中心的な
場所 忠臣蔵 松の廊下の事件があった場所です

公園 北側奥に 天守閣のあった天守台が残っています 3代将軍
家光の時 3回目の天守閣再建しましたが 火災の為に消滅 それ以後
幕末まで 再建されませんでした

本丸御殿 大奥の建物の配置については 両国国技館の隣 東京江戸博物館
に模型で展示されていたと思います


2019120412

やっと大誉宮 近くまで来ました 多数の建物があります 建物はこの後
材木はバイオマスになり発電用に使用 伊勢神宮の神宮式年遷宮と同じか

正面に行くには 後90分並ぶ必要があり 並ぶのを諦め 近くに大手門が
ありそこから出る事に 門の手前に三の丸尚園があります
現在 工事中ではいれませんでしたが 以前来たとき入場 歴代天皇の
肖像画が展示 1代 神武天皇から125代平成天皇まで 神武天皇 日本書紀
では 在位76年 127歳で死亡 古事記 神話の世界です

帰りは 地下鉄 大手町駅より三田線 東急 目黒線と相互乗り入れ
乗り換えなしで横浜 日吉駅までいきます その先 相鉄 東急相互
乗り入れ 後3年待ちです

| | コメント (0)

2019.12.06

相鉄 JR 直通線 初乗車


先月 11月30日 相鉄 JR直通線が開通しました 3日に相鉄 近所の駅
から 新宿に乗ってきました

201912041

近所の駅 時刻表が改定 路線図も表示 この時刻表では 本線 西谷駅
からの新宿行は解りません 本線 二俣川駅で乗り換えが必要
ネットで調べると新宿行は通勤時間帯では 1時間に3~4本 それ以外では
1時間で2本 地方の駅の 時刻表と同じ 開始前 TV タモリ倶楽部で特集
羽沢横浜国大駅の時刻表を映していましたが 日中は駅は閑散としています

羽沢横浜国大駅 いかにも横浜国大駅と言いますが 横浜国大は本線
和田駅からと同じ位歩いて15分位かかります 隣に貨物駅があり不便です


2019120413

JR東日本 東京近郊路線図 車内掲出版より
相鉄 JR 直通線 羽沢横浜国大駅追加


最新版では 羽沢横浜国大駅が追加されています 武蔵小杉 西大井 大崎
恵比寿 渋谷 新宿が

以前 作成した 相鉄 JR直通線 ルート


201912042

相鉄 支線 いずみ野線から二俣川駅到着 相鉄 JR直通線に乗り換え
ホームの看板に 横浜以外に新宿行き 直行線の実感が
アナウンス 新宿 新鮮です


201912043

乗り換え時間1分 突然 直通線の電車入って来ました 相鉄色ではなく
緑 JR埼京線車両 相互乗り入れの為 写真がぶれました
空いていて座れます 横浜駅で湘南新宿ラインでは混んで座れませんが
2つ先の駅 西谷駅より地下に 羽沢横浜国大駅に その前の台風で有名に
なった 武蔵小杉駅 手前でスローダウン 武蔵小杉駅混みすぎです
横須賀線 湘南新宿ラインが乗り入れ 今度 相鉄 JR相互乗り入れ


201912045
新宿駅到着 折り返し 相鉄 海老名駅行きになります
相鉄 JR 相互乗り入れ 相鉄 12000系見たかったなあ

自宅駅から 乗り換えで新宿まで57分 810円
横浜駅経由は1時間12分 843円 電車 座れるだけ JR相互乗り入れの方
が 楽かな

将来 現在建設中 2022年末相鉄 東急相互乗り入れ 日吉まで ラッシュ時
10-14本 通常4-6本これが出来ると都心に行くのは便利になります

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »